名言DB

9412 人 / 110637 名言

高橋淳(パイロット)の名言

twitter Facebook はてブ

高橋淳(パイロット)のプロフィール

高橋淳、たかはし・じゅん。日本の飛行機パイロット。「日本飛行連盟」名誉会長。大正時代、東京市出身。海軍に入隊し、太平洋戦争時、一式陸上攻撃機機長を務めた。戦後はフリーパイロットとして活躍。世界最高齢現役パイロットとしてギネスブックに掲載された。国際航空連盟ポール・ティサンディエ章を受章。著書に『淳さんのおおぞら人生、俺流』『95歳、余裕綽々 世界最高齢パイロットの人生操縦術』。

高橋淳(パイロット)の名言 一覧

おしゃれは若い頃から好きだけど、年を取ったらますますおしゃれをすべきだと思うようになった。気持ちの上でジジイにならないように、自分で努力していかないと。


毎日起きたことを反省し、明日は今日より良くしようと考える。一生、成長。そう思えば、老後は楽しいよ。


10機飛び立って、帰還するのはよくて5機だったね。同乗する仲間は絶対死なせないと誓っていた。意志の力が生死を分けた。だから精神力は強いよ。今の自衛隊員にも負けない自信がある。

【覚え書き|太平洋戦争従軍を振り返って】


健康の秘訣は、腹八分目を徹底すること。それに食べ物をよく噛む。お茶漬けだって噛むよ。


サラリーマンだったら90歳を超えて働いてはいなかっただろうね。大好きな飛行機の仕事だから、こうして続けていられるし、努力もできる。その点、僕はラッキーだけど、世の中のサラリーマンは、妻子を養うために我慢して働いている人が圧倒的に多いと思う。だから定年で一区切りついたら、第二の人生は、実入りは少なくとも楽しいと思える仕事をやっていったらどうかな。始めるのに遅いことはない。60歳、65歳なんて、僕から見ればまだほんのヒヨッコだから。


高橋淳(パイロット)の経歴・略歴

高橋淳、たかはし・じゅん。日本の飛行機パイロット。「日本飛行連盟」名誉会長。大正時代、東京市出身。海軍に入隊し、太平洋戦争時、一式陸上攻撃機機長を務めた。戦後はフリーパイロットとして活躍。世界最高齢現役パイロットとしてギネスブックに掲載された。国際航空連盟ポール・ティサンディエ章を受章。著書に『淳さんのおおぞら人生、俺流』『95歳、余裕綽々 世界最高齢パイロットの人生操縦術』。

他の記事も読んでみる

行天豊雄

私もかつて大蔵省で長く国際交渉に関わってきました。プラザ合意、ルーブル合意など、数え上げればきりがないほどです。そんな経験から言うと国際交渉で日本が互角に渡り合うためには3つのポイントがあるように思います。「自国の熟知」「どれだけ相手と人間関係を作れるか」、そして「交渉の結果を受けて改革を進めること」。


松林博文

好きだけでビジネスを始めると、市場のサイズが客観的に見えなくなる傾向があります。趣味の延長で店を始めても、お客が少なくて続けられなくなるのはその典型。


窪山哲雄

ホスピタリティーを「心のこもったサービス」と定義することもありますが、その神髄は「相手に合わせる」ことにあります。たとえば、ディズニーランドでは小さな子供の目線に合わせるように話しかけたり、対応したりします。決してサービスする側の都合や思惑で対応しない。どんな相手であろうと、相手が心地よく思うところまで自分を変形させていく姿勢こそが、ホスピタリティーの本質です。


菊間千乃

動こうという気持ちを持っているだけでも、いまの状態で満足している人とは違うことになります。そこでもし動いたのであれば、動いただけで、その人の周りに風が起き、大きく変わっていきます。動く自分、あるいは動こうと思う自分を評価して、動こうと思った自分はなぜそうしようとしたのか、自問自答してみることです。


平川昌紀

これまで経営してきて、最も難しく、最も大切なのが「理念の浸透」であると感じています。当社のような「大好き」というシンプルで分かりやすい理念でも、全スタッフに腹の底まで得心してもらうのは、並大抵のことではありません。そのため、今後も社長ミーティングは継続していかなければならないと思っています。


黒鉄ヒロシ

議論において大切なのは、水も漏らさぬ言葉遣い。普段の会話でも、私たちはついうっかりをやってしまいがち。女性の変化に気づき、良かれと思い「今日は、きれいだね」と言ってしまえば、「昨日は汚かったわけ?」と返ってきます。助詞の使い方ひとつで場の、主導権を手放すことになってしまいかねない。


大崎洋(大﨑洋)

組織を飛び出さなくてもできることって、たくさんあるやん。例えば子会社を作って、吉本とつながっている強みを生かすこともできるやろ? だから社員にもタレントにも、会社をうまく使ってほしいと思ってる。


菅原道仁

ドーパミンは買う直前に多く出ますが、長くは出続けません。散財しそうになったら少し時間を置くこと。冷静さを取り戻せ、浪費を防ぐことができるでしょう。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

働き盛りのビジネスマンが食事のバランスをとるコツは、食生活を数日単位で考えること。一食一食のバランスを考えるのではなく、3日~1週間単位というように時間軸を延ばして調整するのです。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

「合格」という結果を出すことを真剣に考えれば、最短の学習ルートや手法が見えてくるものです。


池田貴将

多くの成功者をみてきた感想ですが、彼らもまた、努力が三日坊主に終わりがちな普通の人です。違うのは、そこで「俺はダメだ」と思うのではなく、懲りずに翌日からまた挑戦できること。たとえ挫折を繰り返しても、そのたびに「自分を変える」という決断をし直せる人は、必ず変わっていくものなのです。


酒井眞一郎

画期的な製品は、ある日突然できるというのではなく、地道な努力の積み重ねの上にアイデアが加わってできるのです。


磯崎功典

組織で力を発揮するためには、対面で語る力が非常に大事です。文書では人は動きません。


下村朱美

最近、若い人が会社を辞めるときによく使う言葉が「先が見えない」ということです。入社してまだ1年でも「先が見えない」と言うのです。勤続年数ごとに資格取得モデルを明確に提示し、5年目ぐらいまでは非常に細かくきっちり将来像を見せていきます。そうすると、社員は「このレールに乗っていけばこうなるんだ」と安心して、目標に向かって努力していけます。


永守重信

私の教育は「叱って育てる」スタイルです。部下にメールを送るときも、褒めるよりも叱るケースが圧倒的に多いです。しかし、叱られるのは、その人が積極的にチャレンジしている証拠です。社内では「社長に叱られるほど偉い」というイメージが出来上がっています。