高岡清の名言

高岡清のプロフィール

高岡清、たかおか・きよし。クリタの名で知られる上水機器の総合メーカー栗田工業株式会社の四代目社長。バブル期に同社を担当していた社長で、バブルの危うさを察知し財テク部門を早期廃止した。本業重視の経営を行い、同社のグループを大きく成長させた。

高岡清の名言 一覧

うちの社業は地味で、長年にわたって努力を積み重ねても、なかなか利益が上がるものではない。そこへ、わずかの間に荒稼ぎする部門が出てきては、会社全体の空気がおかしくなると思ったのです。いったん動き出したものが完全に止まるまでには2年かかりました。
【覚書き:バブル景気真っただ中に財務部門での投資を全廃した理由を聞かれての言葉。この決断によってバブル崩壊で損害を受けずにすみ、クリタグループは堅実に業績を伸ばした】


高岡清の経歴・略歴

高岡清、たかおか・きよし。クリタの名で知られる上水機器の総合メーカー栗田工業株式会社の四代目社長。バブル期に同社を担当していた社長で、バブルの危うさを察知し財テク部門を早期廃止した。本業重視の経営を行い、同社のグループを大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

山崎奈保子

薄く頭を働かせてダラダラと仕事をしていても時間効率が悪くなるばかり。それでは組織としてもよくないので、スタッフにもコアタイムを決めるようにと話しています。私の場合ですと、毎朝、その日のスケジュールを見て、1時間半~2時間ほどまとまった時間がとれるところをコアタイムと決めて、集中力を高めて仕事をします。


岡倉天心

私たちは大抵の場合、あまりにでしゃばり過ぎであり、いくらうぬぼれが強いといっても、これ以上自分を眺めて悦に入るというのは単調退屈でしかない。


岩瀬大輔

社会人になった途端に勉強をしなくなる人が多いのは、勉強しなくても脊椎反射で日々の仕事を乗り切れてしまうからでしょう。しかし、ビジネスパーソン、とくにプロフェッショナルであれば、常に勉強して知識を身につけておかなくてはなりません。たとえば、アスリートは試合に出るために毎日練習します。練習せずに試合だけ出場している選手はいません。プロとして仕事する以上、ビジネスパーソンも勉強にもっと時間を割くべきです。


青木正之(経営者)

現地の人材も育っているので、将来は彼らが得意分野を生かしてコーポレートベンチャーを作り、当社のグループとしてさらに成長を加速していってもらいたい。


松本大

大切なのは儲かった取引、損した取引でもあっても、必ずその「理由」を考えること。やったことの意味を振り返ることで、投資に対する感覚も研ぎ澄まされる。


内藤誼人

優等生にありがちなのですが、最初に目一杯ハードルを上げてしまうと、その後もずっとそれを維持し続ける羽目になってしまう。そうなることを避けるには、最初から100の力を出さないことです。


川野幸夫

パートナー(パート社員)さんが「自分が何を期待されているのか」をどう意識するかで、戦力化が進むか進まないかが決まる。パートナーさんをコストとして見ると、戦力にはなりません。本人のキャリアを考え、「本気で期待している」と伝えることが、意識を変えるのです。


林厚見

不動産プロデュースとは、投資銀行などから資金を調達、土地を見つけて企画を立て、ゼネコンや建築家を見つけ開発する仕掛け人です。たとえば、由緒ある古い建物を保存したくても、思いだけで「すばらしい建物を壊すなんて間違っている!」と反対運動をしても限界がある。でも、建物を残して不動産価値を上げる方法があります。ホテルとして再生して、住居も付加すれば、儲かります。プラン実行のため、この会社と組んで、金融はこうしましょう」と。おカネだけを考えるファンドの理屈だと、建物への愛着などは関係ない。それだと、均質的になって、世の中はつまらなくなる。


荻田伍

危機感を持ってお客様と相対したときに、初めてお客様の意識下にあるニーズに触れることができます。危機感がなければ驚きのある商品なんて絶対につくれません。


ゆうきゆう

健全な対人関係とは、互いに対等の人間として接していくことを指します。そのためにはまず、あなた自身が自分を認め、そのうえで相手と対等に、あるいは相手の立場に理解を示しながら、接していくことが大切。


近藤誠一

企業には、社会が発展するためのエンジンとしての役割があります。企業経営者には、まず、その自覚を持ってほしいと思います。そして、単に経済の成長率を上げるというだけでなく、経済という手段を通じて豊かな社会をつくるという目的があることを忘れないでほしい。


ジム・ロジャーズ

景気の悪い業界だろうと、自分がお金をたくさん稼ぐ方法はある。そして、業界が置かれた状況は変えることができる。


鳥居祐一

性格を急に変えるのは難しいことですが、日々の行動や意識付けで十分変えられます。


内田幸雄

国内の石油需要は、今後も年間2~3%のペースで落ち込むだろう。1、2年なら辛抱してコストカットすれば耐えられても、長期的に見ると構造的なあり方を変える必要がある。そこでの「再編」は石油業界だけにとどまるのではなく、他のエネルギー業界を巻き込んだ業界全体での動きになっていくのではないか。そうしたなか、私たちは「アジア有数の総合エネルギー・資源・素材企業グループへ」という目指すべき方向性を打ち出した。日本に経営の本拠地を置きつつも、グループ全体で輸出も含め海外からほぼ同じぐらいの利益をあげることが理想だと考えている。


大崎真孝

新たな市場を創り上げて、広く社会の課題を解決するというところにフォーカスしていきたい。


ページの先頭へ