名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

高橋名人(高橋利幸)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高橋名人(高橋利幸)のプロフィール

高橋名人、たかはし・めいじん(高橋利幸、たかはし・としゆき)。日本のファミコン名人、ゲームプレゼンテーター。北海道出身。札幌フードセンター青果部主任、カルチャーセンター講師などを経てハドソンに入社。同社で宣伝を担当。高橋名人の名で子供達に親しまれた。

高橋名人(高橋利幸)の名言 一覧

私自身、わりと口下手で恥ずかしがり屋なのですが、そういう人間に限って、開き直れば強くなれる。


ブランドを残すのも大事ですが、それ以上に、働いていたみんながどうなるのかが大事だと思います。会社あっての社員ですが、社員あっての会社でもある。


今の企業には、さまざまな分野で名物社員がいらっしゃると思います。私が経営者の方々に伝えたいのは、彼らが紹介するのは所属している会社の製品でいいと思いますが、その活動以外の部分は、ある程度大目に見ていてあげてほしいなと思います。それが会社にとっても大きな成果をもたらすことになるかもしれないのですから。


何よりも、大成功した最大のポイントは、子どもたちが私をハドソンの社員だと認識していなかったことです。テレビ番組などでの自己紹介で「ハドソンの高橋です」と言っていたにもかかわらずです。私が紹介するゲームは、ハドソンタイトルに限定していましたが、子どもの勘違いが、「私が紹介するゲームは面白いんだ」というさらなる誤解を生んでいきました。


1986年半ばからは、各ゲームメーカーが「名人」を作ってきました。しかし、彼らと私の決定的な違いは、ゲームの攻略だけをするのか、それともゲームの攻略はもちろんだけども、それ以外の子どもが体験するべく遊びや運動なども勧めていたかの違いだと思います。対象相手が子どもだけであれば、ゲームの攻略法を直伝するだけで正しいと思います。しかし、それだけでは、家計の番人とも言える母親の賛同を得ることはできませんからね。


高橋名人(高橋利幸)の経歴・略歴

高橋名人、たかはし・めいじん(高橋利幸、たかはし・としゆき)。日本のファミコン名人、ゲームプレゼンテーター。北海道出身。札幌フードセンター青果部主任、カルチャーセンター講師などを経てハドソンに入社。同社で宣伝を担当。高橋名人の名で子供達に親しまれた。

他の記事も読んでみる

田原総一朗

経営者の中で印象深かったのは松下幸之助さん。松下政経塾を作られるときに話を聞きに行ったら、「あんた、どう思う?」と逆に僕の考えを聞かれるわけ。1時間ばかり話したけれど、ずっと熱心に聞いてくれた。そして家に帰ってきたら、「またぜひ話をしに来てほしい」と連絡をもらって改めて話をしに行った。こんな人は他にはいなかったね。


鍵山秀三郎

今の時代は、あまりにも結果を早急に求めすぎるためにテクニックに走り、じっくりと考える力や耐える力を養うことがおろそかになっています。人間として、一番大事な教育が欠落している。私には自分が根本から鍛えられる生き方をしない限り、自分の真の才能を見つけ出すことはできないのではないかと思えるのです。


高橋祥子

私は大学で生活習慣病と遺伝子解析の研究をしてきたのですが、自分一人がプレイヤーとして研究していくよりも、この分野を持続可能な形で発展させられるような仕組みを作れたら素晴らしいと考えたんですね。そこで辿り着いたのがジーンクエストのビジネスモデルです。これをビジネスとして導入すれば、研究成果を使ってサービスを提供しながら間違いなく生命科学の分野の研究を加速できるという確信がありました。


飯尾慶介

多少リスクを冒してでも決断のスピードがないとベンチャー企業は生き残っていけません。


尾山基

私はアシックス入社後、百貨店事業や、「ペダラ(ウォーキングシューズシリーズ)」の立ち上げを経験しています。そのときに伊勢丹研究所に入れてもらったんです。すると、彼らはものすごくしっかりやっている。「ハーヴェイ・ニコルズ(英国ロンドンの老舗百貨店)」には必ず定点観測に行くとか、今年は何色を差し色にするとか。店頭を明るくするために明るい色を入れるとか。びっくりしました。これを参考にして、当社のデザインセンターでは、東京都パリのファッショントレンドを全部、デザイナーに流しています。


北尾吉孝

リーダーに一番大切なのは一言で言えば情熱です。情熱を持っていなくては始まりません。


成毛眞

私は人生における運の総量は決まっていると思っていて、ギャンブルに運を使う人はビジネスに幸運が回ってこないと考えています。事実、これまで私が見てきた成功者でギャンブルする人は皆無に等しかったですから。


臼井健一郎

もともと「とんかつ屋」と差別化しようという発想はない。むしろ無いものを作りたいというのが当社の根本にあるので、それを作ったのが「かつや」なのです。ですから今でも常にほかにない業態を開発しています。


田臥勇太

オンリーワンになりたいという気持ちはあった。誰も通っていない道だったので、やってみなきゃ損だと。


新浪剛史

売上高4兆円は「必達目標」だといっています。ただ、単に4兆円に到達することに目標を置いているのではなく、そのためにどのように仕事のやり方を変えるか。そのことのほうが重要だと考えています。これまで通りのやり方では無理です。


布施一樹

いまは、一日がパーソナルデバイスによるメディアへの接触活動でスタートする時代。デジタルデバイスの発達によって、人が接触するメディアの種類が非常に細分化されている時代です。生活者の個々で接触活動が異なるため、企業側は非常に細かくマーケティングをしなければ自分たちのメッセージを伝えることができない。


菊池昭一(経営者)

日本企業の多くは経験や勘、自分たちが持っているデータの範囲内で営業活動をしていますが、当社の「マーケティングスコア」は、お客様の既存顧客から優良顧客を定義して、そのプロファイルを分析します。その結果を当社が持つ国内最大級の企業情報データベースに当てはめてスコア化することで、その優良顧客に似た有望な見込み客を抽出するわけです。このように科学的根拠のあるデータに基づいて戦略を立てれば、むしろ費用を抑えながら、より確度の高い効率的な営業活動ができるはずです。