名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

高橋洋(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高橋洋(経営者)のプロフィール

高橋洋、たかはし・ひろし。日本の経営者。高齢者専門宅配弁当チェーン「宅配クック123」などを展開する「シニアライフクリエイト」社長。京都府出身。大阪教育大学卒業。

高橋洋(経営者)の名言 一覧

一番大切なのは、ご利用者と心を通わせること。地域との関係づくりに注力し、順調にご利用者の紹介の輪が広がっています。


自治体が主導する高齢音サロン開催に企画段階から積極的に関わっています。在宅配食に慣れてしまうと外出が億劫になり、引きこもりがちです。健康寿命の伸長のためにも、週に数回はみんなで集まって食事を楽しむ場を提供したい。


高齢者向けの食材の開発は、栄養価はもちろんのこと味や食感にこだわっている半面、店舗オペレーションを最少化し、人件費、ロス率を低減することで店舗経営の効率化を図っている。


配達の際には手渡しを原則として「向こう三軒両隣」の精神で顔色や声色から健康状態の確認を行い、日々の変化はご家族やケアマネジャーに報告するなど、地域社会に密着したサービスを心がけています。


当チェーンでは、お客様にとってのナンバー2かつオンリー1の存在を目指すことを合言葉にしています。あくまでもナンバー1はご家族の手料理です。ただ、身の回りに家族がいらっしゃらないご利用者にとって我々の弁当はオンリーlでありたいと思います。「家族をナンバー1として尊重しつつも競合他社には死んでも負けない、最強のナンバー2を目指していく」という強い気持ちを持っています。


高橋洋(経営者)の経歴・略歴

高橋洋、たかはし・ひろし。日本の経営者。高齢者専門宅配弁当チェーン「宅配クック123」などを展開する「シニアライフクリエイト」社長。京都府出身。大阪教育大学卒業。

他の記事も読んでみる

木皿泉(妻鹿年季子)

私は、お客さんにバレなければいいと思っているんです。ドラマを観る人の気持ちが止まってしまうウソは絶対にダメだから、まずいなというところはうまくごまかしながら最後まで書き上げます。女って、そういうところは厚かましいんですね。今も昔も、仕事量は少ないですけど。


近松門左衛門

これは劇というものの真髄をとらえている。観客を考慮に入れているからだ。観客は役者よりも事情をよく知らされている。どこに間違いがあるか知っていて、何も知らずに運命へと突っ走る舞台の上の可哀想な人物たちを憐れに思うのだ。
【覚書き|上記は弟子の作品に対する賛辞】


伊藤保次郎

これからの私は、できるだけ若い人たちのためにお役にたちたいと願っている。それには、なによりも結婚の世話と就職の協力だと思っているが、結婚の世話はすでにこれまで30組ぐらいにのぼっている。


守屋淳

『十八史略』には唐代の名宰相・婁師徳(ろうしとく)が残した「唾面自乾(だめんじかん)」という言葉が収められています。顔に唾を吐きかけられたとき、顔を拭えば相手の怒りを買うかもしれないから乾くまで笑って待て、という教えです。怒りに身を任せて、「倍返しだ!」と叫んでも、現実には殺されておしまい。我慢や忍耐は、生き残るための処世術です。表面ではひたすらニコニコ笑いながら、復讐のチャンスをじっと待つ。中国の古典はそう教えています。


伊藤正明(経営者)

工場で労務管理を手掛けていた当時の部下はおやじと同い年。「あなたに何が分かるんですか」と食ってかかられることが多く、そんな時は一晩中膝を突き合わせて、とことん議論しながら信頼を深めていきました。


板東英二

いまは芸人さんと一緒のことが多いですが、その中にあって「このおっさんは何を言うたっていける」と触れやすい場所に立てているのは、大きなチャンス。張り合いを感じてます。


諏訪暁彦

日本メーカーのトップには、もともと研究者や技術者だった人が多い。その中には自社開発もしくは国内企業との共同開発の経験しかない人も少なくないはずです。そのためか、海外企業との共同開発にはなかなか目が向かないこともあるでしょう。


鈴木忠雄(経営者)

これだけ変化の激しい時代なので、経営者にしても、個人にしても、「変えてはならないこと」をきちんと心の中に定めていなければ、利益優先という誘惑に乗ってしまいやすい。


ピョートル・フェリクス・グジバチ

「優しさ」というのは、まず自分を見てくれているという心理的安全性が根本です。自分をちゃんと見てくれていない人に、叱られても冗談を言われても心は動かない。この「優しさ」というのは、英語でいうと「Nice(いい人)」ではなく「Kind(親切さ)」です。「相手は何を望んでいるんだろう?」「今はどんな気持ちだろう?」と自分の頭をまっさらにしてそのまま人を見ることが大事です。


朱子(朱熹)

血気の怒りはあるべからず。理義(りぎ)の怒りは無(な)かるべからず。


須田将啓

博報堂のマーケティング局に勤めていたころ、あるCMのプロジェクトでクリエーティブ局の有名ディレクターと仕事をしました。この人がまさに、「こだわりぬく」人でした。「細部にこそ神が宿る。絶対おろそかにするな」が口癖で、たとえばCMの表現が9割がた決まっている段階でも、ひっかかるところがあれば、それまでの蓄積をひっくり返してまた一からやり直したりするのです。広告表現の世界では、最後のひと踏ん張りや、最後に付け加えるほんのちょっとした工夫によって、驚くほど結果が違ってきます。そのために彼らは、中途半端を許さず、徹底的にこだわりぬいた仕事をしているのでした。


杉山春樹(経営コンサルタント)

失敗を公にしてから、コンサルタントの仕事が増えたんです。お客さんには「成功例は世の中にいっぱいあるけど、失敗例を知ることができたから役に立った」「いくらでも失敗してもいいんだと、勇気づけられた」と言われることが増えました。