名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

高山善司(髙山善司)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高山善司(髙山善司)のプロフィール

高山善司、髙山善司、たかやま・ぜんし。日本の経営者。地図会社「ゼンリン」4代目社長。長崎県出身。西南学院大学商学部卒業後、ゼンリンに入社。東京第二支社長、営業本部副本部長、経営戦略室長、営業本部長、取締役営業本部長など一貫して営業畑を歩んだのち社長に就任。初の創業家以外の社長として同社の改革にあたった。

高山善司(髙山善司)の名言 一覧

ユーザーの利用シーンをきちんと考えていないと、10のうち2しか使ってくれない。


たくさん情報があれば価値がある、というわけではないですよね。自分なりの価値に合わせて編集できるようにするという、発想が大切だと思います。


ゼンリンが地図を電子化し始めた当時、社内の反発は相当なものだったと聞いています。地図帳の販売はかなりの高収益で安定していましたから「なぜ、あえて電子化をするのか」と社員の多くは目的が理解できなかったのです。苦労はしましたが、電子化によって地図製作は格段に効率化しました。


ゼンリンという会社は地図情報を収集して管理することを、地道にひたすら繰り返してここまで来ました。今後も、1軒、1軒調査する昔ながらの手法は続けていくつもりです。それが私たちの競争力の源泉なのですから。


正直、将来の地図にどんな用途があるのかまだ見通せませんが、様々な活用法が出てくると思います。そうした可能性を拓くためにも、先行してデータ基盤をきちんと構築しておくことが重要です。


従来の地図データだけでは足りない。新たな切り口で地図を捉えると全く別の情報を取り込む必要がある。


実は当社が地図の電子化を進めたのは販売目的ではなく、地図製作の合理化のためでした。それまでは手書きで地図を作っていました。専門の職人が道路を書くための製図用具など特殊な道具を使って、線を引き、手書きで居住者の名前を書いていたんです。そうした職人の方々も引退して数が減ってしまい、だんだんと地図が作れなくなるという兆候がありました。職人の手作業に見切りをつけ、電子化を進めたことが、市場シェア確保につながったと思います。


ゼンリンのキラーコンテンツは住宅、建物1軒、1軒に居住者の名前が入っている住宅地図です。創業以来、足で調査する方法は基本的に変わっていません。アルバイトを含めた1000人の調査員が毎日、街を回って表札を確認して、情報を更新しています。この蓄積は大きい。この膨大なデータを使っていかに見せ方を工夫するか、知恵を絞っています。


グーグルマップへの地図提供はエンドユーザーには無料で提供しているので、収益はグーグルからのライセンス料だけ。今後は、付加価値を高めて有料でのサービスにも力を入れたい。今は、どんなコンテンツにすれば利用者に納得してもらえるか模索しているところです。今までにはなかった斬新な機能を出す必要があります。


プラットフォームとして成立するためには、ブランド力や技術力、資金力が必要になる。


カーナビゲーション用の地図などでは、ヒアやトムトムと協業してきた。協調できるところはあるし、競争しなければならない部分もある。


私どもが取り組んでいるのは、「十人十色の地図」という考え方なんです。たとえば、ひとつの建物があるとしましょう。そこに行く目的というのは、人によって様々ですよね。たとえば、1階のコンビニか、上の階の飲食店か。コンビニに何をしに行くかによっても、目的が変わってくるはずです。それによって、地図上の表現も変わってくる。それをデータベース化して、その人の目的に応じて、いろいろ出せる仕組みをつくりたい。


我々が住宅地図のデータを長年作り上げてきたことも非常に高い参入障壁となっており、そのために投資してきたとも言える。それでも社員にはいつも「あぐらをかくな」と言っている。


高山善司(髙山善司)の経歴・略歴

高山善司、髙山善司、たかやま・ぜんし。日本の経営者。地図会社「ゼンリン」4代目社長。長崎県出身。西南学院大学商学部卒業後、ゼンリンに入社。東京第二支社長、営業本部副本部長、経営戦略室長、営業本部長、取締役営業本部長など一貫して営業畑を歩んだのち社長に就任。初の創業家以外の社長として同社の改革にあたった。

他の記事も読んでみる

村上憲郎

私はどんな場合にも普遍妥当性のある真理を語ろうとは思っていません。自分はこうしてきた、自分ならこうするという話だけをする。営業で提案するときも、交渉の場面でも、「私があなただったらこうします」と本当にその人の立場になって話す。それ以外に、他者を納得させるコツや、絶対の技術はないのです。


亀井静香

いままでの政治は政治家同士の関係ばかりを気にしていた。だからこの国は混乱してしまったんだよ。オレは「交友関係」なんて知ったこっちゃない。政治は国のため、国民のためにしているんだから、能力のある人が上に立つべきだし、派閥なんて関係ない。


天野ひろゆき

何も持っていない人はハッタリが大事ってことです。「何かやりそうだ」って雰囲気を出す。ハッタリは元手、ゼロですから。


正垣泰彦

紳士服チェーンや100円ショップなど、気になったところは何でも見に行きます。料理と違って、経営の仕組みはどの業界からも学べます。むしろ、飲食とはまったく異なる業界の方が、固定観念を持たずに見られる分、ヒントを見つけやすい。


鬼頭政人

勉強計画に遅れが発生することがあります。それに対応するため、あらかじめバッファを設けておくことも、忘れてはいけません。仕事でも、必ずバッファを設けて納期を設定するでしょう。それと同じように、「夕方以降は勉強しない」「試験日前の最後の一週間は見直しだけ」などと決めておくのです。そして、遅れが発生したら、その時間を勉強に充てるわけです。


石川潔(三菱石油)

企業もスポーツと同じで、急に強くなるものではありません。見えないところで努力して地力をつけなければいけません。地力がないと永続性がありませんから。


小路明善

私はビール事業を一言で言って、「強い競争力を持ったグローバルなプレミアムビールメーカー」という姿にしていきたい。強い競争力とは、4つの条件があります。1つ目は高い収益力を持っていること。2つ目は強いブランド力があること。3つ目は高い生産効率と醸造技術を持っていること。4つ目は経営能力の高いトップやキーパーソンがいることです。この4つを備えていく、または備えていることが強い競争力を持てる条件です。


瀧本哲史

僕はフェイスブックよりツイッターのほうが「仲間づくり」には向いていると考えています。ツイッターは完全に分散されたネットワークです。偶然に発生するつながりが多く、グループが離合集散するサイクルも速い。ハッシュタグなどを通じて、趣味やテーマでグループができることも多く、そこから意外なつながりができることがあります。ツイッターのつながりは瞬間的なもので、やりとりの有無によってメンバーが絶えず入れ替わる構造になっているため、馴れ合いになりづらい。


加藤俊徳

東京の株式市場が開いているのは9時から15時まで。ちょうど脳が覚醒している時間帯なので、昼間のスキマ時間に株取引をやるのには適しています。注意したいのは夜。眠くなるにしたがって脳の思考回路が働かなくなっていくため、そのリスクを認識しましょう。


横峯吉文

失敗したことをどうのこうの責めても過去のこと。過ぎた事を責めてもしょうがない。失敗したときは叱らずに励ますのが効果的。


石破茂

政治家はどんなに逆風が吹こうが、信念を通すというか、嘘をついてまでやる仕事じゃない。詐欺師になるなんてイヤじゃないですか。


徳重徹

事務所は狭いままでいいと考えています。僕らベンチャーはコスト感覚が重要です。いま若いやつにどんどん任せているのですが、海外で事業が拡大したときにも、事務所にお金をかける必要はないという感覚を忘れてほしくない。