名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

高嶋政伸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高嶋政伸のプロフィール

高嶋政伸、たかしま・まさのぶ。日本の俳優。東京都出身。成城大学文芸学部芸術学科卒業。映画、テレビドラマ、舞台で活躍。文化庁芸術祭優秀賞を受賞。

高嶋政伸の名言 一覧

カメラの前に立てば勝負。共存共栄も大切だけど、相手に勝つって気持ちがなかったら、芝居はできない。


好きな言葉は「夢はでっかく焦らずに」。僕のでっかい夢とは、いまも映画を作ることです。


大学生時代、自主制作映画の編集費で280万円の借金を背負い、途方に暮れたことがあります。親には頼りたくないというプライドと、普通のアルバイトでは到底返しようのない額に頭を抱え、医学書用の「腕の骨が折れる瞬間の撮影モデル」なんてアングラなバイトに手を出すか真剣に悩んでいました。いまでもテロリストのような悪役を演じるとき、この頃のことを思い出しますね。もし、あのとき、黒スーツの裏稼業の人が現れ、「このスーツケースを横浜まで運んだら、100万円」なんて誘われたら、中身のことなど考えずに引き受けていたはずで(笑)。ドラマや映画の悪役が、なぜその道に足を踏み入れたか。最初の一歩の気持ちが理解できるんです。


高嶋政伸の経歴・略歴

高嶋政伸、たかしま・まさのぶ。日本の俳優。東京都出身。成城大学文芸学部芸術学科卒業。映画、テレビドラマ、舞台で活躍。文化庁芸術祭優秀賞を受賞。

他の記事も読んでみる

ドナルド・トランプ

最高の人材を雇え。ただし、決して彼らを信用するな。


宗次徳二

CoCo壱番屋1号店をオープンし、引退するまで、「どうしたら、もっとお客様に喜んでいただけるか」だけを考えてきました。おかげさまで2004年には1000店を超え、多くのお客様に「ココイチ」のカレーを楽しんでいただいています。


中野幸治

現在、日本洋酒酒造組合は、酸味料や着色料を添加せず、梅と糖類、酒類のみで造る梅酒を「本格梅酒」とする基準を作り、和歌山県も「本格梅酒」のPRに力を入れています。昔ながらの梅酒と添加物を使った梅酒を差別化することで、梅酒のブランドづくりや、原材料の青梅の需要拡大につなげているのです。


荻田伍

景気が悪い、天候が不順だ。ビールが売れない理由はいくらでも探せます。しかし、できないと考えたら、それに引っ張られて行動もできない方へ流されます。売れない理由を考えるからなお売れなくなる。そんな負のサイクルに陥らないように、まず「できる理由」を考えるのが私のやり方です。


冨安徳久

「業界の常識は非常識」と考えると新たなビジネスチャンスが生まれる。


小松易

片づけは整理から、つまり不要なモノを捨てる、減らすことから始めます。そして整理の基本動作である「出す→分ける→減らす→しまう」の4つのステップを意識します。

  1. 文房具の入った引き出しをかたずける場合、まず引き出しの中身をすべて出します。
  2. 次に、過去一か月を振り返って、使った文具と使わなかった文具を分けてみてください。使えるかどうかを基準にしていてはモノは減りません。
  3. 実際に使った文具だけを取り出していくと、おそらく10分の1くらいに減るでしょう。残り10分の9は捨てます。
  4. あとは外に出したモノをしまいます。

この4つの基本動作を回していけば、誰でもスムーズに片づけができるはずです。


菊間千乃

夢を夢で終わらせないために努力し、現実を実現していくために自分も目標を立てて、4年のスパンで、私なりの人生を考えました。その目標から考えて、では来週までに何をすべきか、明日は、そして今日は何をすべきか。そうしていくことで、自然と夢につなげていこうとしました。


森本雄司

ルミネは(JR東)グループの商業開発を担う中核会社です。グローバル展開や地域との連携などを率先していく役割があります。安全より挑戦を重視しながら、蓄積するノウハウをグループ各社に伝えていきたいと思います。


中野裕哲

値引きを考えるより、付加価値を上げることを考えるべき。例えば、その商品を使えば悩みごとが解決できるターゲットを考えてアピールするなどです。


高島宏平(髙島宏平)

魚は山の中で買うと価格は高くなる。それは当然、輸送コストがかかるからですが、商売が成り立つのは、山の消費者が「ここまで持ってきてくれた」という行為に対価を払う気持ちになるからです。価値をもっとつけて、それをもっと伝えることこそ、本来的に企業がやるべきことだと考えている。


ビル・ゲイツ

我々次第で会社がつぶれる可能性さえあるということを、常に念頭に置きながら毎日会社に来ている。常に気を引き締めて、重要な変化をもたらす革新的な研究に長期的な投資をしなければならないと考えている。


井上尚弥

父親を専属のトレーナーにして、「強い選手と戦う。弱い選手とは戦わない」という条件付きで横浜の大橋ボクシングジムに入門しました。だって、弱い相手と戦ってもしょうがないじゃないですか。強い相手と戦うことで、自分も成長できるし……。何よりも、試合内容で会場を盛り上げていけるような選手になっていきたかったんですよ。