高梨臨の名言

高梨臨のプロフィール

高梨臨、たかなし・りん。日本の女優、ファッションモデル。千葉県出身。『GOTH』で映画初主演。その後、テレビドラマ、映画で活躍。高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞。

高梨臨の名言 一覧

大きな転機が訪れたのは、アッバス・キアロスタミ監督の『ライク・サムワン・イン・ラブ』に出演したときのこと。監督との出会いで、私の女優としての価値観が180度変わりました。監督の演出力というか、作品をつくる力は桁違いで、映画というものに対する尊敬や愛情が生まれ、女優としてやっていきたいという思いが一気に高まりました。


初めての映画なのにダブル主演のヒロイン役。事の重大さがわからなかった私は「いきなりヒロイン? ラッキー」という気持ちで撮影にのぞんだのです。が……、当然、そんなに甘い世界のはずがなく、挫折することになりました。何をやっても監督から「ヘタクソ!」と怒鳴りつけられ、自分でもヘタクソなのはわかるんですが、どうすることもできなくて。もうホントにムリだと思ったので、マネージャーに「やめたい」と伝えました。それでも監督から「できると思うから言ってるんだ」みたいに激励されたので、最後まで続けました。「ヘタクソ」以外にも、いろいろと厳しいことを言われたんですが、あまりにも厳しすぎたせいか、私が無意識に自分の記憶から消してしまったらしく、ほかに何を言われたのかは覚えていません(笑)。それくらいにつらい経験でしたが、女優として目覚めることができました。


高梨臨の経歴・略歴

高梨臨、たかなし・りん。日本の女優、ファッションモデル。千葉県出身。『GOTH』で映画初主演。その後、テレビドラマ、映画で活躍。高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞。

他の記事も読んでみる

梁瀬行雄

年齢という秩序によって、人を整然と統治していくやり方に受け入れやすい点はありますが、年功序列が徹底しているのは日本くらいなものだし、その日本にしても戦後から近年に至るまでのごく一時期に徹底されていただけで、古往今来、年功序列がスタンダードだったわけではありません。


岡素之

ランチのみならず、朝8時半から30分、本部別に組織長に集まってもらって、テーマを設けて話し合っています。とにかく機会があれば、できるだけ多くの社員との対話を心がけています。


菰田正信

同じことを繰り返しやっていると消費者に飽きられますし、供給過剰になっていきます。大切なのは年々進化させることです。


塚本幸一

リーダーというものは、下に対して俺を信頼しろというのではなく、まず自らが下を信頼すること。すべてはそこからはじまります。


川久保公司

お客さまの利益にならないと判断すれば、思いとどまっていただくよう助言するのが当社の営業姿勢。


丹羽宇一郎

リーダーというのは、常に弱い人の味方でなければいけません。強い人は放っておいても生きていけますから、弱い人にも平等に機会を与えていく。そういう温かい血を養って、初めて人の上に立てるんです。


喜久川政樹

学生が当社の説明会にきた際には、必ず話しています。会社を好きになるのではなく、事業、つまり仕事そのものを好きになってほしいと。


チャールズ・クーリー

我々は、自分の容姿や身ごなしや、目的や行為や、性格や友達その他についてのなんらかの考えを、他人の心の中に想像し、その考えのいかんによってさまざまな影響を受ける。


橋本孝之

営業の工夫の仕方はいくらでもあります。これが感性なんです。感性を磨く努力を怠ると成長しません。


遠藤良治

仕事や人との巡り合わせを大事にすることで、多くのことが学べる。今振り返ると、その一つひとつの積み重ねが己の道になっている。


林野宏

以前はお客様をお迎えするスペースがありませんでした。そこで開放的な会議室を9部屋用意しました。当社はITベンチャー等との提携を積極的に進めています。彼らには未来と夢がある。彼らと一緒に発展していくためにも、こういうスペースが必要でした。


西岡利晃

一度、底を打ったら、上にあがるしかない。これまでのやり方じゃダメだというサインでもあると思う。自分が変わるチャンス。


寺尾玄

クリエイティブとは工夫のこと。工夫のないところに利益は生まれない。工夫こそが利益を生み出す唯一の源泉。


鳥井信宏

新商品は「千三つ」と言われます。千回挑戦して成功は3回という確率ですから、失敗を恐れずに挑戦すべきだ。


藤井孝一

あなたにも当然チャンスがあります。そのためにまずやっていただきたいのが1円稼ぐことです。わずか1円でも自力で稼ぐにはその仕組みが必要。つまり1円稼げれば、まずは最初の仕組みが完成したことを意味しますから、どんどん成長していけるんです。1円が数万倍、数十万倍の価値につながっていきます。1円の力を侮ってはいけません。


ページの先頭へ