高橋淳(パイロット)の名言

高橋淳(パイロット)のプロフィール

高橋淳、たかはし・じゅん。日本の飛行機パイロット。「日本飛行連盟」名誉会長。大正時代、東京市出身。海軍に入隊し、太平洋戦争時、一式陸上攻撃機機長を務めた。戦後はフリーパイロットとして活躍。世界最高齢現役パイロットとしてギネスブックに掲載された。国際航空連盟ポール・ティサンディエ章を受章。著書に『淳さんのおおぞら人生、俺流』『95歳、余裕綽々 世界最高齢パイロットの人生操縦術』。

高橋淳(パイロット)の名言 一覧

おしゃれは若い頃から好きだけど、年を取ったらますますおしゃれをすべきだと思うようになった。気持ちの上でジジイにならないように、自分で努力していかないと。

高橋淳の名言|気持ちの上でジジイにならないように、自分で努力していかないと

毎日起きたことを反省し、明日は今日より良くしようと考える。一生、成長。そう思えば、老後は楽しいよ。

高橋淳の名言|一生、成長。そう思えば、老後は楽しいよ。

10機飛び立って、帰還するのはよくて5機だったね。同乗する仲間は絶対死なせないと誓っていた。意志の力が生死を分けた。だから精神力は強いよ。今の自衛隊員にも負けない自信がある。

【覚え書き|太平洋戦争従軍を振り返って】

高橋淳の名言|意志の力が生死を分けた

健康の秘訣は、腹八分目を徹底すること。それに食べ物をよく噛む。お茶漬けだって噛むよ。

高橋淳の名言|健康の秘訣は、腹八分目を徹底すること

サラリーマンだったら90歳を超えて働いてはいなかっただろうね。大好きな飛行機の仕事だから、こうして続けていられるし、努力もできる。その点、僕はラッキーだけど、世の中のサラリーマンは、妻子を養うために我慢して働いている人が圧倒的に多いと思う。だから定年で一区切りついたら、第二の人生は、実入りは少なくとも楽しいと思える仕事をやっていったらどうかな。始めるのに遅いことはない。60歳、65歳なんて、僕から見ればまだほんのヒヨッコだから。

高橋淳の名言|大好きな仕事だから、続けていられるし、努力もできる

高橋淳(パイロット)の経歴・略歴

高橋淳、たかはし・じゅん。日本の飛行機パイロット。「日本飛行連盟」名誉会長。大正時代、東京市出身。海軍に入隊し、太平洋戦争時、一式陸上攻撃機機長を務めた。戦後はフリーパイロットとして活躍。世界最高齢現役パイロットとしてギネスブックに掲載された。国際航空連盟ポール・ティサンディエ章を受章。著書に『淳さんのおおぞら人生、俺流』『95歳、余裕綽々 世界最高齢パイロットの人生操縦術』。

ページの先頭へ