名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

高橋政史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高橋政史のプロフィール

高橋政史、たかはし・まさふみ。日本のコンサルタント。群馬県出身。著書に『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』『100のスキルよりたった1つの考え方で仕事が変わる』『必要な知識を15分でインプットできる速読術』。

高橋政史の名言 一覧

解決しない問題の多くは、ゴールが不明確なため、取り組むべきことが見えてこないのが原因です。まずは具体的な数字をあげてゴールを設定する。そして現状の重要な事実を3つほど抜き出し、ひとつひとつに、状況解釈と行動提案を見つけていく。そうすると問題が整理され、解決策が見えやすくなります。


相手を唸らせる企画は、ポイントが整理されているものです。そのためには不要なアイデアを捨てなければいけません。


使うもの、使わないもの、大事なもの、大事でないものに分けると、捨てるべきものが見えてくる。


仕事ができる人のノートには、ある共通点があります。それは、「アウトプット」につながる使い方をしていることです。


トヨタ自動車では企画書を紙一枚で提出させています。それは、ポイントを絞り、要点をおさえれば、企画書、報告書などは必ずコンパクトにまとめられるからです。


大切なのは一度深く掘り下げて、キーワードを書き出すこと。そのキーワードを絞りこんでいくことで、コンパクト化、シンプル化できる。


よくある失敗は、事実と解釈をごちゃごちゃにして考えてしまうこと。事実と解釈をしっかり分けて、理詰めで考えれば、効果の期待できる行動を導き出せる。


結果を出すために必要な行動を導き出すための思考プロセスは三段階。

  1. 「事実」を整理する。
  2. その事実からどんなことが考えられるか「解釈」する。
  3. 解釈したことから、どんな「行動」をすればいいか考える。

どんな仕事でも、アウトプットを生み出すには、「事実(得た情報)」を「解釈」して、「行動(アウトプット)」する、というプロセスを踏むことが必要です。


人の思考と行動は「フレーム(枠)」によって大きく左右されます。たとえば道路にセンターラインがなければ、クルマを直進させるのは難しいでしょう。書類では「フォーマット」と言い換えられます。運転と同じように、人間の思考もフレームやフォーマットに沿って進めることで、ブレを最小限にしつつ、情報整理を早くすることができます。


パソコンは膨大な情報に優劣をつけたり組み立てたりするのには不向きです。紙の上で問題提起し、情報を整理してから結論までの流れを導き出すのが、最もスピーディ。


私が外資系コンサルティング会社にいた頃、徹底的に叩き込まれたのは、ノートを使って考えること。書いた内容を上司が赤ペンで添削し、使い方を教えてくれました。難しい問題を解決するには、それだけノートを上手に使うことが重要だというわけです。


私は、これまで3万人以上のノートを見てきましたが、仕事で目覚ましい結果を出している人とそうでない人のノートには、明確な違いがあります。それは、「結果を出すために必要な行動」と、そこに至るまでの思考プロセスが、きちんと書かれているかどうかです。


生産性を大きく阻害している要素は「会議」「資料作り」、これら2つに関わる仕事。多くの企業を指導してきましたが、共通して、資料を作る際に、ムダな情報を詰め込み過ぎる傾向があります。そんな資料は手間も時間もかかるし、読み手にも負担をかけて、生産性を下げます。


図解するのは難しくて苦手だという人は最初から図にしようとするから難しくなってしまうのです。最初はまず、思いついたキーワードを書きだすことから始めるといいでしょう。書き出したうえで、同じグループに分類したり、優先順位をつけたりしていきましょう。そしてムダを省き、絞り込んでいき、最後にポイントをひとつに絞り込めばいい。そうすることで頭の中はどんどんシンプルになっていくはず。


大半の人は、必要な行動を導き出す思考プロセスを知らないか、知っていたとしても、頭の中でなんとなく考えているだけなのでしょう。低いレベルの問題を解決するだけなら、それでも十分に対応できるかもしれませんが、「新規商品の開発」や「不振事業の立て直し」のような難易度の高い課題を解決するとなると、そうはいきません。ノートを使って思考を整理しないと、効果的な行動を導き出せなくなります。


提案をするとき、2W1H(What=この提案はどのようなものなのか、Why=なぜこのような提案をするのか、HOW=どのように行うのか)をそれぞれ3つずつ挙げてください。「なぜこのような提案をするのですか?」と相手から尋ねられた時、「その理由は3つあります」と説得力を持って答えられるようにしましょう。


高橋政史の経歴・略歴

高橋政史、たかはし・まさふみ。日本のコンサルタント。群馬県出身。著書に『頭がいい人はなぜ、方眼ノートを使うのか?』『100のスキルよりたった1つの考え方で仕事が変わる』『必要な知識を15分でインプットできる速読術』。

他の記事も読んでみる

小出伸一

本気でダイバーシティに取り組まないといけない。企業として、様々な文化を受け入れるという多様性を持っておかないと、イノベーションは起きませんし、組織が官僚的になってしまう。風通しのいい企業であることも大切。


川名浩一

これまで米国市場で大きな実績がなかったのは、米国に多くの大手エンジニアリング会社が存在するためです。数年前までは、日本企業がノコノコ出向くわけにはいかないという意識が強かったんですね。ただ、今回の受注案件もそうですが、「米国でプラントを造ってほしい」というラブコールがかかり始めています。中東やアジアで、我々は改良に改良を重ねながら、常に最新鋭のプラントを造ってきた。米国でも最新鋭のプラントを造れれば、安いシェールガスを原料とした、競争力のある製品が生産できる。何より、顧客となるエネルギー会社の投資リスクを極小化できる。我々ヘの期待はそこにあります。


江藤愛

新人のときから、多くの番組に携わる機会にも恵まれました。ところが、新人にしても何もかもが下手すぎて。朝の情報番組を1年で卒業という形になるなど、同じ番組を長く続けることができなかったり……。私にできるのは、自分の力不足を反省しつつ、ひとつひとつの仕事をひたすら丁寧にやることのみでした。


ピーター・ドラッカー

全力を注がなければ、単に約束と希望があるだけで、計画はない。


名越康文

有益な交流はどんどんすべきです。人に会って触発されるのは本を何冊も読むのに匹敵する学びがあります。ただし、本当にお互いが高め合える相手、勇気づけられる相手、触発される相手と時間を過ごしているかをしっかりと見極めることです。あえていいますが、そこは「利用価値」にこだわっていいと思う。尊敬できるところがある、見習いたいなと思っている、一緒にいるとスカッと気分が晴れる。そういう人だけを選んで、有益な人づき合いに時間を使うことです。


渡邉美樹

東日本大震災は、仕事とは何かについても考え直す機会になりました。仕事とは、お金のためだけにするのではないというメッセージが報道からは伝わってきます。被災地で仕事を失った人たちは、仕事をしたいと言います。そこには、金銭的な問題もあるはずですが、それと同じくらい、社会と関わりたい、人の役に立ちたいという強い思いがあります。


セオドア・ルーズベルト

批判するだけの人間に価値はない。


福田秀人

上司が言ったことに対して、違った意見を言う場合は、「そうですね。でも……」という、肯定から入る「YES→BUT」話法を、身につけましょう。


伊東孝紳

小さいクルマでも儲かる会社になるための変革にも取り組んでいます。ただ、私にはすべてを一斉に進める腕力も能力もない。まず商品と技術から始めようと考えました。リードタイムが必要で時間がかかるけど、一番初めに変えなきゃいけないのは間違いなく商品と技術です。それが手元に来なくては、大多数のホンダの関係者は変化を身近に感じられないからです。


岡本太郎

挑戦したうえでの不成功者と、挑戦を避けたままの不成功者とではまったく天地の隔たりがある。挑戦した不成功者には、再挑戦者としての新しい輝きが約束されるだろうが、挑戦を避けたままで降りてしまった奴には新しい人生などはない。ただただ成り行きに任せて虚しい生涯を送るに違いないだろう。


ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

偉大な企業が道を間違い危機に直面する5段階

  1. 成功体験から生まれた自信過剰。
  2. 規律なき規模拡大の追求。
  3. リスクの危うさの否定。
  4. 救世主にすがる。
  5. 存在価値の喪失、もしくは消失。

安藤忠雄

企業のトップは秘書が何でもセットしてくれるので、ずいぶん社会を見る目がなくなってきていると思うんです。電車に乗らなければ社会が分かるわけがないでしょう。