高松信彦の名言

高松信彦のプロフィール

高松信彦、たかまつ・のぶひこ。日本の経営者。「トピー工業」社長。山口県出身。東京大学工学部卒業後、新日本製鉄(のちの新日鉄住金)に入社。ウジミナス副社長、新日鉄住金常務執行役員、トピー工業専務、社長などを務めた。

高松信彦の名言 一覧

カネと戦略さえあれば企業が発展するわけではない。社員一人ひとりの頑張りがあってこそ、企業は育つ。新日鉄住金時代、何度もそう実感しました。

高松信彦の名言|社員一人ひとりの頑張りがあってこそ、企業は育つ

雰囲気の良い職場を作るために私が大切にしてきたのが、「声を掛ける、話を聞く、相手に期待をする、感謝をする」の「4K」です。雰囲気の良い職場では、企業が育つだけでなく事故が起こりにくくなります。

高松信彦の名言|雰囲気の良い職場を作る「4K」

これまで業界全体にとって厳しい時期が続きましたが、当社は不採算事業や不良資産を売却して財務体質を改善しました。今こそ次の100年に向け飛び上がる時。そのスタートを切るのが私の使命です。

高松信彦の名言|今こそ次の100年に向け飛び上がる時

1990年代前半、新日本製鉄室蘭製鉄所(当時)に赴任した時のこと。高炉を止める計画が一転、新会社を設立して存続させることになりました。でも急に業績が上がるはずもない。厳しい状況でした。そんなとき、高炉の担当者が私を呼び出しました。行ってみると、何やら自分たちで棒材を溶接して道具を作っている。買えば数千円くらいの道具を自作することで経費を削減していたのです。実は以前、彼らの出張を認める時、冗談半分に「出張には30万円かかるから1年くらいで取り返して」と伝えていました。それで「28万円分まで削減できました。あと2万円です」と言う。涙が出ました。結局、その年に出た20億円の利益の半分がこうした小さな改善の積み重ねでした。

高松信彦の名言|利益の半分が小さな改善の積み重ねだった

高松信彦の経歴・略歴

高松信彦、たかまつ・のぶひこ。日本の経営者。「トピー工業」社長。山口県出身。東京大学工学部卒業後、新日本製鉄(のちの新日鉄住金)に入社。ウジミナス副社長、新日鉄住金常務執行役員、トピー工業専務、社長などを務めた。

ページの先頭へ