名言DB

9412 人 / 110637 名言

高橋俊之の名言

twitter Facebook はてブ

高橋俊之のプロフィール

高橋俊之、たかはし・としゆき。日本のビジネスコーチ。東京出身。一橋大学法学部卒業、ミシガン大学でMBA取得。情報機器系ベンチャー企業を経て、グロービスに入社。グロービス執行役員、グロービス・マネジメント・スクール統括責任者などを務めた。また、同校で論理思考の講師を担当。インターネット上の知識創造コミュニティ「知恵広場」、英語教育の「英語シャワー」、「SCHOOL OF未来図」などを主催した。著書に『やりたいことを実現する実践論理思考』ほか。

高橋俊之の名言 一覧

論理思考はどうしたら身につくのか。一番必要なのは、「自分の頭で考えること」です。


最初から、「無理だ」と簡単に諦めず、やりたいことの実現に向けてとことん考え続ける。こういった経験を積むことが、思考力を高め、不可能を可能にするための近道ともいえます。


思考力が高まってくると、これまで不可能に思えたことも可能になったりします。「それってつまり?」「なぜ?」と物事を掘り下げていくことで本質がみえ、選択肢が広がってくるからです。


既存のフレームワーク(理論構造)を借りてきて、そのまま使ってしまう人が多いのですが、それでは考える力を鍛える機会を失っています。たとえ間違ったとしても、まずは自分の頭で考えることで、考える力が高まっていきます。


「物事の全体を構造的に捉えるよう」意識してみることが大切です。たとえば、営業マンが自社商品を採用してもらうための施策を考えるときに陥りやすいのが、「価格を下げれば売れる」「何度も足を運べばいい」などと、一番気にしていることの成果だけ挙げて終わってしまうことです。それを「購入に影響を与えている要素は何?」と、全体の構造をまず捉えるように考えていくわけです。


じつは、我々は普段の生活のなかで意外と考えていません。たとえば、他人に何かを説明するときについ、「普通はこうするよね」などと、「普通」という言葉を使ってしまいがちです。そこで、なぜそうするのか、理由をきちんと考えて説明する。これだけで考える力は少しずつ上がっていきます。


上司はたびたび「どんどん提案しろ」と言うと思いますが、それは言い換えれば「一段上の視点で見てやるべきこと」を「上司が受け入れやすいように提案しろ」ということ。そのように捉えておくと、自分のやりたいことも上司に通しやすくなると思います。


上司とうまく仕事を進めるためには、「上司の気持ち」のほかに、「上司の視点」を持つことが重要です。「上司が全然受け入れてくれない」という人の話を聞いてみると、自分の立場での最適案を考えてしまっているケースが多くあります。その提案を上司の視点から見ると、「それではほかのところで問題が起きる」「もっと先に取り組むべきことがある」という内容であることが少なくないのです。特にありがちなのは、優先順位を間違えた提案です。何かに力を入れれば、そのぶん、ほかのことができなくなるわけです。とりわけほかの人たちまで動かすような提案では、それだけ影響が大きくなります。


人にはいろいろな「スイッチ」があります。私は大まかに「やれる」「やりたい」「やらざるを得ない」の3つに分けています。この3つの条件がそろったとき、人が何かをする確率が高くなるのです。なお一般的には「やらざるを得ない」という状況に追い込むよりも、「やりたい」「やれる」と思える状況に仕向けるほうがいいでしょう。


より正しい内容であっても人から言われるのを嫌がる上司には、「提案」ではなく「相談」というやり方もあります。人は頼られると嬉しくなるものです。このやり方では、あえて結論は見せません。提案したいことに上司が行き着くような判断材料を見せ、「こんな状況なんですが、どうしたらいいでしょうか」と相談します。そして「そりゃ、○○だろう」と上司自身に言ってもらいます。それはあなた自身が狙っている結論ですから、「やはりそうですよね」と反応する。「しらじらしいな」と思われるかもしれませんが、結局、目的を果たせるなら、その方法が最善ではないでしょうか。


上司を説得するときのポイントは「タテマエの理屈」だけでなく「ホンネの理屈」まで押さえることです。人間の意思決定には感情がともないます。建前では会社にとって最適な決断をするべきであっても、上司も人間です。やったことがないとか、困難が予想されるとか、自分の以前の判断を否定することになる、といった場合、受け入れたくないこともあるでしょう。そういった「ホンネの理屈」を読み取り、それも踏まえて説得を行うようにすると、上司を動かせる確率が上がります。


高橋俊之の経歴・略歴

高橋俊之、たかはし・としゆき。日本のビジネスコーチ。東京出身。一橋大学法学部卒業、ミシガン大学でMBA取得。情報機器系ベンチャー企業を経て、グロービスに入社。グロービス執行役員、グロービス・マネジメント・スクール統括責任者などを務めた。また、同校で論理思考の講師を担当。インターネット上の知識創造コミュニティ「知恵広場」、英語教育の「英語シャワー」、「SCHOOL OF未来図」などを主催した。著書に『やりたいことを実現する実践論理思考』ほか。

他の記事も読んでみる

枡野俊明

世の中、思い通りに物事が進まない確率の方が高い。そうした現実に気づき、受け入れるには時間と経験が必要。


石川善樹

会社の仲間と飲み会に行くと上司の悪口を言って盛り上がりがちです。これはストレス発散しているつもりで、心の中でストレスを感じた場面を再現しているわけですから自律神経やホルモンバランスが再び乱れ、ストレスが倍増するだけ。社会的にも生産的ではありません。


熊谷正寿

インターネットの場合は特に、スピードが重要。いまや競争相手は世界中にいて、油断をすればすぐに抜かれてしまう。


鈴木信之(経営者)

これまでの常識、これまでの当たり前、前例という名の規律は、健全に疑い、必要ならば壊すということをしなければ、時代に取り残され、その組織は哀れな末路を辿らざるを得なくなる。


ジョセフ・バウアー

トップの後継者候補は複数育成すべきです。これはCEOの最も重要な仕事のひとつです。CEOが自らこのプロセスの陣頭指揮をとらない限り、後継者は育ちません。


阿部修平

実務的にも、ある会社の株を大量に取得した場合、短期間で売買をするのは極めて難しいんですよ。私たちが当初考えていた価値を、ほかの投資家が適正だと認めて買ってくれないと売却益が立たないわけですから。私たちが目指す「価値」は、市場における幻想ではなく、実質でなければならないのです。


本多均

創業時から今も心がけているのは、会社を楽しくすること。社員の幸せを最優先して、社員の能力と意欲を高める手助けをする。これが会社に好循環を生む秘訣だと思っています。


横山清

食品スーパーは全国チェーン大手がしのぎを削っています。にもかかわらず、なぜ北海道や北東北では当社が大手との競争で優位に立つことができているのでしょうか。それは創業以来、地域の消費者のニーズにきめ細かく対応した店舗展開をグループ全体で心掛け、それがお客様に受け入れられてきた結果だと考えています。


富田浩安

このビジネススクールで学んだことが後に日本で事業をやる上で、自分の血となり肉となっていきました。今でも覚えているのは、先生が出題した「もし、あなたが経営者で、自分の会社の工場で火事が起きた場合にはどうしますか?」というケーススタディです。その先生はこう言われました。「現場にすぐに飛んでいくという経営者は二流ですよ」と。現場に飛んでいかないで、まずはいま何をすべきかを考え、消防署や警察に連絡をする。最優先事項を全てやり終わった後、最後に現場に行くのが経営者だと。未だに身になっています。こういった本質を突いた課題解決策を学ぶことができました。机上の空論ではなく、実業に役立つことを学ばせてもらったわけです。ビジネススクールでは、私たちが社会に出て実業の世界に身を置き、経営者になったり、管理者の立場になったときに方向性を間違えず、成功するための考え方を教えていただいたと思っています。


伊藤彰(コンサルタント)

「上司の技を盗むことをうまくやれ」「俺の背中を見て覚えろ」という指導スタイルは、団塊の世代をはじめとする年配者や職人気質の技術者などに多く見られる。しかし、終身雇用制度が崩壊し、短期間での業務の継承が求められている現状では、この指導スタイルは非効率この上ない。一見、面倒に見えるが、新人に任せられるような仕事は言葉で説明し、計画に基づいて教え込んだ方が効率がいい。


原口博光(経営者)

新任の管理職たちには成功体験がありません。彼らが最大限に活躍できるよう、私自身が彼らに情報を発信することで、彼らの課題や悩みを直接吸い上げることに注力してきました。


金柿秀幸

会社が長く続くためには、基になる考え方を社員が共有することが大事。そのために、社長の私が率先して動いているんです。顧客に「子供と過ごす幸せな時間」を提供したいなら、私が実践できていないと説得力がありません。


小笹芳央

コンサルティングという業態的には、どうしても人材資源に依存する部分があります。そのため、いかに優秀な人材を惹き付け、その後のモチベーションをどう維持していくのかが大切になるので、顧客だけでなく自社でも色々な取り組みをしてきました。


中野裕哲

自己資金があっても、借りられるだけ借りておくことも大切。いざ資金繰りがつかない時に取り崩せばいい。また、借り入れはきちんと返済すれば金融機関の信用につながり、次に資金が必要になった時に借りやすくなる効果もあります。


佐藤富雄

脳には面白い特性があります。脳は騙されやすいのです。なぜなら、脳は現実と想像の区別がつかないからです。本当はそう思っていなくても「今日はとても楽しい」と口にすれば、脳はこの言葉の意味を読み取り、自律神経系がこれを現実化しようとします。想像上のことであっても、身体は現実のことと同じように反応します。こういった生理的な仕組みを理解して口ぐせを上手く利用することで、性格を変えることができるのです。