名言DB

9412 人 / 110637 名言

高島英也(髙島英也)の名言

twitter Facebook はてブ

高島英也(髙島英也)のプロフィール

高島英也、たかしま・ひでや。日本の経営者。「サッポロビール」社長。福島県出身。東北大学農学部卒業後、サッポロビールに入社。仙台工場長、取締役兼執行役員経営戦略本部長、常務執行役員北海道本部長、ポッカサッポロフード&ビバレッジ取締役、専務執行役員などを経てサッポロビール社長に就任。

高島英也(髙島英也)の名言 一覧

造ることはとても大変で奥が深く、同時に進化が重要で自己満足にならないことが大事。


シェア、利益などの数値目標だけで人を動かそうとは全く思っていません。その前に自分たちは何をやりたいかが大事です。


ローマ帝国の繁栄の歴史には独特な寛容さがありました。相手を受け入れる寛容さが大切で、それは自分を壊す勇気でもあります。ビジネスでも同じ。


会社に対する課題や不平不満でもいいので、内に込めず吐き出してほしい。そういう声に耳を傾けたい。良い提言や不平不満なら、すぐに手を打ちたいと思います。声をかけてきてほしい。


節目節目で多くの人に助けていただきました。会社を良くしたいという思いが強くあって、様々なことを手掛けたのは確かですが、そんな行動を寛容な気持ちで見守ってくれた人たちがいたのかもしれません。


いま、商品開発においては、それぞれのジャンルのボーダーをつくらない状況にしています。飲料をつくってきた人とビールしかつくってこなかった人をあわせる。そこに焼酎の開発者も加わり、「何ができるのか楽しみ」という態勢にしています。驚きのある商品をお客様に届けたい。


当社はビール大麦とホップの両方を育種(品種改良)から手がけています。ビールをつくるために農業からやっている会社は世界でもうちしかない。ただし、モノづくりのプロセスがお客様の価値に変わらなければ何の意味もない。


今年の税制改正で麦芽比率の変更や副原料に果実が使用できるようになるなど、ビールの定義に変化があった。お客様にいろいろなおいしさを提案できるようになったというのは、日本のビール文化のこれからの発展にとって必ずプラスになってくると思う。このビールの再定義を、造り手側がどう活用して、いかにお客様の欲するものを造れるか、今後のビール業界の課題になってくる。


丁寧に造ったおいしいビールを味わっていただくことが、ビールの需要喚起にとって重要だと考えている。そういった思いから、おいしいビールの体験をお届けするために、新宿と梅田で「THE PERFECT BEER GARDEN」という大人のビアガーデンをオープンさせた。提供品質を極限まで追求し、徹底して生のうまさにこだわった「パーフェクト黒ラベル」を体験していただける。こうしたおいしいビールを一人でも多くの方に知っていただく夏にしたいと考えている。


当社としては「黒ラベル」を磨いていきたいという思いがある。当社は世界で唯一、大麦とホップ両方の育種を行い原料にこだわっている。製造過程においては、仕込みなどすべての工程で酸素との接触を減らす「フレッシュキープ製法」を2000年ごろに確立した。物流の過程においても、「サッポロ品質シート」を配送車に被せることで、直射日光を防ぎビールの温度管理に努めている。こうした原料から物流まで徹底して香りと味を守る取り組みによって、よりおいしい「黒ラベル」を目指していく。


北海道にいた頃、早朝に北海道神宮の周辺を散歩していました。当時、在札幌ドイツ名誉領事を務めていたので、NHKラジオ講座の会話を聞きながら歩いていましたね。東京に転勤になった後も散歩の習慣が続いています。いまは引っ越しましたが、神奈川の新丸子という場所に住んでいました。そこから東京側に丸子橋を渡ると浅間神社があるんです。富士山信仰で富士見台があり、天気がいい日はきれいに見えるんです。神々しい気分になりましてね。何かエネルギーをもらえるのかなと思っているんです。


大阪工場での失敗が、会社人生の一つの転機です。当時の業界は多品種化が進みつつありましたが、生産部門の対応が追いついていなかった。いつの間にか、若手5~6人が集まり、課題解決を自主的に考えて行動に移すチームが立ち上がりました。工場長がそれに気づき、「もっと多くの社員を参加させなさい」と指示を受けましたが、考えが違うメンバーが増え、議論が深まらずに頓挫しました。何か新しいことをやるには、思いのあるメンバーが自然発生的に集まることが必要条件だと学びました。


高島英也(髙島英也)の経歴・略歴

高島英也、たかしま・ひでや。日本の経営者。「サッポロビール」社長。福島県出身。東北大学農学部卒業後、サッポロビールに入社。仙台工場長、取締役兼執行役員経営戦略本部長、常務執行役員北海道本部長、ポッカサッポロフード&ビバレッジ取締役、専務執行役員などを経てサッポロビール社長に就任。

他の記事も読んでみる

岡藤正広

お客さんのところに行って話を聞いて、そこから彼らが儲かる話を創意工夫してください。商売には、自分の意見を差し挟まない方がいい。大事なのは、お客さんがいいといっているか、これにこだわるべきです。


佐々木昭人

景気は読むというより、よくなると信じるもの。景気は「気」の字がつくように、経済的要素だけでなく、人々の期待感や気持ちのありようが深くかかわる。とすれば、景気がよくなりつつある兆しを感じながら、もっとよくなると、みんなが信じるべきです。


宮田孝一

自分自身を知ることも、充実したコミュニケーションには不可欠です。自分を理解できない人間が、相手を理解できるでしょうか。平たく言えば、「語れるような自分」があるかどうかが重要なのです。


永守重信

5年や10年、人の倍働けば絶対に成功できるはずです。今の世の中はそういう環境になってきています。しかし、今の人たちは本当に働かないですね。一部の若い人たちは「あの人はあんなに働いていったい何が楽しいんだ」といいますからね。一生とは言いませんが、最低でも5年間は死に物狂いで働くべきです。それだけやって成功しないなんてことはない。


桜井玲香

私の発言がイコール、グループの発言として捉えてくださるファンの方が多いんですよ。だとしたらなおさら、前向きなことを言った方がいい。遠慮しながら、保険をかけながらしゃべるんじゃなくて、勇気を出して力強い言葉を言う。その言葉が有言実行できるよう、みんなで努力すればいい。


峰岸真澄

今後、10年、20年の期間で考えると、タイミングや決断の速さがとても重要になるはずです。


倉林啓士郎

ネット販売を強化するのは、既存のスポーツ用品業界の体質が古いからです。需要が広がっているのに価格競争で儲からない。自分たちは新しいブランドをつくり、フットサル・コートやインテリアショップなどのチャネル、自社のeコマースでの通販を強化することで、パキスタン、バングラデシュでの製造からなるべく短い距離で最終消費者に商品を届ける新しいスポーツ・ビジネスが展開できると考えています。


高橋興三(経営者)

外部環境や競争環境が変わるということを前提にどれだけ早く動ける企業の体質を作っていけるかが、私たちの仕事。


新将命

仕事と人生の中間地点である40歳までにビジネスパーソンとしての基礎固めをしたうえで、40歳からの20年でしっかりと実績を出し、会社の名刺がなくても食べていけるようにすることが大切です。


栗木契

理論の大切さは、研究者の世界だけではなく、日常の世界にも通じる。では、理論とは何なのだろうか。端的に述べれば、理論とは、広く再現性のある因果関係をとらえた命題のことである。


片岡鶴太郎

モノマネも、ボクシングも、絵も書も、そしてヨーガも、全部「かっこいい!」という憧れから始めているんです。でも始めたからには、続けて形にならないと何もわからないし、かっこ悪いじゃないですか。


今瀬ヤスオ

もし失敗してしまったら、その要因を細かく分析すること。自分の無力さを直視することになり辛い面もありますが、そうしないと、復活の一手は打てません。


田中栄

今後は限りある資源の中でどう暮らすか考えることが重要。


辻慎吾

できるはずがないと言われていることに挑戦するから森ビルなのだというDNAを受け継いでいく。


ルー大柴

服のセンスを身につけたり、肉体を鍛えたりして、外見的な要素で若く見せることも大いに結構ですし、否定する気は毛頭ありません。でも、それはあくまで若く「見える」ということです。しかし、気持ちを若く持っていれば、若く見えるのではなく、若く「なれる」と思うんです。