高山善司(髙山善司)の名言

高山善司(髙山善司)のプロフィール

高山善司、髙山善司、たかやま・ぜんし。日本の経営者。地図会社「ゼンリン」4代目社長。長崎県出身。西南学院大学商学部卒業後、ゼンリンに入社。東京第二支社長、営業本部副本部長、経営戦略室長、営業本部長、取締役営業本部長など一貫して営業畑を歩んだのち社長に就任。初の創業家以外の社長として同社の改革にあたった。

高山善司(髙山善司)の名言 一覧

ユーザーの利用シーンをきちんと考えていないと、10のうち2しか使ってくれない。


たくさん情報があれば価値がある、というわけではないですよね。自分なりの価値に合わせて編集できるようにするという、発想が大切だと思います。


ゼンリンが地図を電子化し始めた当時、社内の反発は相当なものだったと聞いています。地図帳の販売はかなりの高収益で安定していましたから「なぜ、あえて電子化をするのか」と社員の多くは目的が理解できなかったのです。苦労はしましたが、電子化によって地図製作は格段に効率化しました。


ゼンリンという会社は地図情報を収集して管理することを、地道にひたすら繰り返してここまで来ました。今後も、1軒、1軒調査する昔ながらの手法は続けていくつもりです。それが私たちの競争力の源泉なのですから。


正直、将来の地図にどんな用途があるのかまだ見通せませんが、様々な活用法が出てくると思います。そうした可能性を拓くためにも、先行してデータ基盤をきちんと構築しておくことが重要です。


従来の地図データだけでは足りない。新たな切り口で地図を捉えると全く別の情報を取り込む必要がある。


実は当社が地図の電子化を進めたのは販売目的ではなく、地図製作の合理化のためでした。それまでは手書きで地図を作っていました。専門の職人が道路を書くための製図用具など特殊な道具を使って、線を引き、手書きで居住者の名前を書いていたんです。そうした職人の方々も引退して数が減ってしまい、だんだんと地図が作れなくなるという兆候がありました。職人の手作業に見切りをつけ、電子化を進めたことが、市場シェア確保につながったと思います。


ゼンリンのキラーコンテンツは住宅、建物1軒、1軒に居住者の名前が入っている住宅地図です。創業以来、足で調査する方法は基本的に変わっていません。アルバイトを含めた1000人の調査員が毎日、街を回って表札を確認して、情報を更新しています。この蓄積は大きい。この膨大なデータを使っていかに見せ方を工夫するか、知恵を絞っています。


グーグルマップへの地図提供はエンドユーザーには無料で提供しているので、収益はグーグルからのライセンス料だけ。今後は、付加価値を高めて有料でのサービスにも力を入れたい。今は、どんなコンテンツにすれば利用者に納得してもらえるか模索しているところです。今までにはなかった斬新な機能を出す必要があります。


プラットフォームとして成立するためには、ブランド力や技術力、資金力が必要になる。


カーナビゲーション用の地図などでは、ヒアやトムトムと協業してきた。協調できるところはあるし、競争しなければならない部分もある。


私どもが取り組んでいるのは、「十人十色の地図」という考え方なんです。たとえば、ひとつの建物があるとしましょう。そこに行く目的というのは、人によって様々ですよね。たとえば、1階のコンビニか、上の階の飲食店か。コンビニに何をしに行くかによっても、目的が変わってくるはずです。それによって、地図上の表現も変わってくる。それをデータベース化して、その人の目的に応じて、いろいろ出せる仕組みをつくりたい。


我々が住宅地図のデータを長年作り上げてきたことも非常に高い参入障壁となっており、そのために投資してきたとも言える。それでも社員にはいつも「あぐらをかくな」と言っている。


高山善司(髙山善司)の経歴・略歴

高山善司、髙山善司、たかやま・ぜんし。日本の経営者。地図会社「ゼンリン」4代目社長。長崎県出身。西南学院大学商学部卒業後、ゼンリンに入社。東京第二支社長、営業本部副本部長、経営戦略室長、営業本部長、取締役営業本部長など一貫して営業畑を歩んだのち社長に就任。初の創業家以外の社長として同社の改革にあたった。

他の記事も読んでみる

内藤京子

言葉とは相手に合わせて変えるもので、それによって相手との心地よい距離を作ります。社内外問わず、広く好感を持たれている人は、相手に合わせた敬語を上手に使いこなせている人なのです。


尾崎元規

結局、困難を乗り越える力となるのは、日々一歩一歩努力を重ねて形成した自分自身しかありません。その意味では、困難を跳ね返す力とは、自分の人生の凝縮から生み出されるものです。


大林伸安

仕事に対する知識やスキルが向上すれば、作業スピードが上がり、そのぶん、仕事時間が短縮されます。しかし、知識やスキルには限界があります。そこで、私が強調したいのが「アウトソーシング(人に任せる)」です。これこそが、最もみなさんに伝えたいことです。


童門冬二

人には賢愚の差はあるけれど、ひとつやふたつは優れた才能を持っている。それを育てれば一人前の人間になれる。吉田松陰はそうした信念を持って、俳句・和歌などを得意とする入牢者を活用して、つらい牢を楽しい場所に変えてしまいます。そのことで、獄中の雰囲気は絶望的なものから一気にモラール(士気・意欲)が高まったのです。こうした取り組みはその後、藩全体に浸透していきました。


平川昌紀

スタッフの接客能力の重要度が高い外食産業においては、人づくり自体がビジネスモデルであるともいえます。


横田雅俊

成長できない市場環境下において、トップセールスはアプローチを継続することで着実に成果を残している。効率最優先の営業スタイルでは、厳しい時代を生き抜いてはいけない。いま求められているのは、顧客に粘り強くアプローチし続ける諦めない営業なのだ。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

買う時に、方眼のマス目は何mmかなど、そんな細かいところまで見ている人は少ないと思います。でも無意識に「使いやすい」「使いにくい」のジャッジは必ずしているはずで、手帳って毎日使うからこそ、神経がデリケートになるものだと。逆に言えば、無意識の中で使いやすいと思ってくだされば、デザイナーとしてこれほどやりがいを感じることはないですね。


小島慶子

小さな実感は、弱い立場の人が持つ最も強い力。経験を通して感じたことを、相手を慮りながら堂々と発信してほしい。


中村貞裕

私はパーティーを主催するとき、紹介役に徹します。紹介した人同士が仲良くなると、そこから次のビジネスやイベントが生まれたり、新しい人を紹介してくれます。人と人をマッチングさせることで、紹介された人同士も、紹介した僕もハッピーになれる。そうした関係が、楽しいんです。


大澤道雄

変化を起こすための社内改革の一例がセクショナリズムを排し、ブランド間の交流を促すことです。昨年には全ブランドの課長以上が参加する営業会議を開催しました。また、支店の営業や企画の担当者を生産工場や素材メーカーに見学に連れて行くようにしています。ここでも全国から様々なブランドの担当者が集まり交流ができます。23ブランド横断で、デニムのキャンペーンも実施しています。


水野和敏

でかい会社で新しいことをやるのは簡単じゃないよ。日産の商品は売れていて、年に何千億円も利益が出ていたその時に「もっといいことを」と言いだしたんだから。「もっといいこと」って、これまであった、しかも結果を出してきて当時はまちがっていなかった社内の文化やそれに関わった人々を否定することになるんだからね。そりゃ、反対意見や、心情的なところでの「犠牲者」が出ないはずがない。だから、もしも新しいことをやるなら、その中心にいるやつは馬鹿で無欲にならなきゃダメでしょう。地位や保身や昇給なんて求めていたら、大企業では新しいことなんてできない。それにいくら正しいことを言い、論戦で勝ったとしても、結局は人を傷つけるだけでしょう?「まあ、アイツじゃしょうがない」「勝手なことを言いやがって。言いだすと聞かねえからな」そう言われなきゃね。馬鹿になれなきゃ、新しいことなんて絶対にできないよ。


宮田幸雄

高音質を追求した付加価値の高いヘッドホンと、世界一安いヘッドホンの両方を作れることが当社の強み。


尾崎元規

安いからといって、2個も3個も商品を買ってもらえる時代は過ぎ去りました。いま、必要とされているのは、高い付加価値がついた商品だけなのです。そんな商品を開発するために、当社では現場主義を徹底しています。


沢渡あまね

「うちのやり方はこう」と言われてやっていた業務が、今も意味があるとは限らない。ルーティン化した業務ほど、気をつけたほうがいい。


大宮英明

繊維や造船が厳しくなっていく状況の中で、これからの日本は技術立国しかないだろうと。そうしないと日本という国は沈んでしまうんだと。そういうバックボーンというか、自分の仕事に対する高いところからの視点。それを常に持っていました。


ページの先頭へ