高碕達之助の名言

高碕達之助のプロフィール

高碕達之助、たかさき・たつのすけ。日本の経営者、官僚、政治家。農商務省直轄の水産講習所(現:東京海洋大学)卒業後、水産関連の会社を渡り歩き、海外での実務経験を積む。その後、製缶会社の東洋製缶を創業。日中戦争になり、製缶のための鉄が不足し満州重工業開発へ鉄を譲ってもらうため交渉に向かい、満州の状況を知りそのまま副総裁・総裁を務める。終戦後、吉田茂に請われ電源開発の初代総裁になり各地に発電ダムを建設。その後、政治の世界へと入る

高碕達之助の名言 一覧

競争者が多くいることはいいことだ。自分がどんなに勉強しているか本当に批評してくれるのは、競争者以外にはない。


缶を売ることを売買と考えてはいかぬ、自分の娘を嫁にやったという考え方でやれ。
【覚書き|東洋製缶社長時代の発言】


人口が増えて食料が足りないで困るというのは、神様が人間を良くするためにしていることだ。貧しきものは幸いなりというのはこのことで、人間の働くゆえんはここにある。人口が増えて食料が足りなくなるのに打ち勝って努力するのは、神様が我々に与えてくれたものだ。人口が少なくて安易な生活をしている人間はついに滅びてしまう。


フーヴァー氏から習ったものだが、事業の目的は第一に人類の将来を幸福ならしめるものでなければならぬ。第二に事業というものは営利を目的とすべきではない。第三に世の中は進歩しているから現状維持は退歩である。第四に事業の主体は従業員でなければならぬ。
【覚書き|フーヴァー氏とは第31代米国大統領ハーバート・クラーク・フーヴァーのこと。大統領になる前から面識があった】


私は日本が米国に負けたのは日本の土木技術が遅れていたからだと考えた。というのは米国の土木技術をもって羽田飛行場を整理しているのを見て驚いたからだ。また、山ひとつとってしまわなければ飛行機が飛べなかったトラック島を、彼らはわずか2週間か3週間で山を崩して爆撃機を飛ばせるようにした。


私は缶の単一化に乗り出した。調べてみると案の定1ポンド缶と称するものが270種類あった。ちょっと見たところ分からないが、ずるいやつはだんだん形を小さくしてしまい、同じものだと思って買ってみると中身が少なかったりする。そういうことではいけない、「規格を統一することは缶詰をよくするゆえんである」ということが東洋製缶の思想になり、やがて容器が決まって世界のどこへ出しても恥ずかしくないものができた。こうして日本の缶詰産業が発達したわけである。


利益があれば年々機械が新しくなってくるから、新しい機械を買うためにまず第一に償却をやり、残った金は一般の会社がやるだけの配当をしよう。また従業員にはできるだけの給料を払って最低生活を保障し、製品はできるだけ安く売るようにした。つまり、償却した残りの金を三等分し、三分の一は従業員へ、三分の一は株主へ、三分の一は消費者に返してやるという原則を決めて、経費はできるだけ少なくし、いいものを敏速かつ安く提供するようにした。
【覚書き|東洋製缶社長時代の発言】


事業の目的は第一に人類の将来を幸福ならしめるものでなければならぬ。第二に事業と言うものは営利を目的とすべきではない。自分が働いて奉仕の精神を発揮するということが、モダン・マーチャント・スピリット(近代商人魂)だ。


高碕達之助の経歴・略歴

高碕達之助、たかさき・たつのすけ。日本の経営者、官僚、政治家。農商務省直轄の水産講習所(現:東京海洋大学)卒業後、水産関連の会社を渡り歩き、海外での実務経験を積む。その後、製缶会社の東洋製缶を創業。日中戦争になり、製缶のための鉄が不足し満州重工業開発へ鉄を譲ってもらうため交渉に向かい、満州の状況を知りそのまま副総裁・総裁を務める。終戦後、吉田茂に請われ電源開発の初代総裁になり各地に発電ダムを建設。その後、政治の世界へと入る

他の記事も読んでみる

荒川詔四

自分の手で手帳に書き、目で確認して頭に入れるのが、私のスケジュール管理の基本です。手と目を目いっぱい活用して体感しながら記憶するのです。また、少しでも時間が空いたときには、必ず手帳に目を通し、今後一週間の動きや、その月の流れを確認します。


オグ・マンディーノ

行動しなさい。行動なくして変革はない。


出口治明

アイデアは思い詰めるほど出なくなるもの。


古賀信行

40代などすぐに終わってしまいます。「光陰矢のごとし」を肝に銘じるべきでしょう。


梅原勝彦

6つ上の兄を誘って日本初のカム専業メーカーを立ち上げました。相手の技術レベルに合わせてつくる私たちのカムは好評でした。値段は機械メーカーの5、6割。しかも、朝に注文があればその日のうちに納品です。結果、はるかに規模の大きなメーカーに簡単に勝つことができました。


山田五郎

トラブルを完全に防ぐことは不可能だ。ならば単にトラブルが少ないものより、トラブルが起きたときの対処法がわかっているものの方が頼りになる。


菊原智明

ちょっとした態度や身なりの崩れで、「やる気がない」「だらしがない」という印象を与えてしまいます。それが結果として上司や取引先からの評価を下げている可能性がある。


吉田穂波

自由に使える時間に優先して取り組むのは「重要だが緊急でない」タスク。意識していないと放っておいてしまいがちで、あとで切羽詰まることになるからです。「重要かつ緊急」なタスクは、Eメールを送るというような、短い時間でできるものが多い。ですから、5分や10分のスキマ時間を見つけてやります。そのほうが、締切り効果も働いて、スピードが上がります。


黒川光博

世の中には、人の目につく派手な活動を好む人もいます。けれど、虎屋の社員はそうではありません。「人が見ているから」「自分に注目してほしいから」という理由でやるわけではない。目立たなくても、会社のために真面目にひたむきに働くことを生きがいだと思ってくれる人が多くいます。虎屋はこういう人たちに支えられています。それによって500年の歴史が続いてきているのです。


柳井正

私が撤退の決断を急ぐのはできるだけ早く失敗し、致命的な失敗に至る前に早く対処したいからです。ですから、エフアールフーズも、かすり傷程度の失敗で、骨折までには至っていない。ところが、多くの企業は失敗に気付かず、骨折をしてもまだ行けると思って突き進み、どんどん傷口を深くしてしまう。大切なのは、失敗で会社を潰さないことです。ですから私は、かすり傷の時点で撤退を決めます。【覚書き:エフアールフーズは高級野菜を販売する事業を展開したファーストリテイリングの子会社。ユニクロが野菜販売を始めたと当時話題になったが数年で撤退】


デイビッド・セイン

日本人がよく使うけれど英語にはない表現について。「お疲れ様です」「お世話になっております」などがそうですね。日本では礼儀として、失礼のないように行う挨拶の表現が、ネイティブ圏にはないんです。なぜかというと、アメリカやヨーロッパは人の移動が多いという歴史的な背景があり、失礼かどうかということよりも、安全な人間かどうかということのほうが大事になるからです。だから、HiとかHmとか、表現は何でもいいので、目が合ったら常に、怒ってないよ、安全だよ、という合図を送ること自体が大切なのです。ぜひ、これも実践してみてください。


酒巻久

手抜きの失敗でもせいぜい3回で直る。一番恐いのは、自分の失敗が手抜きだと気づかない人。こういう社員は報告してこないし、同じ手抜きを何度も繰り返す。


豊田章男(モリゾウ)

持続的成長のために、商品と人材で年輪を1本ずつ刻んでいきます。それにはペース配分が大切です。トップが、普通の木を10年で屋久島の屋久杉にしようと言って突き進むと、どこかで折れてしまう。それを私はやらない。私は太陽となり、土となります副社長が水をまき、多少色気のある本部長は肥やしをやる。


中畑清

現役時代、私は調子を尋ねられると、必ず「絶好調です!」と答えてきました。これは入団間もないころの長嶋(茂雄)監督とのやりとりがそもそもの発端です。「調子はどうだ?」と監督から尋ねられて、とっさに「まあまあです」と返事をしたのですが、それを聞いていた土井正三コーチから叱られました。「まあまあなんて言うやつを監督が起用するか?絶好調と答えろ!」と。それ以来、私はどんなときでもそう答えるようになりました。


野田順弘(オービック)

弊社の飲み会は、上司も部下も羽目を外してしまうため、ご迷惑がかからないように屋形船で海上に出て大いに盛り上がるのです。そうした場ですら上司が率先してバカをやり、互いの胸襟を開くようにするのです。


ページの先頭へ