高島英也(髙島英也)の名言

高島英也(髙島英也)のプロフィール

高島英也、たかしま・ひでや。日本の経営者。「サッポロビール」社長。福島県出身。東北大学農学部卒業後、サッポロビールに入社。仙台工場長、取締役兼執行役員経営戦略本部長、常務執行役員北海道本部長、ポッカサッポロフード&ビバレッジ取締役、専務執行役員などを経てサッポロビール社長に就任。

高島英也(髙島英也)の名言 一覧

造ることはとても大変で奥が深く、同時に進化が重要で自己満足にならないことが大事。

シェア、利益などの数値目標だけで人を動かそうとは全く思っていません。その前に自分たちは何をやりたいかが大事です。

ローマ帝国の繁栄の歴史には独特な寛容さがありました。相手を受け入れる寛容さが大切で、それは自分を壊す勇気でもあります。ビジネスでも同じ。

会社に対する課題や不平不満でもいいので、内に込めず吐き出してほしい。そういう声に耳を傾けたい。良い提言や不平不満なら、すぐに手を打ちたいと思います。声をかけてきてほしい。

節目節目で多くの人に助けていただきました。会社を良くしたいという思いが強くあって、様々なことを手掛けたのは確かですが、そんな行動を寛容な気持ちで見守ってくれた人たちがいたのかもしれません。

いま、商品開発においては、それぞれのジャンルのボーダーをつくらない状況にしています。飲料をつくってきた人とビールしかつくってこなかった人をあわせる。そこに焼酎の開発者も加わり、「何ができるのか楽しみ」という態勢にしています。驚きのある商品をお客様に届けたい。

当社はビール大麦とホップの両方を育種(品種改良)から手がけています。ビールをつくるために農業からやっている会社は世界でもうちしかない。ただし、モノづくりのプロセスがお客様の価値に変わらなければ何の意味もない。

北海道にいた頃、早朝に北海道神宮の周辺を散歩していました。当時、在札幌ドイツ名誉領事を務めていたので、NHKラジオ講座の会話を聞きながら歩いていましたね。東京に転勤になった後も散歩の習慣が続いています。いまは引っ越しましたが、神奈川の新丸子という場所に住んでいました。そこから東京側に丸子橋を渡ると浅間神社があるんです。富士山信仰で富士見台があり、天気がいい日はきれいに見えるんです。神々しい気分になりましてね。何かエネルギーをもらえるのかなと思っているんです。

大阪工場での失敗が、会社人生の一つの転機です。当時の業界は多品種化が進みつつありましたが、生産部門の対応が追いついていなかった。いつの間にか、若手5~6人が集まり、課題解決を自主的に考えて行動に移すチームが立ち上がりました。工場長がそれに気づき、「もっと多くの社員を参加させなさい」と指示を受けましたが、考えが違うメンバーが増え、議論が深まらずに頓挫しました。何か新しいことをやるには、思いのあるメンバーが自然発生的に集まることが必要条件だと学びました。

高島英也(髙島英也)の経歴・略歴

高島英也、たかしま・ひでや。日本の経営者。「サッポロビール」社長。福島県出身。東北大学農学部卒業後、サッポロビールに入社。仙台工場長、取締役兼執行役員経営戦略本部長、常務執行役員北海道本部長、ポッカサッポロフード&ビバレッジ取締役、専務執行役員などを経てサッポロビール社長に就任。

ページの先頭へ