名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

高嶋政伸の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高嶋政伸のプロフィール

高嶋政伸、たかしま・まさのぶ。日本の俳優。東京都出身。成城大学文芸学部芸術学科卒業。映画、テレビドラマ、舞台で活躍。文化庁芸術祭優秀賞を受賞。

高嶋政伸の名言 一覧

カメラの前に立てば勝負。共存共栄も大切だけど、相手に勝つって気持ちがなかったら、芝居はできない。


好きな言葉は「夢はでっかく焦らずに」。僕のでっかい夢とは、いまも映画を作ることです。


大学生時代、自主制作映画の編集費で280万円の借金を背負い、途方に暮れたことがあります。親には頼りたくないというプライドと、普通のアルバイトでは到底返しようのない額に頭を抱え、医学書用の「腕の骨が折れる瞬間の撮影モデル」なんてアングラなバイトに手を出すか真剣に悩んでいました。いまでもテロリストのような悪役を演じるとき、この頃のことを思い出しますね。もし、あのとき、黒スーツの裏稼業の人が現れ、「このスーツケースを横浜まで運んだら、100万円」なんて誘われたら、中身のことなど考えずに引き受けていたはずで(笑)。ドラマや映画の悪役が、なぜその道に足を踏み入れたか。最初の一歩の気持ちが理解できるんです。


高嶋政伸の経歴・略歴

高嶋政伸、たかしま・まさのぶ。日本の俳優。東京都出身。成城大学文芸学部芸術学科卒業。映画、テレビドラマ、舞台で活躍。文化庁芸術祭優秀賞を受賞。

他の記事も読んでみる

岩井俊憲

評価軸が他者にある人は、他者からどう注目されるか、他者が自分に何を与えてくれるかが気になる。それは自分の人生という名のクルマのハンドルを他人に渡していること。まずは自分のことは自分で決めると決意することが大事。


中西宏明

きちんとしたグローバルポジションがつくれる展望のない事業は、いずれおかしなことになります。だから、売るか、どこかと手を組むのか、そういうことを考えないといけません。事業統合なんて日常茶飯事ではないですか。


高橋淳(経営者)

最も重要な安全・安心に関わる部分はマニュアルにしていますが、そうでない部分はスタッフが工夫しながら運営していく余地を残しています。


森内俊之

ミスを恐れずに挑戦者の気持ちで指し、ミスを繰り返さないことが大切。そのために必要なのは、1回目のミスを許容する余裕。ちょっとくらいいいかと受け止め、意識を転換させる。すると結果的に、それがミスを減らすことにつながる。


小林靖弘

私はリクルートで非常に多くのことを学ばせてもらいました。その中でも素晴らしい上司に囲まれて仕事ができたことは大変ためになったと思います。よく自分の仕事が分からないときにどうしたらいいのかと上司に聞いていたのですが、その時逆に「お前はどうしたらいいと思う」と聞かれるのです。そして私が胸を張って答えると、「それならやってみろ」と言ってくれるのです。毎日この繰り返しで過ごしていましたので、自発力といいますか、言われたことを鵜呑みにするのではなく積極的に自分でものを考え、行動するという癖が身につきました。そのようにして仕事とは作り出すものということを教えられたのです。


髙松修身(高松修身)

礼を尽くしてこそ礼を返してもらえる。そしてその返された礼に報いてこそ本物のまごころが生まれる。


ティモシー・フェリス

忙しがっているだけの無意味な仕事をやめ、意味のある仕事に取り組むようにする。それによって仕事量は減り、より重要なことに集中して打ち込める。必然的に生産性が高まっていく。


齋藤孝(教育学者)

交渉ではいくつかの条件やオマケを用意すること。お互いに「この案しか認めない」とごり押しし合っていては、らちがあかない。「この部分は譲歩するから、この要求はのんで欲しい」「こういうサービスを追加するから、料金はこれでお願い」等々と、足し算・引き算をしていく。


ジャック・マー(馬雲)

学ぶのに建物はいらない。私は学校で英語を学んだわけではない。私の先生はBBCラジオ。いまはインターネットの時代。インターネットがあれば、誰でも学ぶことができる。


ジョセフ・トリポディ

私はCMO(最高マーケティング責任者)として、様々な関係者にインスピレーション(刺激)を与えることを重視しています。命令するのではなく、方向を示すことで、インスピレーションを感じてもらいたい。


河野英太郎

コミュニケーションでよくやってしまうのは、前置きや本題に関係のない雑談が長くなってしまうこと。相手も忙しいのですから、まず何よりも先に結論を言うことが大事です。たとえば、「あの件はダメになった」とか「A社に採用が決まったぞ」といったことから話し始めるのです。そのあとで、なぜそうなったのかの経緯を話せばいい。


町田勝彦

車のハンドルは、車が止まった状態では重くて切れない。しかし、いったん動きはじめればハンドルは軽くなるから、方向転換は簡単にできるようになる。私はこれを車のハンドル理論と呼んでいるが、販売も同じだ。低迷している現状を最初に動かす原動力は、やはり販売台数だ。