高橋修司の名言

高橋修司のプロフィール

高橋修司、たかはし・しゅうじ。日本の経営者。「セイコーウオッチ」社長COO(最高執行責任者)CMO(最高マーケティング責任者)。東京都出身。早稲田大学理工学部卒業後、服部時計店(のちのセイコーホールディングス)に入社。セイコーウオッチ取締役、執行役員、常務、専務などを経て社長に就任。

高橋修司の名言 一覧

環境の変化自体はどうしようもありません。大事なのは、そうした外部環境の変化に負けずに勝ち続けられる、「強力なブランド」を築き上げること。


ユーザーとの接点を増やすために、世界に約75か所ある当社ブランドの専門店を、100店まで広げます。「いい製品を作れば売れる」という幻想は捨てて、独自の価値を丁寧に伝えていきたいと思います。


海外の時計愛好家から「日本刀のように磨き込まれた神秘的なデザイン」だと言われて、「私たちが自覚していない価値もあるんだ」と驚いたことがあります。


最大の課題は、商品が持つ「価値の伝え方」だと思っています。グランドセイコーは10年に海外展開を始めましたが、まだ販売のほとんどが国内です。当社の悪い癖かもしれませんが、性能やスペックばかりをアピールして、その製品を形作っている「人」や「文化」や「伝統」といった、本質的な価値を伝えきれていないことが一因です。


高橋修司の経歴・略歴

高橋修司、たかはし・しゅうじ。日本の経営者。「セイコーウオッチ」社長COO(最高執行責任者)CMO(最高マーケティング責任者)。東京都出身。早稲田大学理工学部卒業後、服部時計店(のちのセイコーホールディングス)に入社。セイコーウオッチ取締役、執行役員、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

秋元康

心掛けてきたことはソフトを重視してきたこと。他の業界、特に製造業系の人と話をしていると、多くの人がハードウエアの「スペック」を重視していると感じます。例えばテレビなら、4Kや8Kってこんな性能で、こんなにすごいんですよって最初に説明しますよね。でもその性能を使ってどうするのか、という視点が足りないのではと感じます。4K、8Kで何を見たいのか。そのソフトの部分が一番重要。


浮田勝弘

新聞やWEBから得た情報と、自分の目で見た情報の違いを感じたりしながら街中を歩いていると、結構な歩行距離になるので良い運動になっています。スポーツジムで走るより、街中を見ている方が刺激になります。


石田衣良

自分の人生のテーマを3つくらい見つけるといい。ひとつだけだとつまらないですからね。小さくてもいいから、折れない柱を3本くらいつくっておく。


久保田崇

どの仕事でもそうだと思いますが、自分一人で完結するものではなく、いろんな人が関わり、関係性の中から生まれる。とくにビジネスマンにとって上司の存在というのは大きい。味方につけておけば仕事をする上で損することはないはず。


芦田昭充

社員を巻き込んでいくためにはしつこさですよ。しつこいという言葉が悪ければ、熱意、情熱です。


酒巻久

なぜ私が利益を優先するのか、それには理由があります。儲かっていない会社は社内に緊張感がないんです。緊張感がない人間が開発に携わると不良品が出ます。利益が出る体質をつくり、現場が緊張感を持つようになってから研究開発をしても十分間に合います。結果的にそのほうが、効率がいいのです。


松永安左エ門

石炭は下がる、株はガラ(暴落)、シナでの事業も大赤字、自宅は火事と、悪いことが重なったが、逆境に落ちてみるとかねて潜んでいたひとつの人生観が頭をもたげた。人間本来の姿やあり方、自己と社会の関係、自分の趣味や学問などについてのかねての反省が、急激に頭をもたげてきた。30歳を超えた年齢のせいもあったろう。


奥正之

従来はお客様を銀行の都合で分けて担当させていただいていました。法人では大企業と中小企業の間を「壁」で仕切っていました。しかし、これはおかしいと考えたのです。それぞれの担当部署、スタッフはこのままではある意味、壁で区分けされた殻の中に入り込んでしまいかねません。壁を取り払った方が、効率的な事業展開ができるのです。


干場弓子

人生の転機やチャンスは、人が運んでくることがほとんど。出会いによって人生が変わる。


篠原菊紀

海馬でできた神経細胞は早く死にやすい。長生きさせるために、脳が「ややこしい」と感じる作業をする必要がある。例えば「全く知らない分野の本を読む」「電話番号を覚えて逆から読みあげる」……などです。ラットを使った実験では、複雑な経路を走らせるなど厳しいタスクを与えると海馬に生まれた神経細胞が死なず、神経ネットワークの中に組み込まれやすくなることが判明しています。


坂東眞理子

ひとつの文書に盛り込む用件は多くとも3つまでに絞りましょう。それ以上になると相手が混乱します。文書はできるだけ短く、簡潔な表現を心がけ、書き上げたら、誤字脱字がないか、必ず読み返します。クリックひとつで簡単に送信できるメールの場合はとくに注意しなければなりません。


カール・マルクス

人間が集団で生きていくにあたってもっとも肝心なことは、ひとりひとりの人間の柔軟な感性と個性に対応できるようなシステムが保証されていることである。


山本真司

20代後半のビジネスマンに会うと、「負け犬にはなりたくないんです」とこぼす人が少なくありません。彼らの多くは真面目で、ビジネススキルの修得にも熱心です。とくに「これをやらなければ勝ち組になれない」といわれるようなスキルを必死にマスターしようとしています。しかし、そうしたやり方では、いつまでたっても「勝てるという実感」は得られません。みんなが学んでいるスキルをいくら身につけても、差をつけられないからです。


森田隼人(シャボン玉石けん)

事業を発展、継続させていくには、人材が育つ環境をつくることが大事。


松井道夫

マイナスといわれているものをプラスに転じる発想をする。それくらいおめでたくないと経営者は務まらないですね(笑)。経営は絵と同じです。万人がいいとほめる絵なんて、たぶんつまらない絵です。


ページの先頭へ