名言DB

9412 人 / 110637 名言

高松信彦の名言

twitter Facebook はてブ

高松信彦のプロフィール

高松信彦、たかまつ・のぶひこ。日本の経営者。「トピー工業」社長。山口県出身。東京大学工学部卒業後、新日本製鉄(のちの新日鉄住金)に入社。ウジミナス副社長、新日鉄住金常務執行役員、トピー工業専務、社長などを務めた。

高松信彦の名言 一覧

カネと戦略さえあれば企業が発展するわけではない。社員一人ひとりの頑張りがあってこそ、企業は育つ。新日鉄住金時代、何度もそう実感しました。


雰囲気の良い職場を作るために私が大切にしてきたのが、「声を掛ける、話を聞く、相手に期待をする、感謝をする」の「4K」です。雰囲気の良い職場では、企業が育つだけでなく事故が起こりにくくなります。


これまで業界全体にとって厳しい時期が続きましたが、当社は不採算事業や不良資産を売却して財務体質を改善しました。今こそ次の100年に向け飛び上がる時。そのスタートを切るのが私の使命です。


1990年代前半、新日本製鉄室蘭製鉄所(当時)に赴任した時のこと。高炉を止める計画が一転、新会社を設立して存続させることになりました。でも急に業績が上がるはずもない。厳しい状況でした。そんなとき、高炉の担当者が私を呼び出しました。行ってみると、何やら自分たちで棒材を溶接して道具を作っている。買えば数千円くらいの道具を自作することで経費を削減していたのです。実は以前、彼らの出張を認める時、冗談半分に「出張には30万円かかるから1年くらいで取り返して」と伝えていました。それで「28万円分まで削減できました。あと2万円です」と言う。涙が出ました。結局、その年に出た20億円の利益の半分がこうした小さな改善の積み重ねでした。


高松信彦の経歴・略歴

高松信彦、たかまつ・のぶひこ。日本の経営者。「トピー工業」社長。山口県出身。東京大学工学部卒業後、新日本製鉄(のちの新日鉄住金)に入社。ウジミナス副社長、新日鉄住金常務執行役員、トピー工業専務、社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

田中仁(経営者)

企業の成長は広告宣伝とか表面的なことではなく、人であり商品である。けれども商品は人がつくるのだから、最終的には人がすべて。人を中心とした経営をして行かなくては長期的な成長はあり得ない。


北条重時

よく心得ている事柄であっても、大切なことは然るべき人にたずねてからするようにしなさい。古い言葉にも、知っている事柄も工夫して行なうのを礼という、とある。


大山健太郎

具体的な事例を話すと、みなさん引き込まれますね。商品の品質や機能、専門的な技術について話しても誰も興味を持ちませんが、なぜ我々がこのような商品を作ったのか、というストーリーがあると興味を持ってもらえます。


立花徹

複雑化するソフトウエア開発をよりシンプルに効率化することこそが、ベクターの使命です。開発の効率化によって生まれた時間を、お客様にとって、より重要な仕事(競争領域)に振り向けていただくことが重要になります。複雑な開発をシンプルに、それがベクターの役割だと考えています。


佐々木常夫

私は以前、自分の部下に「京レはあなたにとって最終の職場ではない」と言って、会社からクレームをつけられたことがありました。私は部下に転職を勧めたわけではありません。日ごろからスキルを磨いて、いつでも転職できる自由を手に入れておきなさいと言いたかったのです。たとえ相思相愛で入った会社でも、途中で合わなくなることは十分考えられます。そうなったときスキルという武器があれば、躊躇なく辞められるじゃないですか。


小倉広

ビジネスの場における緊急ではない重要事項には、業務改善、マニュアル化、社内外のコミュニケーション強化、人材育成、自己啓発などがあるでしょう。これらは「未来への投資活動」と「問題を未然に防ぐ予防活動」と言い換えることができます。


山口多賀司(経営者)

企業というのは人の集団です。特に当社の場合、工場があるわけではなく、技術とサービスを売っているわけですね。そうなると、営業にいくにせよ、サービスを提供するにせよ、人を育てて、その人たちにいかに働いてもらうかが大事になってくる。経営者の仕事というのは、それに尽きる。


松本恭攝

約3兆円の印刷市場を上位2社で半分を占め、残りを中小約3万社の事業者がひしめくピラミッド構造の業界に可能性を感じ、ラクスルを始めました。


久保田隆(経営者)

日本人の能力は極めて高い。ただ、停滞しているのがコミュニケーション能力です。どれだけビッグデータ全盛となっても、文書やデータだけでは相手の顔までは分かりません。メールのやり取りばかりで、最近は言葉に面白さや味わい、つまり「艶(つや)」がなくなっているのが気になります。商談においても、冒頭で笑いのひとつでも取って、相手に自分という人間を理解してもらう必要があります。


冨山和彦

若い頃は、自分の希望と合わない仕事を任されることも多いはずです。でも、一見ダサく見える仕事やつまらなく感じる仕事こそ、OJTの良い機会になると思って取り組んだほうがいいでしょう。


下村朱美

社員を見ても感じますが、ご両親の愛情に包まれて育った子は、逆境や苦労にも柳のようにしなやかに対処できます。逆に、ご両親との関係があまりうまく行っていない子は、考え方や生き方のしなやかさが足りず、固くポキッと折れてしまうように感じることがあります。そういう子たちには「あなたのことを大切に思っていますよ」「気に掛けていますよ」と伝えることが大切です。人は、誰かに大切にしてもらうことで、強く、たくましく生きていけるものだと思います。ですから、お客様に対しても「おせっかいと思われるくらい、お客様のお世話を焼きなさい」と伝えています。


城山三郎

若い医師から癌と宣告された。幸い一週間にわたる検診の最終結果は、若い医師の宣告とちがったものになり、私は命拾いした。それ以降、何でもない一日もまた、というより、その一日こそかけがえのない人生の一日であり、その一日以外に人生はないと、強く思うようになった。明日のことは考えず、今日一日生きている私を大切にしようと。


川野幸夫

人を育てるなんて言うと、口やかましく指導して鍛えるような印象を持たれるかもしれませんが、それは違います。むしろ、課題を与えることで、自分たちで考えてもらい、答えを見つけることが大事だと私は思っています。


松本大

「書く」ことの前提は「読まれる」こと。手紙もメールもコミュニケーションの手段であり、主役は相手なので、自分の感覚よりも読んでくれる相手の感覚に合わせるのが当然だと思います。どんな書き方を好むかは人によって違い、時候の挨拶から始まる改まった文章のやりとりを好む人もいれば、用件だけの短い効率的なコミュニケーションが好きな人もいます。メールや手紙など、どの手段で伝えるのがいいかも人によって異なります。まずはその見極めが大切。


本間道博

役員候補性が集められる経営塾で、最も重視されるのは人間力です。CIL(キヤノン・イノベーティブ・リーダー研修)から始まる研修の体系は人間力を鍛えるプロセスです。