高橋高見の名言

高橋高見のプロフィール

高橋高見、たかはし・たかみ。ベアリングとモーターを中心とする部品メーカー大手の日本ミネチュアベアリング(現:ミネベア)社長・会長。同社を成長させ上場させた経営者。慶應義塾大学卒。

高橋高見の名言 一覧

学問の深さで、よい製品作りができるわけではない。


ビジネスはバーゲニング(駆け引き)でもある。単なる対話でうまくいくと思えば大間違いで、これには限界があるのだ。【覚書き|上記は日経産業新聞で読者のベンチャー企業経営者から受けた質問に対しての答えの一節。質問者が提携交渉の進め方で悩んでいることに対してのアドバイス。】


高橋高見の経歴・略歴

高橋高見、たかはし・たかみ。ベアリングとモーターを中心とする部品メーカー大手の日本ミネチュアベアリング(現:ミネベア)社長・会長。同社を成長させ上場させた経営者。慶應義塾大学卒。

他の記事も読んでみる

大沢幸弘(経営者)

「プロとして精一杯のサービスを提供し顧客を満足させる」。こう覚悟したら、仕事が楽しくなった。


カジポン・マルコ・残月

墓は大事なことを語りかけてきます。バッハなんて300年前の人間です。「あんた、300年前に私が作った曲に感動するなら、今生きてる人ともっと気持ちを通わせられるんじゃないの?」って。「言葉の通じないドイツ人の曲を聞いて感動してるなら、日本人同士だったら言葉が通じるし、価値観も似てるんだから、もっと仲良くしなさい」と言われている気がします。


大山健太郎

企画書について一つ申し上げると、企画書は稟議書ではない、ということです。社員が出した企画書をチーム長が見て、課長が見て、部長が見て……段階を踏むことに意味があるのか。情報は伝達すればするほど先細ってしまいます。最初のアイデアの尖った部分が、段階を踏むことで丸くなってしまう。当初はユーザーの不満を拾い上げていたのに、いろんな上司の考え、部署や会社の都合が入り込んでしまう。ならば、最初から社長を含めて様々な立場の人間が同じ場で意見をぶつけあい、検討する機会があればいい。それが弊社の新商品開発会議です。


逢坂ユリ

エグゼクティブクラスになると、マナーを知らない人は相手にされません。それまで仕事一筋だった人が、エグゼクティブになった途端、食事のマナー教室に通うケースも多いですよ。


弘兼憲史

アイデアは完全にひとりになれる場で考えます。喫茶店とかファミレスでね。これまた楽しいひと時ですね。


ジャック・マー(馬雲)

国外進出で成功するには、3つの条件があります。第一に事業の地歩を着実に築くための時間。第二にチャンスをつかむ勇気。第三に困難に耐え自分をレベルアップできる持久力です。この3つを備えていれば、中国に限らず、世界中どこへ行っても成功し、強いブランドを築くことができると思います。


加藤俊徳

脳を鍛えたいと思ったら、まず自分の欲求のビジョンを明確に描くことから始まります。脳を最も進化させる原動力――それは「今より成長したい」「何かを成し遂げたい」という強い願望にほかならないからです。


藤田晋

単にプレゼンで勝つだけでなく、ビジネスプランに実現性と責任をともなう形にしたことで、一気にパフォーマンスが向上し、一回の会議で十何個もの新規事業がスタートするようになりました。


植木義晴

モチベーションは一時的に高まればいいわけではない。それをいかに継続するかが重要です。そこで必要なのが、仕事を好きになることと、プライドを持つことだと考えています。


牛島信

私は、昨今のコーポレートガバナンスの議論の中で何が一番不満かというと、なぜコーポレートガバナンスが大事かという部分なんです。多くの場合、それは経済成長のためだという。それはいいのですが、なぜ経済成長しなければならないのか、何のために稼ぐのか、そうなるとどんな良いことがあるのかが議論されていない。


古森重隆

私はビジネスマンたちに言いたい。「みんな、社長を目指せ!」と。その過程で、課や部など各ユニットのリーダーとして、そのユニットのことを誰よりも真剣に考える。会社のことは我がこと、という姿勢で仕事に取り組んだ経験は、必ず人生にプラスをもたらすはずだ。


ジェームズ・ダイソン

技術の変化はかつてなく激しくなりました。昨日の成功体験が明日も役立つとは限らない時代です。過去の経験は価値になるどころか、むしろ障害となる可能性もある。ダイソンもこれまでの成功体験は捨て、未来に向けて変わり続ける必要があります。


三宅裕之

大事なのは何かを「やりたい」という気持ちに敏感であることです。自分の動きをしっかり把握していれば、勉強したいと思ったときに、情熱を燃やすことができます。


本田健

60歳を迎えたとき、お金はあるけど毎日がつまらないという状況は避けたいものです。人生の目的は何なのかをこの時期にもう一度問い直して、ハッピーな老後を迎えてください。


岩田聡

みんなが「お客様を楽しませたい」と思っている集団じゃないといけない。そうしないとお客さん本位の対応ができる会社にはならない。


ページの先頭へ