名言DB

9419 人 / 110788 名言

高橋宏(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

高橋宏(経営者)のプロフィール

高橋宏、たかはし・ひろし。日本の実業家。日本郵船副社長、郵船航空サービス社長・会長。新潟県出身。一橋大学商学部卒業後、日本郵船に入社。ニューヨーク支店勤務、オランダ・ロッテルダム首席駐在員、ドイツ・デュッセルドルフ首席駐在員、北米課長、本社営業第一部長、取締役、専務、副社長を経て、日本郵船の主力グループ会社郵船航空サービス(のちの郵船ロジスティクス)に移り社長・会長を務めた。そのほか、公立大学首都圏大学東京の初代理事長も務めた経営者。

高橋宏(経営者)の名言 一覧

商人にも徳はいります。大いにいります。一度失った信用は取り返すことのできないものですから。我々の国全体にいま必要なものは少欲知足です。


名を尊び恥を知るという「廉恥」の感覚などというものも、あれは教科書で教わるものではありません。まして偏差値教育で身につくものではないでしょう。そうでなければ、最高学府を出た高級官僚や大銀行のお偉方が、よりにもよって「ノーパンしゃぶしゃぶ」で醜態を演じることはできなかったはずなのです。私はあの人たちよりも賢かったとはつゆ思わない。しかし、学生時代から座禅を組んだり、柔道に熱を揚げたりしたのが良かったのかと思うのみです。


朝四時から四時半に起きる暮らしを始めて、20年ほどになります。これから空が白み始めようというとき、窓を全開にします。すると冷たい空気が部屋を満たし、体がシャキッとします。これが私にとって本を読む、物を書くのに絶好の時間です。


規律とか秩序は、修身の徳目だとして、いつからか日本人が顧みなくなったもので、しかも先人は、それを体で覚えよと教えていたと思うのです。座禅を組んだり、修行をしたり。体を一定の秩序のもと、緊張にさらすことによってしか、こういう徳は身につかないと昔の人は思っていたのではないでしょうか。人間、どうやらあまり進歩はしない動物のようですから、いまに当てはまる話でもあるでしょう。


濡れ手に粟という話はおかしいという気持ちが最期は勝った。そしてこういう判断は、理性とあまり関係がないということを言いたいのです。なぜなら話に乗せる方も乗ってしまった方も、理性や分別に事欠かない人なのです。だからこそ欲は怖い。少欲知足は難しいのです。私にしても傾きかけた自分を引き戻させたのは、頭の動きだったとは思えない。何かこう、背筋のむずがゆさとでも言いますか。
【覚書き|M資金詐欺をもちかけられた時を振り返っての発言】


手数料を1000億円払えば、9000億円が手に入る。あなたの私腹を肥やすためではない、会社のためです。そう言われて、心が動かなかったと言えば嘘になります。顧みて、手を出す、出さないは、実にきわどい選択だったと冷や汗三斗の思いです。しかし濡れ手に粟という話はおかしいという気持ちが最期は勝った。
【覚書き|M資金詐欺をもちかけられた時を振り返っての発言】


このごろ「小欲知足」ということをよく考えます。釈尊の言葉です。欲を少なくして足るを知るのが、幸福の要諦だと考えています。朝の充実感に身を浸していると、この言葉が浮かんでくるんです。そして、間違った道に踏み込まないでよかった、そうでなければこの充足は得られていなかっただろうなと思います。


高橋宏(経営者)の経歴・略歴

高橋宏、たかはし・ひろし。日本の実業家。日本郵船副社長、郵船航空サービス社長・会長。新潟県出身。一橋大学商学部卒業後、日本郵船に入社。ニューヨーク支店勤務、オランダ・ロッテルダム首席駐在員、ドイツ・デュッセルドルフ首席駐在員、北米課長、本社営業第一部長、取締役、専務、副社長を経て、日本郵船の主力グループ会社郵船航空サービス(のちの郵船ロジスティクス)に移り社長・会長を務めた。そのほか、公立大学首都圏大学東京の初代理事長も務めた経営者。

他の記事も読んでみる

進藤晶弘

心をこめてやれば、ごく小さな仕事でも光り輝きます。


大塚陸毅

ほとんどの人は何かにチャレンジした結果を見てほしい、評価してほしいと思っています。そこにどう火をつけるか、それが経営の最も大切な仕事ではないでしょうか?


山田佳臣

恐ろしいですよ。はっきり言って恐ろしい。国鉄の愚を繰り返さないように、ギリギリの限度を定めて試算をしています。
【覚書き|東京大阪間のリニア計画について語った言葉。莫大なキャッシュフローを稼ぐJRでも大きな負債を抱えることになるため、リニアの計画には細心の注意を払っているという趣旨の発言】


中川晶

夫婦間ではお互いに言い分や愚痴を言い合い、聞き合うことが大事です。即効性のあるアドバイスは必ずしも必要ありません。相手が「言えた」「表現できた」ことで満足する場合が多いので、「聞いてあげる」ことで十分なのです。


池森賢二

社内報では、経営の「理念」「戦略方針」から、「生き方・働き力」「仕事の目的」まで、私の思いを「書いて伝える」ことが多いですね。


生月誠

「TO DO/NOT TO DO」ノートをつけてみてください。ノートを開いて、右ページはあなたがやること、左ページは他人に任せることとし、あなたの仕事の「事業仕分け」をやるのです。一度線引きをしたら、ノートの左ページの仕事は絶対自分でやらないことを肝に銘じましよう。


山田敏夫

大量のシャツの在庫で窓がふさがれ、光が入らない1Kの部屋で寝起きしていた僕は、工場への支払い期日が近づくにつれ、追い込まれていきました。工場には200万円を支払う必要があったのですが、商品が売れないことには払うお金がない。だからといって、工場に損失を負わせる事態は何が何でも避けたい。そんな時、ふと脳裏に浮かんだのは、「行商」というアイデアでした企業でビジネススーツの「着こなし方」を教えるセミナーをやり、そこで商品を販売させてもらったら、在庫が少しでもさばけるのではないか。そう考え、「10社に10枚ずつ、計100枚を売る」ことを目標に、大手広告代理店や大手化学メーカーの総務部などに片っ端から電話をかけ、「スーツの着こなしセミナーを無償でやります」と売り込みました。当然、どの会社からも怪しまれましたが、そこでひるんでは負け。「ビジネスパーソンは、スーツをきちんと着こなせるようになると、大きな成果を出せるようになります。その着こなし方の基本を教えるセミナーを、今なら無償で行います。一度学んだら30~40年は役立つ知識ですよ」。こんな具合に担当者を必死で説得し、10社で無料セミナーを実施。目標通り、100枚を販売し、100万円の売り上げを手にすることができました。


澤上篤人

自分がバリバリと働きたい、成長したいという気概があるなら、一度、めちゃくちゃに勉強して、めちゃくちゃに働いてみろといいたい。世界には信じられないほど勉強して、働いてトップに登りつめていこうとしている連中がいっぱいいます。そこで競争するとものすごい成長ができます。


高岡本州

別に世界を席巻しようと海外へ進出するわけではありません。寝具には国ごとのスペックがないですし、薄いマットレスパッドですから輸送コストもかかりません。つまり、日本のメーカーが液晶テレビの優位性を保てなかったことと同じように、遠からず技術はキャッチアップされ優位性は失われてしまいます。だからこそグローバルに出て行かねば、やがて立ち行かなくなる。


豊島逸夫

敢えて誤解を恐れずに言えば、ディーラーはあまりお利口さんでは務まらない。これは個人投資家にもいえること。最近は情報過多で消化不良を起こし、頭でっかちになったアマチュア投資家が多い。筆者がスイス銀行のディーラーとして大きなポジションを張っていたときは、他人の意見には耳を傾けず、モニター画面のコメントも読まず、「唯我独尊」といわれようが、我こそが相場のことを熟知しているとばかりに振る舞ったものだ。今にして思えば生意気な若造そのものであったが、そのくらいの過信がなければ、大きなベット(賭け)など出来るものではない。皆に好かれるタイプの相場師など、お目にかかったことがない。