名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

高橋重幸(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高橋重幸(経営者)のプロフィール

高橋重幸、たかはし・しげゆき。日本の経営者。「ユニバーサル・ビジネス・ソリューションズ」社長。

高橋重幸(経営者)の名言 一覧

リーマンショックは弊社も例外なく打撃を受け、一時的に売上も落としました。そこで開発体制を見直し、損益分岐点を下げる構造改革から始めました。


ワンフロアで私も含めた全スタッフの作業が出来る環境に変えました。社長室をガラス張りにしたので、全スタッフの作業が見渡せて、全スタッフからも社長室が丸見えです。会議室もガラス張りで通路から丸見えになっています。その結果、社内全体の規律が統一され、ムリ・ムダ・ムラも一掃することができました。


年間30回ほど、ユーザーの勉強会などを実施しています。実際に利用している顧客の担当者による生の声、例えば操作画面のメニューの名称が分かりづらいとか、ごくごく小さな不満まで聞くことができます。同時に他の顧客の意見や要望、そして顧客によっては同じ作業でも処理方法が違っていることが分かり、システムへ反映させるべき仕様の適正化と優先度の判定に大いに役立ち、加えて利用者の意見や要望が実現されるベンダーとして顧客満足度の向上に大いに貢献しています。


高橋重幸(経営者)の経歴・略歴

高橋重幸、たかはし・しげゆき。日本の経営者。「ユニバーサル・ビジネス・ソリューションズ」社長。

他の記事も読んでみる

森本貴義

多くの成功者は自分を客観視するスキルに長けていて、何が自身のスペシャリティで、いま自分はどのレベルにあるか、理路整然と言うことができました。そして人の何倍もの努力をし、努力する方向を間違えていない。


瀧本哲史

「仮説思考」とは自らの立てた仮説を補強する材料を集めることではありません。仮説を否定する材料を探し、それがなければ仮説を正しいとする。あるいは仮説を覆す材料があれば、仮説自体を変えて、新しい仮説を考える。こうして仮説、実験、検証のサイクルを繰り返すやり方です。


塚越寛

企業の成長が、ステークホルダー全体の利益にならなければなりません。目先の利益だけを追い求めて、コンプライアンス違反をしたり、社員をリストラしたり、中長期の研究開発費を削減すれば、企業の持続的発展は見込めない。


鈴木みゆき(経営者)

私は海外勤務が長く、言語や文化が違う中で、組織をまとめる経験を積んできました。スタッフの個性を活かし、強みを伸ばす組織づくりは、多様性のある環境では非常に有益でした。


坂本啓介

自分1人の力でどうにかしようとするリーダーや、仕事を丸投げして部下をこき使うリーダーは、短期的な成果は出せたとしても、長期的に成果を出し続けることはできない。こうしたリーダーは、「チームを機能させる」という意識が低い。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

小中学校で教えられることは教育ではない。教育の手段である。


中村獅童(二代目)

僕は、「隙間時間」をフル活用しています。ちょっとした時間を意識的に使うことが、心身ともにいいリフレッシュになるからです。どんなに忙しくても、1日の中にエアポケットのような隙間時間は、必ず見つけられるものです。幸運にも仕事が早く終わる日だってある。そんな機会を逃さず、何かしらの目的に使うようにします。


松尾康史

口下手な私は成果も上がらず、営業マンになって最初の一年間は受注ゼロ。最初は「このつらい気持ちをなんとか癒したい」という思いでセミナーに参加したのですが、実際には心がラクになるだけでなく、営業成績が上がるようになり、仕事が楽しくなるという好循環が生まれたのです。セミナーで教えられたことは、「まず、相手のことを好きになる」ことの重要性。以前の私は、「自分のことをわかってほしい」「認めてほしい」と、自分のことばかり考えていました。でも、「相手のことを好きになる」ことで、自然と相手の役に立ちたいという気持ちが芽生えてきた。すると、今までは「相手の機嫌はどうかな」とビクビクしながら訪問していたのが、相手に会うことが楽しみになってきたのです。


植木理恵

自分のペースに持っていくためにはたくさん喋って主張する。そんなふうに考える人もいますが、必ずしも正しい方法とは限りません。特に女性は仲良くなるほど〈会話時間が増えるのですが、反対に男性は信頼しあうにつれて会話量が減る傾向があります。このため男性に対しては、饒舌であるよりも、言葉ですべてを言い尽くさない「以心伝心」の態度を選んだほうが、相手と同調できる可能性が高いのです。


住谷栄之資

旅行で現地の人とちょっと親しくなるくらいでは、発想の幅は大して広がりません。やはり仕事を通して、建前ではなく本音と本音でぶつかるような経験をしないと駄目でしょう。


田坂広志

「社会貢献すれば、利益が上がる」という議論がありますが、「社会貢献」は「利益」を上げるための手段ではありません。「利益」が「社会貢献」をするための手段なのです。企業活動の目的は、最初から最後まで「世のため、人のため」の事業を行うことなのです。


渡辺明(渡邊明)

プロになるとあまり変わったことをやる人はいないので、基本は正攻法の応酬になる。