高畑正幸の名言

高畑正幸のプロフィール

高畑正幸、たかばたけ・まさゆき。日本の文房具ライター、文具王。香川県出身。千葉大学工学部卒業、千葉大学工学部工業意匠学科大学院修了。テレビ東京「TVチャンピオン文房具通選手権」で三連続優勝を達成。サンスター文具に入社。著書に『究極の文房具カタログ』。

高畑正幸の名言 一覧

ひらめくために何かをやるというより、ひらめいたことを逃さなかったり、上手に記録して発展・活用したりすることの方を重視しています。


仕事効率を高めるのはITだけではありません。アナログのノートを使うことで解決できることもたくさんある。


人は実体のないものを扱うことを苦手とします。頭の中をめぐるアイデアや言葉を正しく捉えることはなかなか難しいでしょう。ではどうすればいいかというと、実体のないものに形を与えてあげればいい。そのためにノートは効果を発揮するツールです。形のない仕事であっても、ノートに書き出した途端に扱いやすいものになるはずです。


湯船に浸かってぼーっとしている時に何かを思いつくことも多いので、風呂場には耐水ノートを常駐させています。ペンはいろいろ試してみましたが、耐水のペンを使うまでもなく、万が一壊れてしまっても困らない、安いプラスチック製のシャープペンシルで十分だと分かりました。金属部品の少ないものなら、それほど簡単には壊れません。


アイデアを出すときはA4サイズの黄色いコピー用紙を使っています。黄色の用紙は、他の書類と混ざっても見つけやすいし、デジタル化した後もサムネール画像を見れば、すぐに自分が書いたものだと分かります。個人的には、黄色い紙だと課題に向かう時のテンションも上がります。使う時は発想を自由に広げられるように横向きで使います。


高畑正幸の経歴・略歴

高畑正幸、たかばたけ・まさゆき。日本の文房具ライター、文具王。香川県出身。千葉大学工学部卒業、千葉大学工学部工業意匠学科大学院修了。テレビ東京「TVチャンピオン文房具通選手権」で三連続優勝を達成。サンスター文具に入社。著書に『究極の文房具カタログ』。

他の記事も読んでみる

松村厚久

遊びの中に仕事があり、仕事の中に遊びがある。


石野信一

座右の銘というほどでもありませんが、私の好きな言葉に「水は科(か)に満ちて流る」という言葉があります。私が大蔵省にいたころに、鎌倉の円覚寺の故朝比奈老師から私の家内が頂いてきた、その著「佛心」という本の中に出ていた言葉です。水は常に淡々と低きにつくという自然の摂理に従って流れていく。決して逆行はしない。そしてもし、穴やくぼみがあればまずそれを満たす。決して飛び越えたりしない。穴やくぼみがいっぱいになれば、また淡々と流れ始める。


佐々木常夫

私は、人生の勝負どころは50代だと思っています。20代は脇目も振らずに一生懸命に働き、30代では実力も備わり役職にも就く、40代にそうした経験が生きるわけですが、この時期は疲れずにしなやかに生きることを勧めたいと思います。なるべく部下に仕事を任せ、早く帰る。社外の人とも付き合い、本も読み、力を蓄える時期だと考えて行動したほうがいいでしょう。


渡辺謙

僕らの映画の世界にも興行成績という数値目標があるけれど、それは通過点のひとつであってすべてじゃない。それよりも自分の中で何かを伝えたいという強い思いがあって、それがきちんと伝わったかどうかの方が重要だし、その思いが強ければ強いほど、相手に伝えるためにどう工夫すればいいかという悩みも湧いてきます。


河﨑秋子(河崎秋子)

祖父母などから聞いてみると、(北海道)開拓時代の話というのは本当に壮絶なものが多いんです。自力で山野に根を張り、生活の営みを続けるというのはすごいことだったのだなと。そんな喜びや悲しみも、意識して残さなければ「なかったこと」として上書きされてしまう。それはとんでもない損失だと思います。これからも埋もれた過去を掘り起こして、光を当てて育てられたらいいなと考えています。


清水克衛

自分が売りたい本、薦めたい本だけを置いています。八百屋や魚屋と同じ感覚です。


小川賢太郎

最近、子育てにおける父親の役割が語られることが多いが、私は父親と母親の役割は違うと考えている。父親は、子供が転んだら「もたもたするな!」と叱るのが役目だ。いずれ子供は社会と対峙し、生き抜いていかなければならないのだから、どうすれば転ばないのか、生きるための闘いの術や知恵を耐えるのが父親である。


賀来龍三郎

上司に向かってズケズケとモノを言う性分なので、我ながら随分と危なっかしい会社人生を送ってきました。若気の至りですね。ただ、特定の上司や派閥に取り入ろうとして、発言したことはありません。課題ごとに是非を論じてきた。それが理解されてクビがつながったのでしょう。そもそもキヤノンの経営陣には派閥がなく、割に風通しの良い会社だったと思います。


山名昌衛

顧客と「パートナー」という関係になれるサービスの販売は、ハードの販売よりも長くて厚い関係を構築できる。セキュリティーや環境ソリューションなどの切り口で、顧客自身も気が付かなかったような課題解決を提案していきたい。


ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)

僕が初めて勤めたのは日本にある外資の経済通信社。上司はアメリカ人の女性で、彼女はアメリカにいた頃、ひどいセクハラを受けたみたいで男への偏見が強かった。僕は逆セクハラみたいな扱いを受けていたし、職場の居心地は決して良くはなかったんだ。それでも学ぶことはたくさんあったよ。


伊藤正裕(起業家)

その目標設定をするとき、どうも多くの人は、足し算で考えているのではないかという気がします。なんとなく船に乗って、たまたま島がみえてきたから、「あの島に上陸してみよう」と目標設定をする。なんとなく大企業に入ったから、とりあえず出世を目指そうとか、そんな感じの目標設定が多いと思うんです。つまり、いまの自分が置かれている状況を起点にして、そこに足し算をすることで目標を定めているんですね。でも、たまたまみえてきた島が、本当に自分にぴったりの島であるかどうかはわかりません。「成功」や「幸福」のかたちは、人によって違います。社会的には成功や幸福と見なされることでも、自分にとって成功や幸福であるとは限りません。


吉岡秀和

当社はバンドが起源の会社ですので、私たち自身が究極の顧客でした。バンドの原体験から、音楽を本当に楽しめる場所を仕組化して提供したかったのです。このビジネスを始めたい、というよりも、この楽しさをあらゆる人に伝えたいという思いが原点としてあります。


藤沢久美

仕事は当然、同時にいろいろなことを進めていますが、いま、この瞬間に自分にできることはつねにひとつだけ。どんな人でもつねにひとつのことしかできません。だから会議に出ているのなら、この会議で自分にできることは何かを考え、最高のパフォーマンスができるように会議に集中する。執筆中の原稿があってじつは気になっていても、そのことは考えない。考えてもそのときは書けませんし、別のことを考えていたら会議が疎かになってしまいますよね。疎かにしたことから、仕事の質が落ちてしまい、結果、仕事の効率も落ちてしまいます。


菊池誠一(投資)

投資を始める前に、しっかりと貯蓄しておくことが肝心。


アレックス・ゴルスキー

大事なのは、成功し続けること。


ページの先頭へ