名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

高杉晋一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高杉晋一のプロフィール

高杉晋一、たかすぎ・しんいち。明治生まれの日本の経営者。三菱電機社長・会長。茨城県出身。東京帝国大学英法科卒業後、三菱合資銀行部(のちの三菱銀行)に入社。大阪支店に10年間勤務し証券係長、貸付係長などを経験したのち、本店の監査課長、日本橋支店副長、四谷支店長、大阪船場支店長、名古屋支店長を務める。その後、グループ内の三菱電機へ移籍、監査役、取締役、常務などを経て社長に就任。戦後の三菱電機の復興に尽力した経営者。その他、三菱経済研究所理事長、海外経済力基金総裁なども務めた。

高杉晋一の名言 一覧

それぞれの人の人生観なり哲学は、本人が意識するしないにかかわらず、その人が重大事態に直面したとき、行動となって現れるものだ。


運命学者が言うように、人間には自分の努力によって開くことのできる「後天運」というものがある。人間には知恵があり、考える力があり、さらにいろいろの教えがある。道徳は人間生活の破たんを未然に防ぐためにあるし、精神の救いには宗教がある。人間はこうしたものによってある程度自分の運命を開くことができる。


私はどんな人でも、その生涯で一度や二度は大きな運命を決めるような最後の一線があると思う。そのときはまずハラを決めて、断固たる決意で立ち向かうことだ。物語の中でも悲劇の主人公は、たいがい優柔不断な人間と相場が決まっている。


三菱電機では、終戦後まだ一度もストライキを体験していない。それは、会社が従業員の福祉を真剣に考えてきたということと、経営者が組合に嘘を言わず、組合もまた公正な態度で経営に協力してくれたからであった。その点、組合を邪魔者扱いしたり、あるいは組合のことは勤労部長クラスに任せっきりにしているような会社は、えてして労使間の紛争が多いようだ。


この難局を突破するためには全員総力を結集しなければならぬ。そのためには相互の信頼が第一である。経営者が嘘を言うのが一番悪いから、会社の内容は一切真実を語ることをする。待遇も会社の基礎を危うくしない程度においてできるだけ良くするようにしたい。諸君も会社の実業をよく理解してほしい。
【覚書き|終戦直後社長就任のスピーチで】


私は関君(のちに同社社長となった関義長氏)と相談して社の内外に社長適任者を求めることにし、労働組合に対しても「今度社長を置くことにした。候補者は何も現重役には限らない。社員の中からでも社外からでもいいから、諸君のいいと思う候補者を推薦してほしい」と協力を求めた。こんな例はおそらく三菱始まって以来であろうが、私どもとしては全従業員の協力なしで今後会社再建は不可能と見たので、あえて労組の協力を求めた。
【覚書き|太平洋戦争後、重役のほとんどが公職追放されてしまった当時を振り返っての発言】


私は電気に関する本を買ってきて読んだが、英法科出の銀行マンには雲をつかむようでさっぱりわからない。とうとう私は泥縄はやめることにした。そして将来とも技術のことはいっさい口に出さない方針を固めた。以来私は電気のことは何を聞かれても「わからない」で通してきた。後年何かの雑誌に「この社長ぐらい電気のことを知らない社長はないだろう」と書かれたが、事実だから仕方がない。いい加減なことを言うよりその方が間違いがない。
【覚書き|三菱銀行名古屋支店長から三菱電機に移った当時を振り返っての発言】


私は子供心に父が成功しないのは酒を飲んで暴れるからだと思った。事実、出世しそうになると、父は必ず酒でしくじっていた。私はこの父からひとつの教訓を得た。酒に飲まれてはいかんということである。社会に出てからもいつもそのことを自戒していた。だから私は酒を飲むと絶対に姿勢を崩さない。若いころは一升二升と飲んだものであるが、絶対に酒に飲まれることはなかった。父のおかげである。


いくら学問があっても、学問だけでは悟れるものではない。


天命は天の裁断であり、絶対に抵抗できないものだが、これを私は因果応報と見ている。つまり世の中には偶然というものは何ひとつない。森羅万象はことごとく原因と結果があって生生流転している。


世の中の人はそれぞれ思想も好みも違う。部下の意見を好んで聞く人もあれば、聞くのを嫌がる人もいる。人間というものは自分の個性を殺してまで人に迎合する必要はなかろう。なにごとも私心を挟まない限り、正々堂々と自分の意見を述べるのに遠慮はあるまいと思う。


私は常に「人生は最後の一線において勝負する」と考えている。どんな人でも、運命を決めるような最後の一線があると思う。その時はまずハラを決めて、断固たる決意で立ち向かうことだ。


高杉晋一の経歴・略歴

高杉晋一、たかすぎ・しんいち。明治生まれの日本の経営者。三菱電機社長・会長。茨城県出身。東京帝国大学英法科卒業後、三菱合資銀行部(のちの三菱銀行)に入社。大阪支店に10年間勤務し証券係長、貸付係長などを経験したのち、本店の監査課長、日本橋支店副長、四谷支店長、大阪船場支店長、名古屋支店長を務める。その後、グループ内の三菱電機へ移籍、監査役、取締役、常務などを経て社長に就任。戦後の三菱電機の復興に尽力した経営者。その他、三菱経済研究所理事長、海外経済力基金総裁なども務めた。

他の記事も読んでみる

上島昌佐郎

スペシャルティコーヒーをずっとつくってきた中南米の生産者が市場ニーズをきちんと理解しているのに対し、アジアやアフリカの生産者は、その辺の認識が薄かった。ですから私たちのほうから、どんなコーヒー豆なら買うのかという具体的な情報を伝えて、安定供給を実現するためにサポートすることにしました。市場のリアルな情報を提供することが、生産意識の向上につながると考えたのです。この課題は、アジアを中心に品質コンテストを積極的に開催し、評価されるコーヒー豆の品質基準を生産者間で共有できるようにしたことで解決しました。


柳井正

経営とは矛盾を解決することに尽きると思います。矛盾は解決できると思わないと駄目だし、矛盾解決が社長の役割です。


三木谷浩史

競合と戦っていくためには、今現在の土俵での戦い方を検討するだけでなく、「次世代」でいかに対抗するかも考え、より進化したサービスを先手を打って市場に投入していく必要がある。


渡辺広明

これまでは「日本の製品を世界に売りに行く」一辺倒だったものが、昨今では来日した大勢の外国人観光客が勝手に商品を掘り出してくれる。そういった新しいグローバル展開が生まれています。典型的な例がグミの「コロロ(UHA味覚糖)」ですね。もともと、日本企業の強みは、今ある商品をカスタマイズしてより良いものにする、ということだったと思いますが、その能力がいかんなく発揮された商品でしょう。


津村記久子

今の時代、大きな夢って持ちにくいじゃないですか。どかーんと大きな夢を立ち上げて、それに向かって邁進するというのはあまり現実的ではない。でも、目標管理ならできます。小さな目標をたくさん設定して、一つひとつそれを実現していけば、人生、そこそこの状態になっていると思うんですよ。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

道に従ってはならない。道なきところを行き、足跡を残せ。


植木理恵

頭のいい人と聞くと、図書館に本がずらりと並んでいるように、脳内に知識がみっちりと詰まっている様子を連想しますが、実はそうではなく、せいぜい本棚が5つから7つくらい。逆に言えばそれしか本棚がないから、整理整頓が行き届いて、必要な本を素早く取り出せるのです。


理央周

ルーティンワーク・タイプの人は、傾向として、「これはこうに決まっている」と考えがちで、思考の枠を取り払えないことが多い。その固定観念をなくさないうちは、自由に発想を膨らませることができず、成果につながりません。


後藤光正(マーケッター)

名刺は1枚である必要はない。つながりたい人、分野によって使い分けるのが効果的。


久米信行

社内で何かを実現しようとするとき、しがらみや慣例に縛られて、自由に動けないことがあります。しかし、顧客の声を代表するような社外の人とのつながりをうまく活用すれば、しがらみを突破することも難しくはありません。直属の部長や課長はこうした方法を嫌がるかもしれませんが、顧客目線で閉塞感を破れる人こそ、会社が必要としている人材なのです。


西任暁子(西任白鵠)

話し方は努力次第で上手になります。なかでも効果的なのは、人の話し方を真似てみるということです。


村井史郎

上海に工場をつくったとき、現地の幹部に「なぜ一番コストの高いところへ?」と質問されました。うちは土地もビルも自社で買うんですが、一時でなく根を下ろしたいからと答えました。「長期的には経済合理的」という考えもあるにはある。