名言DB

9413 人 / 110706 名言

高橋重幸(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

高橋重幸(経営者)のプロフィール

高橋重幸、たかはし・しげゆき。日本の経営者。「ユニバーサル・ビジネス・ソリューションズ」社長。

高橋重幸(経営者)の名言 一覧

リーマンショックは弊社も例外なく打撃を受け、一時的に売上も落としました。そこで開発体制を見直し、損益分岐点を下げる構造改革から始めました。


ワンフロアで私も含めた全スタッフの作業が出来る環境に変えました。社長室をガラス張りにしたので、全スタッフの作業が見渡せて、全スタッフからも社長室が丸見えです。会議室もガラス張りで通路から丸見えになっています。その結果、社内全体の規律が統一され、ムリ・ムダ・ムラも一掃することができました。


年間30回ほど、ユーザーの勉強会などを実施しています。実際に利用している顧客の担当者による生の声、例えば操作画面のメニューの名称が分かりづらいとか、ごくごく小さな不満まで聞くことができます。同時に他の顧客の意見や要望、そして顧客によっては同じ作業でも処理方法が違っていることが分かり、システムへ反映させるべき仕様の適正化と優先度の判定に大いに役立ち、加えて利用者の意見や要望が実現されるベンダーとして顧客満足度の向上に大いに貢献しています。


高橋重幸(経営者)の経歴・略歴

高橋重幸、たかはし・しげゆき。日本の経営者。「ユニバーサル・ビジネス・ソリューションズ」社長。

他の記事も読んでみる

白波瀬丈一郎

上司は仕事の与え方を工夫して欲しい。「この仕事は君にとって少し難しいかもしれない。でも、これをやり遂げればプロジェクトの成功率は大幅にアップするから、期待しているよ」。こんなふうに、上司である自分が負荷の大きさをわかっていることを伝えたうえで、仕事の目的や意義を示せば、部下は達成感を得やすくなる。それが本人の成長につながると同時に、仕事のストレス要因も減らします。


篠山紀信

たとえば役者の撮影であれば、決め顔をつくる直前や直後、そのほんの一瞬の表情にこそ、撮る価値があると思っています。予定調和はつまらない。


横山信弘

私は、どんなに時間がかかっても、人は変われると信じています。「いつかは、できる人になれる」と言い聞かせ、それに向かって決断を積み重ねること。変わることを諦めるのは、もったいないことだと思います。


堀場雅夫

日本人の課題は、持てる力を120%発揮して具体的なアクションにつなげられないことなんですよ。積極性、アクティビティーが低いわけ。本質的な能力があるんだから、これをいかに引っ張り出すか。日本人に「こんなのやれ」と言ったら「いや、私にはできませんわ」。こう言います。だけどアングロサクソンの方は「おまえには無理やな」と言っても「やらせてくれ」と言う。こういう考えに変えたらいいだけ。それで日本は限りなく明るい。


楠本修二郎

僕は社員のみんなと一緒に企画を考えるのも大好きですが、一方で組織を運営するうえで不可欠な課題にも向き合わなければなりません。財務や経理、人事などあらゆる課題があり、通常はミーティングを行い、解決策を探っていきます。でも、走っているとそれらの課題にも、思いがけない方向から答えを見いだせることがある。例えば人事なら「あのスタッフに、この仕事を任せたら面白いことになりそうだ」といった具合に。


深田純子

長年トップをやっていると、どうしても唯我独尊になってしまうんですね。「ああなってはいけない」。入社以来、父を反面教師に私が常に意識してきたのは「何者にもとらわれず、自分自身を冷静に見られているか」という点でした。
【覚書き|父の会社に後継者として入社したとき、父のワンマン経営を見て驚いたことを振り返っての発言。】


高田明(ジャパネットたかた)

人は前向きに行動すれば結果を生むことができる。だから一番厳しいときこそ、引かずに進むのです。


西岡喬

一度失ったブランド力を回復するのは、一朝一夕でできることではありません。粘り強く、数年かけて力を注がないとブランド力を取り戻すことはできません。


大山健太郎

うちの企業理念に借りものはひとつもありません。19歳でゼロからやってきた思い、哲学が入っています。


小杉友巳

いささか厳しい言い方になりますが、平等を求める人というのは自分からは何もせずにただ与えられるのを待つ姿勢にあるように感じます。学生のうちであればそれでもいいと思います。学校はある意味では学生からお金をもらっているサービス業なので、手取り足取り教育してくれるでしょうし、実際に若いうちは何をしていいのかわからないものでしょう。しかし、社会人になっても同じ態度でいるのはどうでしょうか。社会人は会社からお金をもらっているのです。何もしないでただお金をもらう、というのでは虫がよすぎます。


畑正憲(ムツゴロウ)

責任感から休むわけにはいかない、ということもありました。アフリカロケに行った矢先にウシに激突され、ろっ骨を折ってしまったことがあるのですが、ここでロケをやめてしまったらスタッフ全員に迷惑をかけ、金銭的な損失も膨大になってしまう。痛くてもごまかすしかないと、自分でテーピングをして1か月のロケをやり切りました。日本に帰ってしばらくして、どうも呼吸をするとき変な音がするなと病院に行ったら、ろっ骨が変な方向に曲がってくっついてしまっていました。あるいは、アマゾンロケに行く直前に馬に足の小指を踏まれてしまい、小指が親指と同じくらいまで腫れ上がってしまったこともあります。3サイズくらい大きな靴を用意して、なんとか足を入れて、ロケに出かけました。


吉川良三

世界市場に臨むにあたって最も重要なことは、意思決定を速くすることである。物事を速く決めて、とにかく先頭を走る。二番手ではダメなのだ。


池本克之

上司と部下、相互の理解が第一。部下は本音を隠しているものなので、上司から歩み寄り、話に耳を傾けること。自分ばかりが一方的に話し、聞く耳を持たない上司の言うことなど聞きたくないですから。賢い上司は、部下の声に耳を傾け、部下自らが目標を作り、そこに邁進するよう促します。


中村雅知

多くの人と事実を共有し、理解を得ることで、その後の業務をスムーズに進めることができます。これはリストラだけでなく、ほかの業務にも言えることだと思います。


矢野博丈

積み重ねた経験から出てきたノウハウは参考になる。だから耳を傾けるなら、自分でいろいろと苦労を重ねてきた人の言葉だろう。