名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

高嶌幸広の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高嶌幸広のプロフィール

高嶌幸広、たかしま・ゆきひろ。日本のビジネスコーチ。千葉出身。千葉大学大学院文学研究科人文科学専攻修了。ビジネスマンや学生にコミュニケーションやプレゼンテーション、能力開発などについて教えている。武蔵工業大学非常勤講師なども務めた。主な著書に『話し方上手になる本 交渉・説得・プレゼンに自信がつく』『新リーダーへ!「説明・指示・対話が仕事の要です」職場を活性化するコミュニケーションの基本72』『話す力が身につく本 なぜか人間関係がうまくいく55の法則』など。

高嶌幸広の名言 一覧

説明上手になるための5つのポイント

  1. 説明内容を事前によく把握しておくこと。
  2. 言いたいことを明確にすること。
  3. 話しの組み立てを練っておくこと。
  4. 相手のレベルに合わせた語彙を使うこと。
  5. 事実・事例・たとえ話を何にするか決めておくこと。

説明が上手くなるためには説明内容を事前によく把握しておくことが重要です。自分でもよくわからないことを、相手に説明できるわけがありません。これは、説明上手になるための最低条件です。


メリットだけの説明は、全体像がつかめないので、胡散臭く感じるものです。デメリットを隠したい気持ちを抑えて、両面を話すよう努めましょう。


数字を絡めて説明すると、相手がイメージを描きやすくなります。たとえば、「発電設備をつくるには膨大な手間がかかる」ことを説明するとき、「申請書をつくるだけで三か月かかる。送電線ひとつつくるにもダンボール15箱分の書類が必要」と説明すれば、具体的にイメージが湧くでしょう。


本当に上手な説明とは、「論理的な流れ」と「具体的イメージ(事実や実例)」が有機的に絡み合ったものです。実例やたとえ話を随所に交えることで話に立体感を持たせ、聞き手がイメージを描きやすいようにする必要があります。


説明が上手くなるには、相手のレベルに合わせた語彙を使うことです。横文字や専門用語などは極力使わないこと。私自身は誰に説明するときでも中学生が聞いてわかるようにということを意識しています。


ビジネスの場では、予期せぬことを後輩や取引先に聞かれるケースもあるでしょう。そんなとき、私は相手に質問するようにしています。相手の回答を聞くうちに、説明の材料がそろってきますし、考えをまとめる時間稼ぎにもなります。何でもかんでも即答しなければいけない、とは限らないのです。その場で結論が出なければ、「これは難しい問題ですね。考えてからあとで答えます」と言えばいいのです。


ビジネスの場で、説明下手な人は想像以上に損をしています。仕事で大きな成果をあげたければ、人の心を動かすことが不可欠です。それには、まず相手に自分の話を理解してもらわなければなりませんが、説明下手の人はここでつまずいてしまうわけです。説明力はすべてのビジネスマンが絶対に身につけるべき能力といっても過言ではないでしょう。


高嶌幸広の経歴・略歴

高嶌幸広、たかしま・ゆきひろ。日本のビジネスコーチ。千葉出身。千葉大学大学院文学研究科人文科学専攻修了。ビジネスマンや学生にコミュニケーションやプレゼンテーション、能力開発などについて教えている。武蔵工業大学非常勤講師なども務めた。主な著書に『話し方上手になる本 交渉・説得・プレゼンに自信がつく』『新リーダーへ!「説明・指示・対話が仕事の要です」職場を活性化するコミュニケーションの基本72』『話す力が身につく本 なぜか人間関係がうまくいく55の法則』など。

他の記事も読んでみる

キャメル・ヤマモト

情報収集のときには、情報ソースの信頼度により慎重になってください。まず、その情報が事実(ファクト)であるか、意見であるかを見極めることです。事実かどうかを確かめるには、実際に現場に行ってみたり、その人に会ってみることも必要でしょう。また意見ならば、それがどの程度独創的なのか自分で評価しなければいけません。


pha

だるいは危険信号みたいなもの。無理な負荷をかけている時や本当は楽しくないことをしている時の反応なので、だるいに敏感になった方がいい。


田原総一朗

当事者から話を聞く、一時情報源に迫るといっても、電話は駄目です。最近、新聞記者やテレビスタッフの取材力が落ちたのは、携帯電話のせいだと思う。政治家の携帯に電話して取材した気になっています。携帯電話は直接本人とつながるから、当事者から取材した気になってしまうのでしょう。しかし、電話なんかで政治家が本音を言うはずがない。


山本真司

30歳までに受動的に学んだ知識を、40歳からは自分なりに再統合し、それをベースに独自の主張ができるようになること。40代では、自分の主張がある人と、受け売りしかできない人では明らかに差がつきます。


ジョン・F・ケネディ

人類は戦争を終わらせなければならない。でなければ戦争が人類を終わらせるだろう。


松下幸之助

自分でいろいろ考えてみて、人にも聞き自分も考えてみて、そして自ら悟るものを持たないといけません。経営というようなものは教えられないものです。


江川達也

誰もが天才になることはできませんが、ある程度、努力でも差を縮めることは可能です。公式というルールがありますから、それを発見して使いこなすことができれば、仕事を効率的に進めることができます。だから、スピードは確実に上がるのです。


岡島礼奈

(資金調達は)いまのところ個人投資家さんが多いですね。私たちはもちろんビジネスにするつもりです。それだけじゃなくて、いままで軍事で中心だった宇宙空間を、日本のスタートアップがエンターテインメントで平和利用しようとしているのが面白いといって応援してくれる投資家さんも多いんです。


仲暁子

週に1回、様々な部署の社員3人と私がミーティングルームでランチを食べながら話をし、社員たちの質問に答える、という「カルチャーランチ」を実施しています。経営陣やマネジャーとメンバーの間の「縦の断絶」、そして、異なる部署問の「横の断絶」を解消するという2つの狙いによるものです。組織の問題って、意外と勘違いによるものが多いので、コミュニケーションの総量を増やせば問題は必ず解決できる。そう信じ、いくら多忙でも続けている習慣です。ビジョンやカルチャーが浸透していくとともに、組織の意思決定スピードが格段に上がってきたのを実感しています。


堀場厚

課題もある。急速なグローバル化に経営側が追いついていない。海外業務を経験した日本人をどんどん日本に呼び寄せており、いまは日本の社員の3割、役員以上だと9割以上に海外駐在経験がある。記事にはならないけど、実は10年前から英語で会議している。次のステップとして、外国人を日本の本社のボードメンバー(役員)に入れる必要が出てきた、と考えている


奥村綱雄

私は右から左へとすぐに間に合う重宝な男ではなかったと思うが、不思議なことに、いざというときに一種の動物的な総合カンが働くようである。そのおかげで、今日までどうやら大道を見誤らずにやってこられたと思っている。


井上英明

私は仕事でパソコンを使いません。思い浮かんだアイデアなどは、基本的にノートにすべて書き込みます。パソコンは、自由な発想を阻害すると考えるからです。過去15年でノートの数は255冊にもなりました。週次の売り上げなど経営データもノートに貼って管理しています。