高梨臨の名言

高梨臨のプロフィール

高梨臨、たかなし・りん。日本の女優、ファッションモデル。千葉県出身。『GOTH』で映画初主演。その後、テレビドラマ、映画で活躍。高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞。

高梨臨の名言 一覧

大きな転機が訪れたのは、アッバス・キアロスタミ監督の『ライク・サムワン・イン・ラブ』に出演したときのこと。監督との出会いで、私の女優としての価値観が180度変わりました。監督の演出力というか、作品をつくる力は桁違いで、映画というものに対する尊敬や愛情が生まれ、女優としてやっていきたいという思いが一気に高まりました。

初めての映画なのにダブル主演のヒロイン役。事の重大さがわからなかった私は「いきなりヒロイン? ラッキー」という気持ちで撮影にのぞんだのです。が……、当然、そんなに甘い世界のはずがなく、挫折することになりました。何をやっても監督から「ヘタクソ!」と怒鳴りつけられ、自分でもヘタクソなのはわかるんですが、どうすることもできなくて。もうホントにムリだと思ったので、マネージャーに「やめたい」と伝えました。それでも監督から「できると思うから言ってるんだ」みたいに激励されたので、最後まで続けました。「ヘタクソ」以外にも、いろいろと厳しいことを言われたんですが、あまりにも厳しすぎたせいか、私が無意識に自分の記憶から消してしまったらしく、ほかに何を言われたのかは覚えていません(笑)。それくらいにつらい経験でしたが、女優として目覚めることができました。

高梨臨の経歴・略歴

高梨臨、たかなし・りん。日本の女優、ファッションモデル。千葉県出身。『GOTH』で映画初主演。その後、テレビドラマ、映画で活躍。高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞。

ページの先頭へ