名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

高田旭人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高田旭人のプロフィール

高田旭人、たかた・あきと。日本の経営者。「ジャパネットたかた」社長。長崎県出身。東京大学卒業後、野村證券を経て家業のジャパネットに入社。販売推進統括本部長、商品開発推進本部長、総合顧客コンタクト本部長、商品管理部長、ジャパネットコミュニケーションズ社長、ジャパネットたかた副社長などを経て社長に就任。

高田旭人の名言 一覧

常にチャレンジ精神を持ち続けてタイミングを逃さないようにと思っています。


僕も36歳で社長をやるから、みんなも背伸びして頑張ろう。
【覚え書き|社長就任時の発言】


世の中に埋もれている良い商品を発掘することが私たちの存在価値。


明るいところに人は集まります。だから、テレビでも楽しい番組作りを続けていきたい。


社員にはフェアでありたい。立場が上だから、声が大きいからといって、間違っていても話が通るような会社にはしたくありません。


社員には私の顔色を伺うのではなく、現場の役員や部長と想いを共有して仕事に取り組んで欲しい。最後の守るべきところを守るのが私の役目です。


2代目である私が創業者と同じ真似は出来ませんし、やり方は違ってもよいと思います。


ある程度権限を渡していかないと人は育たないと思います。権限委譲とチェックのバランスが難しいので、チェックはこっそりやろうかなと考えています。


役職や権限というのは、意思決定の範囲であって、正しさの軸を変えるものではないと思います。立場が上の人が右と言ったら、左だと思っていても右ですという感じでは、会社がおかしくなってしまいます。公平であることは重要だと思います。


特に社風は変えたくないですね。お客様のことだけを見てきた社長(父・高田明)ですから、お客様のためにならないと思えば、放送直前で商品が並んでいても取り上げないということもありました。顧客と向き合う企業文化はブレずに変えずにいきたいものです。


時には(先代社長の父と)意見がぶつかることもありますし、手順をもっとこうしたらいいかもと思うこともあります。しかし、議論の中で学ぶものもありました。


私はもともと理系ですが、思考はロジカルに組み立てながらも、合理性だけでなく人間味や温かさがないといけないと思っています。皆がゴールに向かって走りやすい環境を作ることが目指しているスタイルです。


当社は社員のモチベーションが非常に高い会社で、そこは良い面でもありますが、情熱的に仕事をする方向に偏り過ぎて毎日気合を入れて過ごさなくてはいけないのでは、疲れてしまいます。全社で一生懸命やりながらも、向かっている方向が迷わないようにしていかなくてはと気を引き締めています。


今は単にモノを買ったら終わりではなく、例えば設置や設定、長期保証が必要であったり、配送サービスがあったり、購入時に金利無料という買いやすさを追求するサービスがあったりします。そうした商品とメディア以外の切り口で考えると、まだやれていないところがたくさんあります。


社員の大半は長崎出身ですし、地元への愛着がある社員が多いので、本社を東京に移すつもりはありません。日本各地には専門特化した良い商品や、優れたモノづくりのプロがいらっしゃるので、それらを見つけて丁寧にお客様に伝えていきたい。そうして地方をもっと盛り上げたいと願っています。


社員から何か報告を受けるときに、4割は正しいが、6割は間違っているかもしれないというような微妙な判断を迫られることがあったとします。私は私から見たら4割でも、担当責任者が考え抜いた上で、本人は6割正しいと自信を持っているのであれば、やってみたらいいじゃないかという判断を下します。チャレンジさせないと本人の成長はないと考えるからです。


これまでずっと父の側にいて、当社の実績に関して景気や環境のせいにするところを見たことがありません。そのため、市場がしぼむという発想を僕も持たなくなっています。


父は大抵、直感で行動したら結果が出て、成功した理屈を後付けで考えるという経営スタイルをとっていました。ある意味天才的です。逆に私は、直感ではなく理屈で事前に考えて正しいことを何か見つけてみようと考えました。


私たちは購入後に商品が使われることなく捨てられてもいいという感覚は持ちません。いかに使っていただくかを考える。近年は特に、商品そのものだけではなく、配送・設置・回収・処分など、その周辺の要素を意識しています。


ジャパネットのお客様は偶然番組を見て、私たちを信用してその場で購入を決める。その方たちに対して満足行かない商品を届け始めることこそ、当社の最大のリスクだと思っています。


ジャパネットたかたとして一番大切にしていることは、「とにかく自分たちが自信を持って良いと言える商品を見つけてくること」と「その商品の良さを徹底的に伝えること」。これがなくなれば、ジャパネットたかたである意味はないと思っています。


経営の楽しい部分というのは、経営者として全ての場面で自分の最終決定が求められるところです。自分の責任でチャレンジできると捉えて、言い訳が出来ない状況で毎日チャレンジ出来ることをチャンスと捉えています。


世の中に知られていない素晴らしい製品を発掘し、お客様のことを想像して社員や取引先のメーカーと一緒に改善を重ねる。それは、売り上げが落ち込んだ時期に、父と改革を一緒に進めてきた経験がベースとなっています。


親が会社をつくって苦労しているのを私は一番近くで見てきた。家に電話がかかってきて、注文ひとつで10万円の売上げが立つ様子を、すごいなと思いながら見てきたんです。それは、私が社長になるうえで非常に貴重な原体験だったと思います。


社長に就任してからの2年半で目指してきたのは、事業の戦略と社内の土台の体制についての強化です。創業者である父があれだけの知名度を持ち、会社を引っ張ってきた。いくら正しいことをやっても、数字が伴わなければ、私自身が経営者として認められないという気持ちはありました。


父は昭和の高度成長期に創業し、強いリーダーシップで会社を引っ張ってきた。私自身は意志決定をボトムアップ式にしたり、働き方も見直したりと組織の在り方を大きく見直しています。それでも、経営の根本は父と同じ。ジャパネットの強みを磨き続けていこうと考えています。


お客様はMCの個性で商品を購入するわけではないでしょう。もちろんMCの人間性や素直さなどは大事にしていますが、尖ったキャラクターを打ち出すより、ジャパネットらしい空気感のある人が、きちんと気持ちを込めて商品を説明できればいいと思います。


私は危機感ではなく自信を原動力にする形にしていきたい。一人ひとりが意思を持って仕事をしないと楽しくないし、社員の成功体験をもっと作らせたいと思うからです。目指す方向がズレていなければ、後は皆が実現したいことを自信を持ってやりなさいとか、投資にしてもリスクを恐れずにやりなさいと後押しすることが自分の役割だと。


私が社長に就任して最初に取り組んだことは、休みを増やすことで、1月から制度を変更しました。地方の会社ということもあり、これまでは平均より休みが少なく、月に8日でしたが、東京は土日祝日を休みにし、佐世保の本社は土日を全休にし、そのほかにリフレッシュ休暇を設けました。メリハリのある組織にしたいという私から社員に向けたメッセージです。


事業戦略についてはまず、当社の特徴である、「少品種大量販売」を磨き込むことです。どれだけ良い商品を選び抜けるか。コールセンターやアフターサービスなど、付帯するサービスの品質をどれだけ高められるか。製品やサービスを伝えるテレビやネットなどの販路をどれくらい特徴づけられるか。意識したのはこの3点です。


私は中学、高校のころから親の会社を意識していて、大学も就職も、どういう経歴を歩めば将来役立つかと考えてきました。親からは何も言われませんでしたが、コネで入社したのかと思われるのが嫌だったので、当初は合格できるレベルではなかった東京大学を受験し、1浪の末に合格することができました。就職も仕事が大変だと定評があった野村証券を選び、とても勉強させていただきました。


当社はテレビ、ラジオ、インターネット、モバイル、カタログ、チラシなどたくさんの入り口を用意することで、お客様の多様なライフスタイルに合ったショッピングをしていただけるよう、メディアミックスの体制をとっています。媒体別に、それぞれまだやれることはあると思っています。ただ、メディアは伝える手段であって、あくまでも主役はお届けする商品。徹底的に厳選した商品を探してお届けするというところは変わりません。


高田旭人の経歴・略歴

高田旭人、たかた・あきと。日本の経営者。「ジャパネットたかた」社長。長崎県出身。東京大学卒業後、野村證券を経て家業のジャパネットに入社。販売推進統括本部長、商品開発推進本部長、総合顧客コンタクト本部長、商品管理部長、ジャパネットコミュニケーションズ社長、ジャパネットたかた副社長などを経て社長に就任。