名言DB

9490 人 / 112001 名言

高岡清の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高岡清のプロフィール

高岡清、たかおか・きよし。クリタの名で知られる上水機器の総合メーカー栗田工業株式会社の四代目社長。バブル期に同社を担当していた社長で、バブルの危うさを察知し財テク部門を早期廃止した。本業重視の経営を行い、同社のグループを大きく成長させた。

高岡清の名言 一覧

うちの社業は地味で、長年にわたって努力を積み重ねても、なかなか利益が上がるものではない。そこへ、わずかの間に荒稼ぎする部門が出てきては、会社全体の空気がおかしくなると思ったのです。いったん動き出したものが完全に止まるまでには2年かかりました。
【覚書き:バブル景気真っただ中に財務部門での投資を全廃した理由を聞かれての言葉。この決断によってバブル崩壊で損害を受けずにすみ、クリタグループは堅実に業績を伸ばした】


高岡清の経歴・略歴

高岡清、たかおか・きよし。クリタの名で知られる上水機器の総合メーカー栗田工業株式会社の四代目社長。バブル期に同社を担当していた社長で、バブルの危うさを察知し財テク部門を早期廃止した。本業重視の経営を行い、同社のグループを大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

リチャード・カールソン

私たちの不安や悩みの多くは「次は何だ?」おたえずめまぐるしく考え続けることからきている。たとえ一分でもぼんやりするなんてとんでもないと感じているかのように。体と同じように頭もたまには休めなくてはいけない。頭をからっぽにしてやれば、前よりもっと強くシャープにクリエイティブになって復活する。


工藤泰三

海運会社は競合他社との違いを出しにくい。顧客が抱える課題にいかに的確な解決策を提案するかで差が付く。


西多昌規

テンパっている状態はすべて悪いわけではありません。テンパっているということは脳が緊張状態にあるということであり、緊張は集中力を高める上で欠かせないものでもあるからです。適度な緊張感を活かして仕事を進められるなら、それは「良いテンパリ」。


茂木健一郎

「朝起きられない」という人は、話を聞いてみるとほとんどの人が部屋を暗くしたまま起きている。これは良くないですね。まずは朝起きたら、部屋の明かりをつけるか外光を浴びる。できれば太陽の光がいいです。理由は太陽光の波長が脳の覚醒スイッチを入れるのに効果があるからです。脳は環境の変化に非常に敏感。朝、目を覚ましても部屋の中にいると、「これはまだ休んでいてもいいのかな」という判断をしてしまいます。反対に、外に出ると「もう朝だ。目を覚まさなきゃ」と脳が判断するので自然に目覚められるのです。


ハッソ・プラットナー

一般に、会社が成長している時は、次世代を担う事業への投資に関心が向かない。一方で、会社が危ないと気付いた時には大抵、投資資金が底をついている。事業の世代交代は適切なタイミングで決断できるか否かにすべてがかかっている。


松下幸之助

刻々にくだす意志決定を誤らないためには、人を使う立場の者は常日頃から自分の人生観、事業観、社会観の涵養(かんよう=徐々に養うこと)につとめることが大切である。


岩佐大輝

私の目標は「10年、100社、1万人」です。10年で東北地方に100社、1万人の雇用を生み出すことです。


魚谷雅彦

資生堂の問題は、あらゆる商品に資生堂ブランドを付けたことにある。化粧品だけを扱っている時代は企業とブランドが一緒でもよかったが、(シャンプーなどの)トイレタリーまで商品を広げる過程で、資生堂というブランドの価値が拡散してしまった。今後は、どのブランドに資生堂のロゴを付けて売るかを検討していく。


日比野隆司

デジタルで管理すれば効率的なのでしょうが、書くことによって考えたり、覚えたりする良さもあると思っています。だから、いまだに紙の手帳を使っています。


野口健

最初は信用してくれなくても、細々とでも続けていれば、こいつインチキじゃないって思ってくれる人が出てくる。人が変わっていくのが肌で感じられるんですよ。


古屋大貴

とにかく「やってみる」ことですね。大きな企業にいたら、なかなかやれない。でも結局のところ、やらなきゃわからないじゃないですか。


澤上篤人

「この業界が伸びる、この業界が衰退する」という発想自体が前時代的な考え方。日本経済はすでに成熟段階に入っており、必要なものは人々の間に行き渡っています。こうなると、成長できるのはイマジネーションとロジックで将来の消費動向を読み、需要を掘り起こした企業だけ。この業界だから安泰、この業界だからダメ、ということは、もはやあり得ないのです。