名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

高篠静雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高篠静雄のプロフィール

高篠静雄、たかしの・しずお。日本の経営者。ソニーCOO(最高執行責任者)、ソニー中国総代表。埼玉県出身。ソニー入社後、オーディオ分野の開発に携わる。初代ウォークマン開発に参加。ゼネラルオーディオ事業本部長、コンスーマーAVカンパニーエグゼクティブ・プレジデント、執行役員上席常務、執行役員専務、COO(最高執行責任者)、執行役副社長、ソニー中国総代表などを務めた。

高篠静雄の名言 一覧

モノ作りの要諦のひとつは圧倒的に高い目標を掲げながらも、現場のモチベーションを高めて実現に向けて邁進するリーダーの存在でしょう。


リーダーの強い意志が現場を動かす。


「モノ作り」で大切なのは、とにかく形にしてみること。


失敗してもその責任はすべてトップが取ると示すことで、現場が挑戦できる環境をつくることが大切。


最初から完璧な試作品は必要ありません。ウォークマンの試作品も初めはガラクタ同然でしたが、それでも井深さんは感動し、事業化へと動き出したのですから。


業績が悪化すると売り上げ偏重となり、失敗ができなくなります。その結果、野球で言うならバントばかり狙うようになります。しかし、もっとホームランを狙えるような企業風土をつくる必要があります。


ビデオカメラ事業部を任されたとき、現場に無理難題を与えました。それまでオーディオ分野を歩んできたので、ビデオのことは分からない。現場と議論しても理屈ではかないません。ですから、もう屁理屈です。私が「もっと小型化しろ」と言っても、技術者は「オーディオと違ってもう隙間がない」と反発します。そこで「水を張ったバケツに入れても、空気の泡は出てこないのだな」と明るく脅しました。本当にバケツに入れたわけではありませんよ。しかし、そのおかげで現場は目標をクリアする小型化を実現してきました。


私たちの職場には「遊び部隊」と呼ばれる人たちがいました。旋盤や板金などの技術を持ち、何でも作ってしまう3人のおじさん職人です。彼らに頼み、私たちはアイデアをすぐに形にしていました。


高篠静雄の経歴・略歴

高篠静雄、たかしの・しずお。日本の経営者。ソニーCOO(最高執行責任者)、ソニー中国総代表。埼玉県出身。ソニー入社後、オーディオ分野の開発に携わる。初代ウォークマン開発に参加。ゼネラルオーディオ事業本部長、コンスーマーAVカンパニーエグゼクティブ・プレジデント、執行役員上席常務、執行役員専務、COO(最高執行責任者)、執行役副社長、ソニー中国総代表などを務めた。

他の記事も読んでみる

赤塚保正

社長になってみて実感しているのは、社長の後ろには誰もいないという危機感です。


田中良和(GREE)

慎重に結論を出して、それが必ず正しいならそうします。でも何が正解かなんて、結局やってみなければ誰もわからないんです。だったら早く試して、修正したほうがいいに決まっています。


土居健人

ビジネス英語では、話すときにセンテンスをできるだけ短くし、大きな声でゆっくり、ハッキリ発音するのが最大のポイントです。オバマ大統領の就任演説がいいお手本です。


武藤貴宏

高校のとき、憧れていた応援団に入ったんですが、2週間で逃げ出してしまったんです。それを悔やみ、大人になってからも引きずっていました。「なんであのとき続けなかったんだろう」とか、「生まれ変わったら絶対に応援団をやる」とか。そしてある日、その思いがついに沸点を超えたんです。「もうこれ以上、命の火をくすぶらせて生きていたくない。誰が何と言おうと、おれはやる。逃げ出した自分にリベンジするんだ。もう自分に遠慮しない。今からこの命、ガムシャラに燃やす」、そう肚をくくったんです。


久保征一郎

若い人の斬新なアイデアがこれまで会社を支えてきたと言っても過言ではありません。その若い人のエネルギーを大切にしたい。そして、やる気のある社員が主体的に参加できる環境を作ることも大切。


守谷雄司

議論で相手の言うことがあまりにも取り上げるに値しない反対であれば、「君の言うことは、反対する理由にならないさ」と単純に否定して、あとは無関心な態度を決め込むのも手です。というのも、相手は正当な議論をしているつもりで、盛り上がっているのは感情だけであって、それだけの知識を持ち合わせていない場合があるからです。そうした相手にムキになって論理的に反論しようとしても時間の無駄でしょう。


寺田直行

株主様やお客様との対話にも力を入れています。カゴメの株主構成では約20万人の個人株主がおられ、約54%が女性であり、大半が主婦の方です。カゴメの商品を最も手に取るのも主婦の方々になります。ですから対話を重ねることで、お客様の声を事業に反映していきたいと思っています。


柘植康英

国鉄の分割民営化までの最後の2年間には、新潟鉄道管理局の人事課長として職員の合理化と雇用斡旋を担当した。1万人余の局の職員を4分の3ほどに減らすという仕事だ。仲間が不本意にも職場を去る姿を見送るのは極めてつらい仕事だった。その体験が私の原点となっている。企業の業績が落ち込むと人の人生が不幸になる。


羽生善治

プロですから勝負して勝つことは大前提であるにしても、完璧や完全はあり得ないし、ある程度はダメでも仕方がない。ときには負けても仕方がないと、どこかで考えているほうがストレスも小さいでしょう。


永瀬昭幸

我々は「グループ制」と呼んでいるのですが、各校舎の生徒をいくつかのグループに分けます。そして生徒の中からグループ長を決め、グループごとに学習量を数値化した「向上得点」というものを競わせます。成績が悪かったグループのグループ長はメンバーに「次は頑張ろう」と声をかけて、お互いにフォローしながら勉強するのです。このやり方だと、全員の成績が向上していきます。


糸井重里

プロジェクトを進めるために何よりも大切なのは、トップが「現場に立って」動くこと。


中島健(銀行家)

競争に勝つノウハウを組織の中に作れ。