名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

高坂勝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高坂勝のプロフィール

高坂勝、こうさか・まさる。NPO法人「SOSA PROJECT」代表。神奈川県出身。明治大学卒業後、大手小売企業を経て独立。オーガニックバー「たまにはTSUKIでも眺めましょ」を経営しながら半農生活を実践。著書に『減速して生きる ダウンシフターズ』。

高坂勝の名言 一覧

店の内装も業者に頼らず自分でやって、数百万円のお金が浮きました。いきなりすべてを自分の手で作るのは難しいので、少しずつ自分で作ることを実践していくのがいいと思います。


実は私も、昔はミミズも怖くて触れない人間でしたが、少しずつ実践していって、今では泥まみれで農業をやっています。


お店を始める時は、最低限、いくら収入があれば暮らせるか計算しました。それ以上は稼がない、忙しくしたくなかったので。


高坂勝の経歴・略歴

高坂勝、こうさか・まさる。NPO法人「SOSA PROJECT」代表。神奈川県出身。明治大学卒業後、大手小売企業を経て独立。オーガニックバー「たまにはTSUKIでも眺めましょ」を経営しながら半農生活を実践。著書に『減速して生きる ダウンシフターズ』。

他の記事も読んでみる

榛葉昌寛

イタリアの音楽を表現するには身も心もイタリア人になりきるしかない。そこではじめの2年半は、もっぱらイタリア人とだけつきあい、食べるものも彼らとまったく同じものしか食べないと決め、日本食は一切食べませんでした。おかげで15キロ太りましたが、今ではイタリアにしっかりと根をおろすことができたように思います。


澤田秀雄

様々なことをやってきましたが、経営の基本は集中です。一業種で日本一、世界一になることが成功の秘訣だと思います。


小島貴子

自分をスペシャリストだと認識していても、うまくいっていたのは会社のブランドや組織力が要因だった事例が少なくない。飛び抜けた専門家になれないのなら、つぶしの利く人材を目指すべき。営業や社内ネゴの経験を積んで対人力を磨くなど、職場でスキルを磨いておく必要がある。


為末大

引退後のアスリートが不幸に見えてしまうのは、分かりやすい成功のイメージのみが残ってしまい、ついうしろを見ながら生きていくからです。これは元アスリートが抱える切ない問題で、どうしても「(現役時代の)あのとき」に縛られてしまうんですね。


安藤哲也

僕は「2割報告」と提案しているのですが、ゴールを目指すまでの行程のうち、2割くらい進んだ時点でリーダーに報告して状況を共有するのがおすすめです。2割の時点であれば軌道修正もしやすいので、リーダーとしても心置きなく助言できるし、現場の不安も解消しやすい。ありがちなのは、6~7割進んだ時点で初めて報告して「そんなことになっていたのか!」とリーダーを慌てさせてしまうパターン。軌道修正しようにもできず、「負け試合」を覚悟しなければいけないという悲劇に陥ります。最後に「やったな!」と成果を称え合える瞬間を目指すなら、2割報告がベストです。そのためには最初に「どういう道筋で進めるか」という全体像を描いて、「2割時点はここ」というイメージを共有することが必要になります。


岡島悦子

つべこべいわずに目の前の仕事に真剣に取り組むべきだと思いますが、「つべこべタイプ」が意外にたくさんいます。そのような人にかぎって目的意識の薄い資格取得などに走り、「いつか抜擢されるだろう」と白馬の王子様を待ち続けるのです。OJT(職場内訓練)に勝る学習はないのだから、まずは目の前の仕事に打ち込みたいものです。


志賀内泰弘

「質の高い人脈」は「肩書き」で決まるものではありません。いくら偉い人やお金持ちの知り合いがいても、知っているというだけでは、人脈とは呼べません。私は、「困ったときに電話を掛けるとすぐにでも助けてくれる関係」を「質の高い人脈」だと思っています。それだけの信頼関係がある、ということです。


瀬戸薫

当グループでは少数精鋭主義を貫いている。ただし当グループの少数精鋭主義とは、少数の精鋭を集めるということではなく、「少数になるほど精鋭になる」という意味だ。大きな組織では個人が埋没し、「私一人の成績が悪くてもあまり関係ないだろう」という雰囲気になりがちだが、組織を分割して少人数制にすると、皆が一所懸命に働き出すのである。


村口和孝

断片を真似しても、本質を真似したことにはならない。


坂根正弘

私が社長になったときに、世界1位、2位になれそうな商品・事業以外はやめると宣言して整理しました。300社あった子会社は2年間で統廃合し110社減らしました。


竹田和平

金貨を与える喜びが10だとしましょう。しかし貰う側は10倍、つまり100喜んでくれるんです。すると90喜びが増したことになります。その90は巡りめぐって、自分のところに帰ってくるんです! 帰ってこないことがないんです!


佐々木常夫

部下を残業させずにチームの成果を挙げるには、上司がプレイング・マネジャーをやめることが必要です。管理職の本来の仕事というのは、チームメンバー一人一人を指導して仕事のやり方を改善させながら、組織全体の効率を高めることです。これを本気でやろうと思ったら、プレーなんかしている余裕はないはずです。部下と一緒になってプレーしている管理職は、本業から逃げているだけです。