名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

高橋高見の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高橋高見のプロフィール

高橋高見、たかはし・たかみ。ベアリングとモーターを中心とする部品メーカー大手の日本ミネチュアベアリング(現:ミネベア)社長・会長。同社を成長させ上場させた経営者。慶應義塾大学卒。

高橋高見の名言 一覧

学問の深さで、よい製品作りができるわけではない。


ビジネスはバーゲニング(駆け引き)でもある。単なる対話でうまくいくと思えば大間違いで、これには限界があるのだ。【覚書き|上記は日経産業新聞で読者のベンチャー企業経営者から受けた質問に対しての答えの一節。質問者が提携交渉の進め方で悩んでいることに対してのアドバイス。】


高橋高見の経歴・略歴

高橋高見、たかはし・たかみ。ベアリングとモーターを中心とする部品メーカー大手の日本ミネチュアベアリング(現:ミネベア)社長・会長。同社を成長させ上場させた経営者。慶應義塾大学卒。

他の記事も読んでみる

宋文洲

「技術」に頼りすぎるのは危うい。技術力でシェアを拡大できるというのは一種の罠だと思います。日本の技術が優れているので日本企業が作ったものは中国でそのまま売れる、というのなら、1970年代にそうしたように日本で作ってどんどん「輸出」すればいい。でもいまの中国のマーケットは、現地で消費者のニーズをくみ取ったうえで、技術を使って開発しないと受け入れられません。


茂木健一郎

立場が違うからといって、コミュニケーション自体を断ってしまうのは愚かである。反対の立場の人との対話を続けることが、プロジェクトの成功に欠かせないことも多い。


久野康成

仕事を教えることによって、今まで自分が気付かなかったことを学ぶことができる。さらに、後輩に自分の仕事を譲ることにより、新たな仕事に挑戦することができるようになる。仕事を教えることができる人は、やがて管理職になり、経営者になっていく。


深谷紘一

ミスは完全に防げません。だからミスが起きても小さく止めることです。もちろんノーミスを目指していますが、それでもミスがあったときは、いち早く手を上げて処置することです。我々が午前中に作って納入した部品は、午後には完成品となって自動車工場から出荷され、名古屋の埠頭から船に乗ってしまいます。いったん積載されたらもう手も足も出ません。サンフランシスコ、ニューヨーク、シドニーまで追いかけなければいけない。


後藤亘

人間というのは、例えば絵画の本を買ったとしても好きな絵画しか見ませんからね。ですからこれからの多チャンネル時代にたとえ200の番組があったとしても、人間はそんなにいろんな番組を見ることはありません。そこにビジネスチャンスがあると思います。人間は、しょせん一度にひとつの番組しか見られないのです。だったら、その選ばれる番組とは何か、時代に関係なく、求められるテーマはあると思っています。それは心にどう響くか、ということです。それがコンテンツの砦でしょう。結局、一千年前の『源氏物語』における男女の恋物語は、現代でも色あせていないんですよ。


新田喜男

「M&Aは最終的な目標ではありません」と常に説明しています。両者の最終的なゴールは、企業の存続であり、社員の幸せ、顧客満足だったわけで、主導権争いやシェア争いではなかったはずです。しかし、利害関係者の口添えなどがあり、当初の目的を忘れてしまい、余計な条件を加えてしまいがちです。そのことが原因でまとまりかけた話が頓挫、挙句の果てには御破算になることもあります。


茂木友三郎

生産性が向上するということはどういうことかというと、付加価値を上げるということ、そして、その付加価値をより少ない人数、短い時間で生み出していくこと。


奥山清行

なぜプロが結果を出せるかといえば、それは圧倒的な量をこなしていることが大きいのです。僕は『エンツォ・フェラーリ』のデザイン・スケッチを15分で描き上げたのですが、そのただ一枚のスケッチの背景には、それまでの何千、何万という数のスケッチを描いた蓄積があります。


村田恒夫

異なる価値観を持つ人たちが、緊密に連携してお客様へサービスするためには、全員が同じ思い、目的を常に共有していることが重要です。当社では今、改めて理念を共有する取り組みを強化しているところです。


マックス・ヴェーバー

歴史的に重要な合理性ほど、非目的で非合理的なものに支えられて誕生している。


枝川義邦

タスクが具体的であればあるほど、記憶を掘り起こしたり、ものを考える手間が省かれるため、前向きな心理を招きやすくなります。「今日11時から打ち合わせ」という行動予定だけのタスクをつくらず、「いつ・どこで・誰が・何について」などの情報を明記しておきましょう。


菅谷太一

最近物件に特に求められているのは、豪華さや便利さより「全体的にきれいな部屋」ですね。それも、入った瞬間にひと目で「清潔感があるかどうか」が重要です。ただ、実際には空室の理由は、部屋によって様々です。だから私が重視しているのは、まずは「なぜ入居者が入らないのか」の理由を考え、その理由を「変えられるもの」と「変えられないもの」に分けることです。たとえば、駅から遠いという立地は変えられませんが、内装の汚れや設備は変えられる。そうして、変えられるものを変えていくという発想をしています。