名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

高橋新の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高橋新のプロフィール

高橋新、たかはし・あらた。日本の経営者。「アーレスティ」社長。アーレスティ取締役、アーレスティウイルミントン会長、アーレスティ専務、副社長などを経て社長に就任。

高橋新の名言 一覧

人が考え、生みだし、そして改善することでより良いものをつくることができる。ものづくりを支えるのは、高い意識と志の大きさ。そのためにも人材育成は大変重要。


「アーレスティなら信頼できる」といわれる会社になる。それが、当社の持続的な成長にもつながっていく。


グローバルなものづくりの一元化にはグローバルな人材育成が欠かせません。創業時からの技能を伝承する「グローバルRSTラーニング」、全拠点の技術者が一堂に会する「グローバル・カイゼン・ミーティング」、トレーナー育成、幹部候補生養成など、全拠点同一水準での教育と組織立った人材育成にことのほか力を入れています。


主力の基幹部品以外の車体や足回り開発の専門部隊を発足させました。新たな部隊は、各自動車メーカーの意図と求める機能を理解するとともに、アルミ化における市場動向や技術情報などを横断的に集約する独立チームとして立ち上げました。「とにかく出したくない、という人材を出せ」と号令をかけ、営業、設計、生産技術などの部各門から精鋭を集めました。


当社の強みは、グローバル展開を生かした「ワンプリント、マルチロケーション」。部品の共通化と生産拠点のグローバル化が進む自動車業界に対して、図面1つで同一製品を同一品質で各国に供給する体制があることです。それによりお客様は開発工数を削減できます。また日本も含めた各国工場間をクロスボーダーで相互補完でき、販売台数の増減による生産変動にもフレキシブルに対応できるのです。


高橋新の経歴・略歴

高橋新、たかはし・あらた。日本の経営者。「アーレスティ」社長。アーレスティ取締役、アーレスティウイルミントン会長、アーレスティ専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

佐藤益弘

投資に絶対はありません。利益が出るか、損失を被るかは、いわば確率論。確率を上げる一つの方法は、「分子を増やす」こと。つまり、数多くの経験を積んでいくこと。


山田洋太

新たな習慣は、「代替」「追加」「(良くない習慣を)削減」の順で取り入れていくと継続しやすい。


森辺一樹

先進国であれば、「品質がよければ当然価格も高い」が通用するが、新興国はそうはいかない。新興国では新興国に合った価格戦略が必要。


ケリー・マクゴニガル

成功の陰には、たくさんの失敗がある。今は成功者と呼ばれ社会で活躍する人たちも、失敗を経験しています。


土屋賢二

私は、夫婦は若い頃から、いくらか距離を置くほうがいいと思います。何でも一緒にしていると、二人は仲良し夫婦だと男は思い込みますが、それは錯覚で、おそらく妻は失望の連続だと思います。距離を置いて、妻が未知の部分を持っているほうがいいと思います。自分をあけすけに話さず、謎の部分を残すのです。少し離れたところから眺めていれば、夫の欠点は見えにくくなるし、勝手な解釈で、いいイメージを持ってくれるという期待も持てます。


池上彰

ネットの情報は便利ですが、まさに玉石混交。事実関係のあやふやなものや、偏った情報がたくさんあります。そこで大事なことは、最初に出てくるページの情報だけで終わらせないこと。1ページ目には肯定的な情報しか載っていなかったのに、3ページ目でようやく批判的な情報が出てきたり、ということも。そうして全体像が見えてくるのです。


カーリー・フィオリーナ

ときに上司は、部下を一人の人間として見ることを忘れてしまう。それと同じように、部下が上司に人間を見るのは難しい。どうしても地位や肩書で見てしまう。地位が上の人は、確かに手にするものは大きいかもしれない。しかし梯子を登るごとに、同じ人間として話せる相手が減ってしまう。そして確実に孤独になっていく。


佐久間俊行

業績を上げることはもちろん、新規事業や組織改革、サービスの質を上げるための スタッフ育成、そして、従業員の生活と幸せを守ることが私の役割です。


古俣大介

自分に才能がないと気付いてから絵を描くのをやめました。同時にモノづくりをする人たちを支援したいという気持ちが生まれました。


小池信三

結局は家賃と住宅ローンの比較です。当社のターゲットは35歳、年収560万円。子供もいて一番住宅を必要とする人たちに都心に4千万円台の住宅を提供しています。これなら住宅ローンも家賃と変わりません。家賃と同等で、しかも質の高い住宅を提供できれば、そこに住みたいという人は多い。


兵頭誠之

私が最初に配属されたのは中東の電力インフラを担当する部署で、当時は住友商事が弱い部門だから各地でほとんど相手にされなかった。それでも職場は活気があり、深夜3時、4時まで働いて、よく酒も酌み交わした。まさに体力勝負で、いつか見返してやろうという意気込みがあった。いまでは考えられない働き方だが、熱意がなければ困難な仕事を乗り切れないのはいつの時代も変わらない。


ニッキー・オッペンハイマー

祖父がアフリカに渡ったときは、財産らしいものは何ひとつありませんでした。それがダイヤモンドで財を成すことができた。アフリカに対する感謝と敬意は忘れることがありません。「Living up to Diamond(ダイヤモンドの輝きに恥じない行動をとる)」というのがデビアス・グループの理念ですが、それはまさに私のアフリカに対する思いなのです。