高木文雄の名言

高木文雄のプロフィール

高木文雄、たかぎふみお。日本の官僚、弁護士。東大法学部を卒業後、大阪国税局長、主税局長、大蔵事務次官、国鉄総裁、横浜市の第三セクター横浜みなとみらい21の社長などを歴任。

高木文雄の名言 一覧

大阪梅田を皮切りにステーションビルをあちこちに展開した。「民業圧迫だ」と批判を受けたこともあったが、「皆さんの方が官業圧迫だ」と突っぱねた。
【覚書き:総裁として国鉄の経営再建にあたった時を振り返っての発言。多角化して収益回復しなければいけない時期にあった】


病院に入って、いろんな患者さんと一緒に暮らして、やはり自分の世界は実に小さいということがよくわかった。


高木文雄の経歴・略歴

高木文雄、たかぎふみお。日本の官僚、弁護士。東大法学部を卒業後、大阪国税局長、主税局長、大蔵事務次官、国鉄総裁、横浜市の第三セクター横浜みなとみらい21の社長などを歴任。

他の記事も読んでみる

藤田聰

出世をするためには、プロのアスリートと同様に「心・技・体」の基礎力を鍛えなくてはいけない。


ドナルド・トランプ

過ちや失敗を怖がるな。あなた自身のすばらしい何かをつくり上げる途上での、学習ツールになるからだ。


小宮一慶

預けられている純資産総額が増加しているかどうかも大切です。人気のある投資信託は純資産総額が増えているはずです。一方、パフォーマンスが悪く、損失が出ているような投資信託では、投資家がどんどん抜けて信託財産が減少しているでしょう。運用会社の純資産総額が減少している場合は要注意です。


三木谷浩史

学校を出ていきなり起業する必要はありません。先日、インドで会ってきた起業家たちの中にも、元グーグル、元フェイスブックという人たちがたくさんいました。そういう成長している会社で何年か経験を積んでからでも遅くはない。


澤田秀雄

ご存じの通り、ベンチャーとは「冒険」を意味する。然らば、ベンチャー企業にはチャレンジ精神が不可欠だ。私自身、大組織の歯車に甘んずるよりも、一人新しい冒険に挑戦していく方が好きだ。


東山彰良

キューバのレイナルド・アレナスという作家が本の中で「書くことは呪いのようなものだ」と書いているんですが、書くことに呪われてしまった人間は、書くことでしか心の平穏を取り戻すことができないと思います。だから若い人たちに作家になることをオススメできるかというと、微妙です(笑)。ただ、もしもなりたいという人がいるのであれば、「才能があるかないかは関係ない。とにかく書け!」と言いたいですね。


坂口安吾

人生はつくるものだ、必然の姿などというものはない。


松本晃(経営者)

その仕事が業績という目標に向かっている仕事なのかを、常に確認していることが大事なのです。


ジョン・スタインベック

弾圧は、弾圧される者を強くし、結束させる作用がある。


前田東一

成長のために欠かせないのが、私たち産業機械メーカーにとっては「技術力」です。技術力なくして成長は望めません。


山田真哉

「%」は真実を隠しやすいので、多用される傾向にあります。ですから、%で表わされた金額(「前年の○%増」など)は、できるだけ単体で判断せず、絶対金額にも注意したいところです。


スティーブ・ジョブズ

「自分はやがて死ぬのだ」と意識することは、私が人生で重大な選択をする際に手にしたツールの中で最も重要なものです。なぜなら、ほとんどのこと――外部からの期待、自分のプライド、屈辱や挫折への恐怖――こうしたことはすべて死に直面すれば消えてなくなり、本当に重要なことだけが残るからです。


トーマス・カーライル

人は、人間を着ているものを通して洞察せねばならない。そして、その人が着ているものを無視することを学ばなければならない。


今泉卓也

私の転機は最初の起業と挫折です。12年にCTO(最高技術責任者)としてゲーム会社の立ち上げに参画したのが、私の企業経営の第一歩でした。苦労しながら1本目のゲームを開発、発売して売り上げが立ったのですが、次のゲームが出る前に徐々に落ちてきてしまう。2本目を出してもやはり同じでした。苦しい中で人も次々に辞めていき、13年には解散を決断しました。しかし、ここで終わりたくないと思った私は、そのゲーム会社にも出資をしていたインキュベーターで、現在当社の社外取締役を務めている村田祐介に相談し、改めて起業して現在に至ります。


金田一秀穂

今の学生を見ていて、少し気になるのが、やたらと自虐的な言葉を使うこと。「どうせ、バカなんで」とか「僕らはゆとり世代ですから」とかね。成績が悪い訳でもない学生が、そんな言葉を使うのはやめなさい、と僕は注意します。なぜなら「言葉は人を縛る」からです。「俺はバカだから」なんて言っていると、本当にバカになってしまう。昔からこれを「言霊」なんて言うわけです。


ページの先頭へ