名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

高崎秀夫(高﨑秀夫)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高崎秀夫(高﨑秀夫)のプロフィール

高崎秀夫(高﨑秀夫)、たかさき・ひでお。日本の銀行家。「京都銀行」会長。京都府出身。立命館大学法学部卒業後、京都銀行に入行。審査部長、取締役、常務、専務、頭取などを経て会長に就任。

高崎秀夫(高﨑秀夫)の名言 一覧

今は、どこの企業でも人材育成が大事だといいます。教育というのは50年、100年かかるもの。


銀行というところは、財産といえば、「お客さまと行員」しかない。


人材育成というのは、当たり前ですがカネと時間がかかるもの。決算がいいとか悪いとか関係なく間断なく続けなければいけない。


銀行は、金融知識も大事ですが、それよりもお客さまに人格的なものを受け入れてもらわなければ、何の意味もなさない。


「継続」が大事。仕事がありますから毎日2時間、3時間と学ぶ時間をとれるものではありません。ですから、毎日15分であっても続け、積み重ねることが、やがて大きな差になっていくのです。


当行も以前、人件費を抑えるべく大幅に採用を削減したことがありました。そして、その影響が20年近くたってから出てきて苦労した苦い経験があります。ですから、辛抱してでも、ほかを倹約してでも、トップは信念をもって採用も含めた人材育成を続けなければならないのです。これが、トップの重要な役割の一つ。


学びを得ようとするとややもすれば大きな銀行や企業から学ぼうとします。最先端のITなどについては、それも正しいとは思いますが、こと現場の仕事に関しては、規模の大小にかかわらず、努力されている銀行や企業の方は知恵や工夫を凝らしているんです。そういったところにこそ知恵があるのですから、学ぶべきことは多いと思います。


「他行に学べ、他産業に学べ」と口酸っぱく言っています。机に座って悩んでも、思案しても出てくる知恵なんかたかがしれています。そうであれば、よその銀行や企業が行っていることを聞いてくる、考え方を学んでこいということです。学ぶ心で接し、そこから何らかの教えを得ようとする「謙虚さ」これも大事でしょう。


現在の中期経営計画では「いい銀行」というスローガンを標榜しています。は、「いい銀行」とはこれだというのを明示していません。それぞれの立場で、やっている仕事から考えてほしい。自分がどんな行動をとれば、いい銀行につながるのかを自分で考え行動してもらうことが重要だといった考え方です。


お客さまにも「京都銀行と取引している」とおっしゃっていただきますが、私のような役員がお付き合いしているわけではないですし、支店長が行っているわけでもありません。つまり担当者がお付き合いをしているわけです。それを言葉では京都銀行とお付き合いしているとおっしゃるのです。つまり、信頼は個人に帰結している。それだけ、銀行にとって人の存在は大きい。


市内は都市銀行が強く、ちっぽけな当行は残念ながら知名度も低く、正直「どこの銀行や」と言われるようなことも多々ありました。そこで失礼ながら、当時はまだ創業間もないベンチャー企業さんたちとの取引を進めていったわけです。見方によっては行く道が限られていたともいえるんですね。お陰さまで、結果的にそういったベンチャー企業が世界的な企業となり、私どもの先輩たちの苦労が大きく実を結んだわけです。


高崎秀夫(高﨑秀夫)の経歴・略歴

高崎秀夫(高﨑秀夫)、たかさき・ひでお。日本の銀行家。「京都銀行」会長。京都府出身。立命館大学法学部卒業後、京都銀行に入行。審査部長、取締役、常務、専務、頭取などを経て会長に就任。

他の記事も読んでみる

林野宏

大脳生理学によれば、脳は鍛えれば鍛えるほど、シナプスと呼ばれる神経細胞がネットワーク化されて、創造力が発達するそうです。遊びを通じて得たたくさんの経験や知恵が、シナプスのように有機的に結びついて、結果的に仕事にも生きてくる。私はそう考え、実感しています。


佐藤公平

継続は力なりです。一気に起死回生できる手などというのはあり得ない。それがやっぱりサービス業の本質だと思います。


原田マハ

小さいことでくよくよしているときにアートのことを考えると、悩みも吹き飛ぶんです。人類史には戦争、疫病、天変地異など、とてつもないことがたくさんありました。でも、何があろうとアートが途絶えたことは一度もありません。そう考えると、何があっても大丈夫と思えてきませんか?


福岡伸一

上がれば下がる。下がれば上がる。その上がったり下がったりが動的平衡の揺らぎなので、その揺らぎ自体が、ある種の喜びや豊かさをもたらす。


吉野佳秀

大きな目標を実現させていくことは非常に楽しく、苦しい時代を考えると「道楽」であるとさえ感じます。


フラナガン裕美子

上司を観察することが大切。「今日は表情が硬いな」ということに気づければ、「機嫌が悪いかもしれないから、複雑な話をするのはあとにしよう」といった判断もできるようになります。好きな人のことなら、どんな小さなことでも見逃しませんよね。ですから、私がお勧めするのは、心の中で「好き」と思いながら上司に接することです。どうしても「好き」と思えなければ、お給料をくれる上司の顔を1万円札だと思えば、好きになれるのではないでしょうか(笑)。


新田祥子

あがり症で悩んでいる人の多くは、とてもまじめです。「上手くしゃべらなくてはならない」と厳しくチェックするあまり、「上手くしゃべれない自分」に苛立ちを覚え、最終的にはしゃべることが怖くなってしまいます。しゃべりは下手でもいいんです。人はペラペラと小器用に話す人間よりも、朴訥でも一生懸命に話す人間の話を聞きたいものです。自分らしいリズムと発声で話すことができれば、それは理想の話し方なのです。


野田佳彦

松下(幸之助)さんが「現地現場」を大切にしたように、私たち政治家も現地現場の声に、時には耳の痛い話にも耳を傾けることを忘れてはならない。


中野克彦(経営者)

マネジメントというと、部下にハシゴを上手にのぼらせることばかりを考えがちですが、それ以前に、ハシゴを正しい場所にかけてあげなくては駄目です。方針が不明瞭だったり、二転三転していたりでは、部下は迷ってしまい、力を発揮できません。まずは部下が目指すべき道を、現場のリーダーが指し示すべきです。


小川洋子

『ことり』という作品を書くとき、烏の専門家の先生に取材して、自然界の歌の歴史のお話を聞き、突然ミュージカルに目覚めました(笑)。歌ならではの感動やさみしさの表現がある、女性ホルモンをかき立てられるような興奮もある(笑)。人は自分以外のものに愛情を注ぐことが必要なんだってミュージカルに触れることで実感できました。それに比べて小説は不自由だし困難だし、常に欠落や空白を抱えている、だからこそ書く意味があるのだと思います。


経沢香保子

仮説の精度が高いほど、失敗は少なくなります。仮説の精度を高めるには、過去の事例を参考にするのもひとつの手でしょう。企画書を書くにしても、同業他社の事例を調べてみる。人前でプレゼンするなら、プレゼンの上手な人にプレゼン手法を聞いてみる。過去の事例からスタンダードな要素を抽出し、そこへ自分なりの工夫を付け加えていくようにすればいいと思います。


平井正修

私の好きな禅語に「梅三千世界香」がある。日本人の多くは桜の花を愛でるが、禅ではむしろ梅を愛でる。梅は厳しい寒さの中で百花に先駆けて可憐な花を咲かせ、馥郁(ふくいく)たる香りを放つ。香りとは、実に不思議なものだ。目には見えないのに、人々をいい気持ちにさせたり、不快な気持ちにさせたりする力を持っている。梅の香りは、わざわざここに咲いていると主張したりしないのに、周囲にいる人々の気持ちを和ませ、楽しませる力を持っている。信頼とは、この梅の香りのようなものではないだろうか。ことさら「俺は信頼できる人間だ」などと叫ばなくとも、信頼に足る人間か否かは、自然と周囲に伝わっていく。それにはまず、信頼を得たいと願う心の囚われを捨てることだと、梅の花は教えてくれるのである。