名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

高原慶一朗の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高原慶一朗のプロフィール

高原慶一朗、たかはら・けいいちろう。日本の経営者。「ユニチャーム」創業者。大阪市立大学商学部卒業。ユニチャームを創業。在任42年中39年間増収増益を果たした。

高原慶一朗の名言 一覧

成功は続けておさめるのは至難の業だが、ひとつ秘訣があるとすれば、それは過去の成功を捨てることから始まる。


企業はリーダーの器以上に成長しない。


失敗の原因はすべて自分にあり、自分の責任だと考える。実際にいろいろな失敗について分析してみると、ほとんどが自分の責任に行きつく。


自分は「健全な欲張り」だと思います。しかし、その姿勢が人間の能力を最も伸ばす資質だと信じています。


人間の自己実現には3つの「し」、すなわち「志」「師」「詩」が、人生のライフサイクルに共通してある。


一、尽くし続けてこそナンバーワン。
二、人生の三惚れ(職縁、地縁、血縁)。
三、明・暖・和(明るくあたたかく和やかに)。


「3つの友を選べ。人生の師となる友、原理原則を教えてくれる友、直言してくれる友」。私は先輩に教わったこの言葉を大切にしてる。


企業成長は、イノベーションと創造的破壊への挑戦をつづける企業家精神にあるが、その基盤には企業家の経営哲学や人間性がなければならない。


「生理用品を手掛けるのは恥ずかしい」と言う社員に、「日陰者扱いされる風潮こそおかしい。そんな遅れた意識を払拭するためにも、いいものを作って、日本一になろうではないか」と説得しました。


「たわいもない夢を大切にすることから革新が生まれる」とは、ソニーの創業者である井深大さんの言葉です。夢を一刻も忘れることなく一歩でも近づこうと地道な努力を重ねたとき、夢が現実になるのです。そして、夢の大きさがその人の人生を決めるのではないかと思います。


成せばなるという確信のもと、無謀な低価格競争を抜け出すために品質の改善を行ったり、紙おむつなど新しい製品分野を開拓して、参入三年後には国内トップになりました。その後はアジアを中心に積極的に海外展開して、世界第三位メーカーになり、世界一が夢ではなく目標になりました。


生理用品事業を立ち上げた当時、無我夢中でした。国内で先行していたアンネ(日本初の生理用品メーカーで、のちにライオンに吸収合併された)の工場見学をなんとか実現させてもらい、自分たちが攻めるべきところを分析しました。質の高い生産設備や全国の薬局をカバーする販売網など感心した点もありましたが、高コストな体質や改善の余地が大きい製品の品質など弱点もありました。決して勝てない相手ではないと確信しました。


会社を創業して2年目の米国視察でのこと。スーパーで消費者が周囲を気にせずに生理用品を買っていく姿を見てショックを受けたのです。「買うのが恥ずかしい」とされていた当時の日本ではとても考えられませんでしたが、同時にこれはいけると確信しました。


父の力をほとんど借りず、友人に株式を引き受けてもらったりして独力で資金を集めました。お金は事業経営の血液。初めから輸血に頼っていてはいけないと思ったのです。そして、自分にない力を持った人材を年齢に関係なく集めました。
【覚書き|29歳で創業した建材会社の立ち上げ時について語った言葉】


父の製紙会社を継がずに会社を創業したのは、創業社長になりたいという強い願望があったからです。29歳で建材の会社(大成化工)を起こしました。


おかげさまで当社は、生理用品とおむつの国内市場でそれぞれ4割、5割のシェアを持つようになりました。ただ世界では、米P&G、米キンバリー・クラークなど競合がひしめいています。何としても世界一になりたいというのが率直な気持ちです。


こっちが恥ずかしいと思ったら買う女性はもっと恥ずかしいのと違うか。そんないわれのない社会通念や古い意識を変える時や。
【覚え書き|生理用品を取り扱うことになったとき、男性社員から反対意見が出たことに対する返答】


高原慶一朗の経歴・略歴

高原慶一朗、たかはら・けいいちろう。日本の経営者。「ユニチャーム」創業者。大阪市立大学商学部卒業。ユニチャームを創業。在任42年中39年間増収増益を果たした。

他の記事も読んでみる

永守重信

創業者が引退したら成長のスピードは必ず遅くなる。だから行けるところまで行く。


塙昭彦

手の中でくじをギュッと握って、「当たりだよ、当たりだよ」と思い続ければ、それは必ず当たりくじになる。しかし、「はずれだ、はずれだ」と思っていたら、当たりくじだったとしても、手を開いてみたらはずれくじに変わってしまう。


池田欣生

年齢に関係なく、見た目が若い人というのは、元気でいきいきしている人が多い。元気に行動する人は病気になり難いという結果も出ていますので、美容医療は健康で、人生をより前向きに楽しく過ごすための医療と考えてもらえたら嬉しいですね。


山中勧

売り場支援の一環として、「コトPOP」の提案・指導も行なっています。「コトPOP」とは、ふつうのPOPではなく、その商品を買うとどんな楽しいことが起きるかといった、モノではなく、コト(事・情報)を売るPOPのことです。小さなカードに、たとえば「ボジョレーヌーボーに合うおつまみを用意しました」とか、花見の季節に「おいしいものを持っていって桜より目立っちゃいましょう!」といった「買う理由」を提示することで、販売促進効果が生まれます。


中井政嗣

人生、山も谷もある。それを乗り越えながら少しずつ成長する人間でありたい。


美月あきこ

難しい言葉を使ったり、知識をひけらかしたりして「重み」を出そうとしても空回りするだけ。むしろ、相手のニーズを捉え、相手にとって役に立つこと、わかりやすく伝えることを心がけましょう。


小嶋光信

当たり前に聞こえるかもしれませんが、経営者に必要なのは、やはり「常識を捨てよ」「やり抜け」です。


二村俊一郎

アメリカ人は引退したあと投資家になって資産運用をしている人が多い。フランス人やイタリア人は、若いころから「早く年金生活に入って、田舎で農家でもやりたいよ」といっていて。実際に引退したら田舎でのんびり暮らしています。これは民族性の違いというほかないでしょう。


みうらじゅん

親孝行のいいきっかけは、親がちょっとだけ弱り始めた時ですよ。電話で弱音を吐いたとか、以前ほど元気じゃなくなったとか。逆に、全然元気なうちは親孝行なんて無理にはしなくていいと思う。


夏目志郎

豊かな人生を求めるのではなくて、豊かな人間になることを求めなさい。なぜなら、豊かな人間こそが、豊かな人生を築き上げることができるからだ。


小山昇

実行を重視するのは、頭で考えることと、実際にやってみることは違うからです。知識があるだけではビジネスはできません。いくら知識が豊富でも、それだけではお金にならない。知識は「知っている」だけ。それを実行に移してみることで、はじめて「理解」になります。でも、「理解」はまだ1回実行したにすぎません。何度も繰り返すことで、「わかる」ようになります。


永谷研一

目標を達成する人の87%が、簡単にできることから手を着けています。難しい問題から手を着けて目標を達成できた人はわずか13%しかい。