名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

高橋基治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高橋基治のプロフィール

高橋基治、たかはし・もとはる。日本の英語教育者。「東洋英和女学院大学」教授。

高橋基治の名言 一覧

フルマラソンを走る選手は、大会の前に42.195キロを何度も走ってみて、自分のペース配分をあらかじめ知っておく必要があります。TOEICも同じ。まとまった時間がなければ「今日は45分でリスニングだけやろう」「明日はリーディングを75分で」と区切ってもいいでしょう。


TOEIC受験者はテストの解法ばかりに目がいきがちですが、基礎力がなければ、解ける問題も解けません。500点台だと、高校レベルの英語を完璧に理解している人というのは案外少ないんです。基礎を徹底的に復習すれば、英文が見違えるほど読みやすくなります。


ビートルズをはじめ、洋楽好きだったことが、英語好きになったきっかけです。映画や音楽の海外作品のプロモーション、解説の執筆活動等にも積極的にかかわるようにしています。英語ができれば、チャンスは広がります。


TOEICなどのスコアが低い人というのは、そもそも英語と接触する時間が圧倒的に少ないケースがほとんど。英語に触れない日をできるだけつくらないよう心掛けるだけで、英語力はかなりアップします。英語は向こうから寄ってきてはくれないので、自分から仲よくする努力をしなければいけません。


『Time for kids』は、世界のニュースや興味深い最新の話題がわかりやすい英語で表現されています。大人のリーディング教材としても最適です。


せっかく問題集を買っても使い方を間違えている人が多い。一通り解いて答え合わせをして、そこで満足している。これはその時点の実力を測定しているにすぎません。そうではなく、特に間違えた問題に着目し、なぜ間違えたのかを把握。正しく答えられるようになるまで何度も何度も同じ問題をこなすことが大切です。時間をおいて再トライしたときに、スムーズに正解できるようになって初めて、実力がついたと言えるでしょう。ただ解くだけではなく、積極的に関わることが大事です。


高橋基治の経歴・略歴

高橋基治、たかはし・もとはる。日本の英語教育者。「東洋英和女学院大学」教授。

他の記事も読んでみる

江越弘一

私は元々小売業に興味があり、百貨店からも内定は頂いていたのですが、JR東日本が鉄道以外に力を入れていく話を聞き、入社を決めました。出来上がっている百貨店よりも、JRでゼロから始めた方が面白いと思ったのです。


岩崎弥太郎

創業は大胆に、事業を受け継ぐには小心で当たれ。


和田裕美

日経新聞を隅から隅まで読んで、みんなと同じ情報を持っていても、話は弾まない。それよりも、心に引っかかった「ワンフレーズ」や、「本に書かれていたエピソード」などを一つでもいいので覚えておいて、いつでも話せるようにしたほうがいい。一つでもすごく詳しく語ると、みんな感心して、「よく勉強している」と勝手に誤解してくれる。


苫米地英人

どうやって編す者から身を守ればいいのか。それは「ほどほどの欲」=「中庸」である。欲を強く出しすぎると前頭前野の働きが弱くなり冷静な判断ができなくなるからだ。いかなるときも「ほどほどの欲」に抑えることで、冷静さを保つことができ、騙す悪人から防衛することができる。これは不透明な時代を生き抜くビジネスマンにとって必須の考え方である。


嶋浩一郎

言葉の選び方に気を配る。人は話を聞いている途中で一度、「分からない」と思ってしまうと、後に続く話を聞かなくなる。さらに怖いのは、聞き手の中に1人でも話を聞かなくなった人がいると、その人の「これ以上、聞きたくない」という意志が伝染して、誰も聞かなくなってしまうこと。目の前にいるすべての相手が、スルスルと話を聞けるような言葉を選ぶようにしてください。


トマス・J・スタンリー

出費に見合う金を稼ぎ出そうと懸命で、投資に回すお金の余裕がないというのでは行き詰まりだ。将来値上がりの期待ができる投資物件や証券を買わないで、経済的に自立して老後を心配しないですむようになるのは無理と思った方がいい。将来、資産家になりたいと思うなら、住宅ローンは年間の現金所得の二倍以内に抑えること。それ以上の高い家は絶対に買っては駄目。


山極寿一(山極壽一)

私は、ドローンは烏ではなく、虫だと思っています。虫は烏よりも空中を自在に動き回ることができ、しかも静止できます。ドローンは、いわば大きな虫なんです。でも、虫になるためには軽さが必要。つまり、最大重量をどこまで軽くできるかが、ドローンが克服すべき課題なのです。ドローンを烏ではなく虫ととらえるように、発想には必ずヒントがあり、モデルがあります。それを探りながら嗅ぎ分けていく感性や直観力を、大学で鍛えなくてはいけないと思っています。


浦沢直樹

結局、何を描いてもいい、僕らの自由だから。その中での正解探しは、本当に大変ですよね。


島井哲志

時に、「酒やタバコでストレス解消になっている」と言い訳をする人がいます。また「ストレスのほうががんのリスクは高い」という人もいます。しかし、そういった場合の「ストレス」の使われ方には作為的なものを感じざるをえません。ストレス解消の方法は、酒やタバコ以外にもいくらでもあるからです。心理学を学んでいるのに、「飲酒や喫煙はストレス発散になる」という無責任な人たちもいます。酒やタバコに寛容な日本社会を見るにつけ、我々、心理学者がいかに力不足だったかを痛感します。


荒川詔四

反感を買うこともありましたが「いったん決めたら腹を据えて実行する」という姿勢は経営に必要。


弘兼憲史

若い人にとって、年配者の話は、「昔の話」「時流に合わない」と感じることもあるでしょう。しかし実は、豊富な経験を持った「ジジ話」には、普遍的なビジネスのヒントが多いものです。頭ごなしに否定する前に、一度自分の中に落としてみると、意外な気つきが見えてくるかもしれません。


堀義人

上場するというのは、パブリックなカンパニーになるということです。資本市場を活用して多くの資金を調達し、それによって買収などをしかけながら会社を大きくしていくことができるような人、日本だけじゃなくアジアや世界に飛び立っていくようなマインドを持った人を育成する場であってほしいと思うし、そういう人が上場してほしいと思っています。起業家として評価されたいというエゴや、お金が欲しいというだけで上場を考えるなら、株主や資本市場に対する冒涜です。