名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

高向巖の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高向巖のプロフィール

高向巖、たかむき・いわお。日本の経営者、銀行家。東京出身。東京外国語大学中国語科卒業後、日本銀行に入行。香港事務所首席駐在員、広報課長、札幌支店長、情報サービス局長などを歴任したのち、北洋銀行に移り副頭取・頭取・会長などを務めた。そのほか札幌商工会議所会頭などを務めた経営者。

高向巖の名言 一覧

いまの時代はトップ自らの勉強が大事です。そしてものごとをじっくり考える時間が必要です。


これまでに関わった地元経済界の運動で大成功したのは、「北海道のコメを道民が食べましょう」というキャンペーンです。道産米はまずいと思われていましたが、実は美味しいんだとアピールをし、かなり地産池消が進んでいます。コメ消費で道外に流れていたお金が地元に落ちるようになりました。次は酒とワインの領域でも道産酒愛飲運動をやろうと考えています。


北海道経済の活性化プロジェクト策定には企業家の養成が必要です。その際、ネックになるのが教育。北海道の場合、小中学生の学力が全国で最低レベルなのです。教育のレベルを引き上げなければ、創意工夫は出てこない。国際化も進められなくなります。


地方銀行の良さは、地元企業を応援することができるし、その結果もよく見えることでしょう。そこに地銀マンの生きがいがあります。若い人で、地域経済や地元の人たちと苦楽を共にしたい気持ちがあれば、地銀へ入ることをお勧めします。


2000年間に中国は大きく振れた。いまだってそう。実に中国らしいですね。違和感などまったくありません。向こう側の動きに合わせて一喜一憂しない。中国とはそういう気持ちで付きあった方がいいと思います。
【覚書き|日銀の駐在員として北京と香港に駐在した経験を振り返っての発言】


北海道経済界のリーダの一人としてやるべきことがたくさんあります。正直、荷が重いと思うときもあります。しかし、後輩に引き継いでおきたい気持ちは強い。そのためか、最近は人と話していても「これは俺の遺言だからよく聞け」と言っています。


高向巖の経歴・略歴

高向巖、たかむき・いわお。日本の経営者、銀行家。東京出身。東京外国語大学中国語科卒業後、日本銀行に入行。香港事務所首席駐在員、広報課長、札幌支店長、情報サービス局長などを歴任したのち、北洋銀行に移り副頭取・頭取・会長などを務めた。そのほか札幌商工会議所会頭などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

鎌田由美子(経営者)

エキナカの施設を乱造することはありません。ひとつひとつ生まれたエキナカをどう伸ばしていくか。駅を拠点にビジネスを展開して、愛される街作りに寄与したい。


佐藤優

交渉や話し合いが煮詰まってきたら、思い切ってコーヒーブレークを取ったり、思い切って日を改めたり、クールダウンの期間をとりましょう。気分が変われば、案外話は進展します。


高崎秀夫(高﨑秀夫)

お客さまにも「京都銀行と取引している」とおっしゃっていただきますが、私のような役員がお付き合いしているわけではないですし、支店長が行っているわけでもありません。つまり担当者がお付き合いをしているわけです。それを言葉では京都銀行とお付き合いしているとおっしゃるのです。つまり、信頼は個人に帰結している。それだけ、銀行にとって人の存在は大きい。


藤沢武夫

芸術というものが人と人との触れ合いから生まれるものであるとすれば、家庭も芸術でなければならないし、経営も芸術だろうと思うんです。物ではなく、心である。ロマンチストとしての私の企業経営との接点はそこにあるんじゃないでしょうか。


安田道男

考える習慣と言っても、何も特別なことをしているわけではなく、常に仕事のことを考えるということです。質問にすぐに答えることができたり、他人が思いもよらない発想をする人のことを『頭の回転が速い』と表現しますが、それは頭の回転が速いのではなく、そのことを常に考えて準備しているから、すぐに答えることができるのでしょう。


小枝至

実用書にしか価値を見出さない人もいますが、私は、歴史書や古典こそビジネスマンが読むべき本だと思っています。海外のビジネスシーンでは、聖書や歴史の話が引用されることが日常的にあり、不可欠な教養なのです。学生の頃、なんとなく読み流していた歴史も古典も、人生経験を積んでから手に取れば、そこに多くの人生訓を見つけることができます。


中村治兵衛(二代目)

他国へ商いに出掛けるときには、その国の人々がみな気分よく、商品を買って使えるように心掛けること。自分のことばかり思うのではなく、損得は天道の恵み次第だと考えて、高い利益は望まず、その国の人々を大切にすること。こうした心掛けによって、心が安らかになり、健康を得ることができる。常々、神仏を厚く信心するとともに、他国へ入るときには、まず第一に、以上のことをよく心掛けるようにせよ。


鈴木みゆき(経営者)

最初は治安にも不安がありましたが実際に行ってみると、新しい文化を体験できるのは幸せなことだと思いました。また、世界各地で新しい市場を開拓できたのは、チャレンジングな経験でした。
【覚書き|ロイター社員時代、バーレーンに駐在したときを振り返っての発言】


小松美羽

ニューヨークに行ったたった10日間が、私の人生を大きく変えました。世界の画家たちのスケール感を知らなかったら、アーティストとして、きっと世界の舞台を目指すこともなかったでしょう。


岡田茂

自分のモノサシでなく、お客さんのモノサシを大事にして考えることですよ。

【覚え書き|大当たりする企画づくりの秘訣を問われて】


成毛眞

思いついたことはとりあえずどんどんやってみる。「思いついたから」やる。「面白いから」やる。あるいは、「新しいから」というだけの理由でやってしまう。説得力がある理由は、ないほうがいいのです。そして、うまくいけば続けて、うまくいかなければどんどんやめることです。


分林保弘

M&Aでは、相手の会社が社員を大事にしてくれるかどうか、経営者が人間的に立派な方かどうかも大事な要素です。売り手オーナーは金額よりも、意外と、そういう部分を重視しているのです。そうした要素が成長していくうえで大事なことだと考えるからです。