名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

高橋新の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高橋新のプロフィール

高橋新、たかはし・あらた。日本の経営者。「アーレスティ」社長。アーレスティ取締役、アーレスティウイルミントン会長、アーレスティ専務、副社長などを経て社長に就任。

高橋新の名言 一覧

人が考え、生みだし、そして改善することでより良いものをつくることができる。ものづくりを支えるのは、高い意識と志の大きさ。そのためにも人材育成は大変重要。


「アーレスティなら信頼できる」といわれる会社になる。それが、当社の持続的な成長にもつながっていく。


グローバルなものづくりの一元化にはグローバルな人材育成が欠かせません。創業時からの技能を伝承する「グローバルRSTラーニング」、全拠点の技術者が一堂に会する「グローバル・カイゼン・ミーティング」、トレーナー育成、幹部候補生養成など、全拠点同一水準での教育と組織立った人材育成にことのほか力を入れています。


主力の基幹部品以外の車体や足回り開発の専門部隊を発足させました。新たな部隊は、各自動車メーカーの意図と求める機能を理解するとともに、アルミ化における市場動向や技術情報などを横断的に集約する独立チームとして立ち上げました。「とにかく出したくない、という人材を出せ」と号令をかけ、営業、設計、生産技術などの部各門から精鋭を集めました。


当社の強みは、グローバル展開を生かした「ワンプリント、マルチロケーション」。部品の共通化と生産拠点のグローバル化が進む自動車業界に対して、図面1つで同一製品を同一品質で各国に供給する体制があることです。それによりお客様は開発工数を削減できます。また日本も含めた各国工場間をクロスボーダーで相互補完でき、販売台数の増減による生産変動にもフレキシブルに対応できるのです。


高橋新の経歴・略歴

高橋新、たかはし・あらた。日本の経営者。「アーレスティ」社長。アーレスティ取締役、アーレスティウイルミントン会長、アーレスティ専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

永守重信

資金を徹底的に生かし切る思想がなければ企業を強くすることはできない。


小川浩(経営者)

日本車の場合、長所を伸ばすよりも短所を矯正することばかり考えている。同じように、日本メーカーの多くはユーザーからのクレームを恐れるばかりに、デザインや機能で冒険することを避けるきらいがある。


田中和彦

映画のプロデュースの仕事をやりたいという夢が実現したのは、未来の自分に対して時間の投資を続けてきたからです。忙しくなると目の前のことだけに気を取られがちですが、ときには長い時間軸で自分を見つめ直すことも必要だと思います。


甲田英司

いまでも生活費は全然かからない。自分の贅沢のためにお金を遣うことも一切ないです。でも生きたお金の場合は別。お金を惜しみなく遣いますね。


吉田たかよし

情報のインプットと整理は、脳にとって異質な作業。同時にしようとすると煩雑になり、習慣として身につきません。


坂岡洋子

人は誰しも、頭から否定されるのは嫌なもの。まして親子間のコミュニケーションはつい言葉がきつくなりがちです。「なんでこんなモノ取っておくの?」「全部捨てなよ!」と強い物言いをすると、相手も「私には全部必要なの!」と抵抗し、平行線に陥りがちです。


梅原勝彦

あるとき、社員教育に苦労している中小企業の若い社長から「社員を上手に使うにはどうすればいいか」という相談を受けたことがありましたが、私に言わせれば、そもそも「使う」という発想が間違っているのです。経営者はいかに社員に気持ちよく働いてもらえるように仕向けるか、毎日自分の命を削って会社のために働いてくれる社員に、どうすれば報いることができるかを日夜真剣に考えるのが仕事です。上から目線で社員を使うという発想では「こんな会社で働くのは嫌だ」と逃げ出したくなるのは当然でしょう。


水越康介

ソーシャルメディアに限らず、マーケティング・リサーチには思いがけない発見がある。男性が買っていると思っていた商材が、意外に女性に売れていた。想定していたのとは別の使用方法が広まっていた。と、いろいろな発見が、次の一手に繋がる。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

「得意なこと、好きなことを伸ばすことが大事」という考え方にももちろん一理あるとは思うのですが、「別の欲求への興味や関心を育てること」こそが、人を育てるということではないかと思っています。


温水洋一

本当に飽きられて、誰からも声がかからなくなったら、自然と続けられなくなる。それまではガムシャラに。ダメな時があっても、そのダメさを受け止めて前を向くしかない。


円山法昭

物を買うときでもサービスを受けるときでも、「もうこれでいいや」と思考を停止して、目の前のもので妥協する人がいますが、それではいつまで経ってもマネーリテラシーは高まりません。「本当にこれが一番良い条件なのか」「もっと良い条件のものはないか」。常にそんな意識を持ち、最善のものを探し出すことが重要ですし、マネーリテラシーの高い方々はそうしていると思います。


南雲吉則

筋トレは、至って単純で退屈な作業です。当然、毎日続けるのは大変。逆に言えば、それを淡々と継続できる人はすごいということです。筋トレに限らず、木刀の素振りでもいい。単調で退屈な作業を毎日続けられたら、それは強い自信につながるでしょう。そして、人生で起こり得るどんなつらいことにも耐えられるようになるはずです。これがすなわち「鍛錬」というものです。運動の真の効用は、そこにあると思います。