名言DB

9419 人 / 110788 名言

高崎秀夫(高﨑秀夫)の名言

twitter Facebook はてブ

高崎秀夫(高﨑秀夫)のプロフィール

高崎秀夫(高﨑秀夫)、たかさき・ひでお。日本の銀行家。「京都銀行」会長。京都府出身。立命館大学法学部卒業後、京都銀行に入行。審査部長、取締役、常務、専務、頭取などを経て会長に就任。

高崎秀夫(高﨑秀夫)の名言 一覧

今は、どこの企業でも人材育成が大事だといいます。教育というのは50年、100年かかるもの。


銀行というところは、財産といえば、「お客さまと行員」しかない。


人材育成というのは、当たり前ですがカネと時間がかかるもの。決算がいいとか悪いとか関係なく間断なく続けなければいけない。


銀行は、金融知識も大事ですが、それよりもお客さまに人格的なものを受け入れてもらわなければ、何の意味もなさない。


「継続」が大事。仕事がありますから毎日2時間、3時間と学ぶ時間をとれるものではありません。ですから、毎日15分であっても続け、積み重ねることが、やがて大きな差になっていくのです。


当行も以前、人件費を抑えるべく大幅に採用を削減したことがありました。そして、その影響が20年近くたってから出てきて苦労した苦い経験があります。ですから、辛抱してでも、ほかを倹約してでも、トップは信念をもって採用も含めた人材育成を続けなければならないのです。これが、トップの重要な役割の一つ。


学びを得ようとするとややもすれば大きな銀行や企業から学ぼうとします。最先端のITなどについては、それも正しいとは思いますが、こと現場の仕事に関しては、規模の大小にかかわらず、努力されている銀行や企業の方は知恵や工夫を凝らしているんです。そういったところにこそ知恵があるのですから、学ぶべきことは多いと思います。


「他行に学べ、他産業に学べ」と口酸っぱく言っています。机に座って悩んでも、思案しても出てくる知恵なんかたかがしれています。そうであれば、よその銀行や企業が行っていることを聞いてくる、考え方を学んでこいということです。学ぶ心で接し、そこから何らかの教えを得ようとする「謙虚さ」これも大事でしょう。


現在の中期経営計画では「いい銀行」というスローガンを標榜しています。は、「いい銀行」とはこれだというのを明示していません。それぞれの立場で、やっている仕事から考えてほしい。自分がどんな行動をとれば、いい銀行につながるのかを自分で考え行動してもらうことが重要だといった考え方です。


お客さまにも「京都銀行と取引している」とおっしゃっていただきますが、私のような役員がお付き合いしているわけではないですし、支店長が行っているわけでもありません。つまり担当者がお付き合いをしているわけです。それを言葉では京都銀行とお付き合いしているとおっしゃるのです。つまり、信頼は個人に帰結している。それだけ、銀行にとって人の存在は大きい。


市内は都市銀行が強く、ちっぽけな当行は残念ながら知名度も低く、正直「どこの銀行や」と言われるようなことも多々ありました。そこで失礼ながら、当時はまだ創業間もないベンチャー企業さんたちとの取引を進めていったわけです。見方によっては行く道が限られていたともいえるんですね。お陰さまで、結果的にそういったベンチャー企業が世界的な企業となり、私どもの先輩たちの苦労が大きく実を結んだわけです。


高崎秀夫(高﨑秀夫)の経歴・略歴

高崎秀夫(高﨑秀夫)、たかさき・ひでお。日本の銀行家。「京都銀行」会長。京都府出身。立命館大学法学部卒業後、京都銀行に入行。審査部長、取締役、常務、専務、頭取などを経て会長に就任。

他の記事も読んでみる

宮田亮平

一流企業に就職すれば不安はなくなるかといえば、そんなことはありません。生きている限り90%は不安です。生活の安定のために芸術を諦めて就職した子は、自分に嘘をつき続けることになります。それこそ何よりも不安な毎日に違いありません。


小林栄三

社内コミュニケーションが非常に大切です。実際、新聞をにぎわすような不祥事を見ていると、社内のコミュニケーションさえよければ、避けられたのではないかと思える事件があります。周囲の人に積極的に関心、愛情を持つことです。関心を持ってコミュニケーションを取っていればだいたいわかるし、問題も未然に防げます。会社人である前に、よき社会人であるべきです。


加藤智治

ロジックのみで組み立てた話は、確かにわかりやすいけれど、面白くはありません。それでは相手に一目置かれるまでにはなれません。そこで私も、話に必ずストーリー性を持たせるようになりました。


桜井正光

新興国がどんどん競争力をつけ、国際的な大競争時代が到来しました。こうした環境の大変化に直面し、これまでとは違った経営をやらなければ生き残れないという局面に、いまの日本企業は立たされています。


竹内一郎

発信力を支えているのは受信力。人に伝達する能力が高い人は、情報を受け取る感度や観察力も高く、学んだことを常に活かしている。


小杉俊哉

上司から指示を受けたときに、「でも」「しかし」が出そうになったら、それを押しとどめることが大切です。その代わりに「やらせてください」「やってみます」「非常にチャレンジングな仕事だとは思いますが、やってみます」などといった言葉を口にします。こういう発言ができる人は評価されます。少なくとも、「少しお時間をください。考えてみます」くらいの発言はしておきたいところです。


川鍋一朗

私は最終的に自動運転タクシーになったら、無料化も可能だろうと思っています。というのも、タクシーのコストの7割を運転手の人件費が占めているからです。これが自動運転車なら、初乗りは200円と、今の3割ぐらいにできる。そして、乗車中にたくさんの広告を「浴びてもらう」わけです。運賃を安くする割り戻しは禁止されていますが、広告主など第三者がその分を補填するのは認められています。そこで第三者が発行したクーポンでお客の負担を軽くし、我々は正規の運賃を頂くようにすればいいのです。


ジャン・ポール・ゲティ

金は肥料に似ている。分散しておかないと臭ってしょうがない。


川淵三郎

全国区でないと成り立たないようなクラブは、Jリーグにはいりません。根本的な考え方として、身の丈に合った経営というのをずっと言ってきました。入場料収入とテレビの放映権料、それにスポンサーからの支援で年間20億円の収入があったら、J1でもそれでやっていけるクラブでいいんです。だから、プロ野球チームのように年収以上の年俸を選手に払って、それで赤字に苦しむようなことは、Jリーグではあり得ません。


弘兼憲史

昇進するために必要な3つの力。

  1. 段取り上手。計画性を持って仕事に臨む力や、円滑に効率的に仕事を進めるための「事前処理」能力。
  2. コメント力。幅広い知識や情報を持ち、社会のどんな話題に対しても自分の考えを述べられる能力。
  3. 物真似上手。人のやり方を見て、いいところは素直に学び、自分の中に取り入れる力。