名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

高橋恭平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高橋恭平のプロフィール

高橋恭平、たかはし・きょうへい。日本の経営者。昭和電工社長。神奈川県出身。東京大学経済学部卒業後、昭和電工に入社。ベネズエラ・アルミニウム工業、昭和軽金属、日本ポリオレフィンなどへの出向、モンテル・ジェイピーオー社長、モンテル・エスディーケイ・サンライズ副社長、サンアロマー副社長など関連会社を回ったのち、昭和電工常務、石油化学事業部長、石油化学事業企画部長、専務などを経て社長に就任。

高橋恭平の名言 一覧

「沈黙は金」では何も生み出さない。


小さくても組織を一人の社員に任せる。私がそうであったように、自分でリスクを取り判断する経験は、最高の教育現場になります。


新入社員それぞれに希望部署がありますが、現実には希望外の部署に配属されることも多い。すぐに自分がやりたい仕事をやれるとは限りませんが、長い人生、必ず役に立つことがあるでしょう。まずどんな業務であっても、懸命に頑張ってみることです。


私は昭和電工に入社以来、長らく子会社や海外との合弁会社などに出向して、本当にさまざまな業務に携わってきました。それまで経験していなかった営業をやらされて当惑したこともありますし、ともに働く人々がガラリと変わる都度プレッシャーを感じました。しかしいま思えば、会社が本人を見込んで配属しているのですから、それなりの意味が亜はずなのです。


私はたまたま社長という立場に置かれていますが、これは社員や顧客に対して大きな責任を持つ仕事を任されたというだけのことです。いまはその責務に対して懸命に働いています。


昭和電工の社長になってから積極的に若手社員に小さな組織を任せる取り組みを始めました。優秀な社員を事業部は手放そうとしませんが、会社全体を考えれば、多様な経験を積むことはプラスに作用します。


いまの若者は海外志向がないと言いますが、果たしてそうでしょうか。むしろ年配者がそう思い込み、若者に機会を与えていないことの方が問題であるように感じます。もちろん並々ならぬ苦労はありますが、それ以上に大きなものを得られるはずです。


ベネズエラの合弁会社出向時代、日本との通信手段はもっぱらテレックス。返信に数時間かかることもざらでした。本国と相談させてくれと言っても聞き入れてもらえず、会議の場で自ら判断して結論を出さなければいけない。もちろんやみくもに判断するのはダメ。では、どうすればいいのか。普段から日本企業側と密に連携を取ることです。細かな事柄まで報告し、こういう決断をしたと事後報告も欠かさない。そうしたやり取りを通じて、ここまでは自分で判断していいだろうという「枠」ができます。経験を積み重ねれば、信頼を得られ、枠も広がります。


高橋恭平の経歴・略歴

高橋恭平、たかはし・きょうへい。日本の経営者。昭和電工社長。神奈川県出身。東京大学経済学部卒業後、昭和電工に入社。ベネズエラ・アルミニウム工業、昭和軽金属、日本ポリオレフィンなどへの出向、モンテル・ジェイピーオー社長、モンテル・エスディーケイ・サンライズ副社長、サンアロマー副社長など関連会社を回ったのち、昭和電工常務、石油化学事業部長、石油化学事業企画部長、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

三田紀房

読者アンケートが毎週1位だった『ミナミの帝王』を徹底的に分析しました。それをマネて、ありえないことでも情感たっぷりに描いてハッタリをかます、今の作風に変えていったんです。そして結果が出て、アンケートが上位にあがり、『ドラゴン桜』などが生まれたんです。


ジェニー・ダロック

変化していく過程では、世代交代も必要。特に、新しい技術、新しい市場が発展する今は、その必要性を理解する若い人材を積極的に登用すべき。


澤口俊之

部下のタイプを見分ける際は、一度叱ってみて反応を見るのがベスト。「もう一度チャンスをください」と食い下がってくる場合は叱られて伸びるタイプ。落ち込んでその後のパフォーマンスが落ちるようなら、叱りすぎは禁物です。


森田隼人(シャボン玉石けん)

企業理念はしっかり根付いていて、向いている方向が変わらないので、事業承継はすんなりできたと思います。


石橋正好

経営では当たり前の考え方である「自己資本を増やす」こと。これこそが安定した収入を得て、将来の安心を得る近道です。


松本晃(経営者)

私は、外国企業との交渉ではまず、その交渉の性格を考える必要があると思っています。性格とは、この交渉が「両者が権利など何かを取り合うためのもの」なのか、それとも「互いが一体となって、両者の利益を増やそうとするウィン・ウィンのためのものか」といったことです。そして、性格を考えたうえで大事なのは、「交渉における相手の目的は何か」「自分たちの目的は何か」を分析することです。特に重要なのは相手の本当の目的です。カルビーとペプシコの提携交渉が10年間もまとまらなかったのは、カルビー側が「ペプシコは当社に出資したがっているが、下手をすると乗っ取られるのではないか」と恐れたことがひとつの原因でした。一方、私は、彼らの本当の目的が「世界有数の市場である日本で、世界一のスナック菓子メーカーらしい利益を上げたい」ということではないかと考えました。ジャパンフリトレーは利益こそ出しているものの、ペプシコの期待にはほど遠いレベルに思えたのです。


加藤壹康

企業において掲げられる数字には、コミットメント(達成責任)が伴うというのが私の考え方です。予算にせよ、ノルマにせよ、決まった以上は単なる努力目標ではなく、必達目標でなければなりません。


藤田晋

若い時に苦労している人は、逆境に強い。粘り強く最後まで諦めない姿勢で仕事に取り組む。そんな優秀な人ほど、自分を厳しい環境に置く。


豊田圭一

やる気が起きないときは、ダラダラと仕事をしてしまいがちかもしれません。しかし、これは悪循環のもとです。仕事のスピードが遅くなれば残業も増え、疲れてやる気が低下します。この悪循環を断つためにも、発想転換を図るべきではないでしょうか。好きになれない仕事なら「さっさと終わらせよう!」と思えばいいのです。


童門冬二

大切なのは、考えるだけにとどまらず、行動すること。


信太明

ここぞというときに集中力を発揮する習慣が身につくと、仕事の量や質は3~4倍は向上します。


永持孝之進

窮すれば通ずといいますが、それだけでは無責任。日頃の努力の積み重ねがなければ通ずる道は見出せません。