名言DB

9412 人 / 110637 名言

高嶋由美子の名言

twitter Facebook はてブ

高嶋由美子のプロフィール

高嶋由美子、たかしま・ゆみこ。「国連UNHCR協会」事務局長。英国エセックス大学政治学科卒業、学習院大学政治学科研究科博士後期課程満期退学。学習院大学大学院在学中、外務省の国連機関派遣制度(JPO)によりUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)に派遣される。その後、UNHCR職員になり、難民の支援活動に尽力した。

高嶋由美子の名言 一覧

やりたい仕事が見つからないという人も多いけれど、やってみないと好きか嫌いか分からない。


難民が自立して、私たちの仕事がなくなることが、本当は一番の望み。


チームが一番重要なので1+1が5や6になるように考えます。人の弱い部分を指摘するのではなくて、良い部分を生かして、全体のバランスでカバーして、チーム力を強めていくのがいいと思います。


リーダーという立場なので私がイライラしていると周りにも影響がある。プレッシャーの強い仕事なので、基本的にいつも楽しくしていよう、話しかけやすいようにしようと心がけています。


高嶋由美子の経歴・略歴

高嶋由美子、たかしま・ゆみこ。「国連UNHCR協会」事務局長。英国エセックス大学政治学科卒業、学習院大学政治学科研究科博士後期課程満期退学。学習院大学大学院在学中、外務省の国連機関派遣制度(JPO)によりUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)に派遣される。その後、UNHCR職員になり、難民の支援活動に尽力した。

他の記事も読んでみる

永井浩二(経営者)

お客様にいかに楽しんでいただくかが大事。まわりの人を慮る、どのような場面でも相手を思い気遣うことが最高のマナー。


安藤広大

部下に好かれようと思うな。部下と上司は見るべき「時間軸」が違います。上司には、担当事業の未来を見据えた意思決定と責任が求められる。「今、部下に好かれること」よりチームや彼らの未来にコミットしなければいけません。部下が上司の指示の必要性に疑問を持ったり、厳しく指摘される事を嫌がったりしたとしても、それが未来に必要だと判断すれば迷わず進めないといけません。幼い頃、厳しかった先生に、今は感謝しているという経験は多くの人がされていると思いますが、それと同じです。


太宰俊吾

同じ東洋人といえども、ここでは日本人の常識は通じないことを悟りました。
【覚書き|インドネシア法人社長を務めていたときを振り返っての発言】


ジョン・ハウ

人々はなんと愚かなことか。一度に命を投げ出すことはひどく恐れるくせに、命を毎日少しずつ切り捨てていることに無頓着とは。


ケリー・マクゴニガル

自分の経験を書く行為というのは、ヒーリング効果が最も高いやり方なんです。感じていること、起きたことを「言葉にする」ことは、癒やしの効果があると、研究で分かっています。そこで大事なのは、「感じていることをただ綴る」ということです。この時に注意しないといけないのは、「あの時は大変だった、でもよかったんだ」というところからスタートしないということです。「自分にどんなに辛いことが起きたのか」ということを受け入れながら、「ありのままに自分が感じたこと」を書くことが大切です。何度も書いていく中で、自然発生的に前向きなエネルギーが生まれてくるのです。


岩田彰一郎

2000年代は資本市場という鏡だけに綺麗な姿を映すことが上場企業の経営者にとって重要でした。しかし、正面の鏡だけではなく、従業員や社会といった横からの鏡を見ると、弱冠、微妙な形になっていたと感じたのです。やはり「三方良し」の考えが大切で、前からも横からも、三面鏡に綺麗な姿を映すべきだと。


樋口武男

スローガンを掲げる上で重要なのは、誰にでも分かる平易な言葉であること。そして、意識すればどの社員でも取り組める内容にすることです。


川口盛之助

ビジネスとは「市場が求める価値」を仕様に翻訳し、その提供手段のコストパフォーマンスを最適化する行為と言えるでしょう。ここで重要なのは世の移り変わりとともに、その市場も手段も変化するということです。


松尾豊

この7年ほどは基本的に国の研究費をもらわないというスタンスで取り組んできました。この理由は、日本の財政は徐々に厳しくなりますから、研究費はこの先削られる可能性が高いと考えました。もう一つは、年功序列があり、研究費がどのくらいもらえるかは年齢の関数になっています。そう考えると、私が進めているAIの世界で大きな研究費をもらえるようになるのは、私が50歳になってからになってしまいます。しかし、そこまで待っていたら、私はおそらく勝負できませんから、今の仕組みではないところで勝負しないといけない、と。


伊藤洋一(エコノミスト)

講演などをしていて思うのは、相手の話をちゃんと聞いたうえで質問してくれる人は、それが伝わるということ。独りよがりではダメで、相手の話と自分の持っているものを照らし合わせて、でもここがわからないというところを質問すると良いでしょう。


坂戸健司

整理を無理なく続けるには「とりあえず」というゆるさが大切ですが、「とりあえず」が多すぎては結局片付かないことになってしまいます。「なんとなくとっておきたいもの」を処分できるかどうか、それが整理のブレイクスルーポイントとも言えるでしょう。


しりあがり寿

ずっとサラリーマンと漫画家の「二足のわらじ」生活を続ける選択肢もあったと思います。漫画家としても、サラリーマンの世界を知っていることは大きなメリットでしたし、一方、会社でも「マンガが描ける人」ということで、いろいろなプロジェクトに参加させてもらえました。でも、徐々に「どちらも中途半端になってしまうんじゃないか」という思いが芽生えてきたのです。当時、吉田戦車さんのような新しい漫画家が出てきて、このままでは取り残されるという危機感もありました。一方、会社でキャリアを積むためには、地方への転勤も覚悟しなければならない年代に来ていました。どちらかの自分を「リストラ」しなければ、すべて中途半端になってしまう。そう思い、36歳のときに独立を選んだのです。


有田秀穂

眠りとストレスは密接に結びついています。ストレスを溜め込むと、寝つきづらく浅い眠りになります。加齢により熟睡度が低下するのは事実ですが、40代は本来、まだまだぐっすりと眠れる年代。もし、深夜2時~3時になっても寝つけないようであれば、ストレスを溜め込んでいる可能性もあります。


村上憲郎

どんな場におかれていても、自分に与えられた役割を考え、仕事の意味に気づける人ならチームに貢献できるはずです。すると、ヘッドハンターが「これは」と思えるような職務経歴書をつくれるわけです。


滝久雄

モラルのある価値観と能力なくして、ITを利用したビジネスをする資格はないと覚悟すべきだ。