高原慶一朗の名言

高原慶一朗のプロフィール

高原慶一朗、たかはら・けいいちろう。日本の経営者。「ユニチャーム」創業者。大阪市立大学商学部卒業。ユニチャームを創業。在任42年中39年間増収増益を果たした。

高原慶一朗の名言 一覧

成功は続けておさめるのは至難の業だが、ひとつ秘訣があるとすれば、それは過去の成功を捨てることから始まる。


企業はリーダーの器以上に成長しない。


失敗の原因はすべて自分にあり、自分の責任だと考える。実際にいろいろな失敗について分析してみると、ほとんどが自分の責任に行きつく。


自分は「健全な欲張り」だと思います。しかし、その姿勢が人間の能力を最も伸ばす資質だと信じています。


人間の自己実現には3つの「し」、すなわち「志」「師」「詩」が、人生のライフサイクルに共通してある。


一、尽くし続けてこそナンバーワン。
二、人生の三惚れ(職縁、地縁、血縁)。
三、明・暖・和(明るくあたたかく和やかに)。


「3つの友を選べ。人生の師となる友、原理原則を教えてくれる友、直言してくれる友」。私は先輩に教わったこの言葉を大切にしてる。


企業成長は、イノベーションと創造的破壊への挑戦をつづける企業家精神にあるが、その基盤には企業家の経営哲学や人間性がなければならない。


「生理用品を手掛けるのは恥ずかしい」と言う社員に、「日陰者扱いされる風潮こそおかしい。そんな遅れた意識を払拭するためにも、いいものを作って、日本一になろうではないか」と説得しました。


「たわいもない夢を大切にすることから革新が生まれる」とは、ソニーの創業者である井深大さんの言葉です。夢を一刻も忘れることなく一歩でも近づこうと地道な努力を重ねたとき、夢が現実になるのです。そして、夢の大きさがその人の人生を決めるのではないかと思います。


成せばなるという確信のもと、無謀な低価格競争を抜け出すために品質の改善を行ったり、紙おむつなど新しい製品分野を開拓して、参入三年後には国内トップになりました。その後はアジアを中心に積極的に海外展開して、世界第三位メーカーになり、世界一が夢ではなく目標になりました。


生理用品事業を立ち上げた当時、無我夢中でした。国内で先行していたアンネ(日本初の生理用品メーカーで、のちにライオンに吸収合併された)の工場見学をなんとか実現させてもらい、自分たちが攻めるべきところを分析しました。質の高い生産設備や全国の薬局をカバーする販売網など感心した点もありましたが、高コストな体質や改善の余地が大きい製品の品質など弱点もありました。決して勝てない相手ではないと確信しました。


会社を創業して2年目の米国視察でのこと。スーパーで消費者が周囲を気にせずに生理用品を買っていく姿を見てショックを受けたのです。「買うのが恥ずかしい」とされていた当時の日本ではとても考えられませんでしたが、同時にこれはいけると確信しました。


父の力をほとんど借りず、友人に株式を引き受けてもらったりして独力で資金を集めました。お金は事業経営の血液。初めから輸血に頼っていてはいけないと思ったのです。そして、自分にない力を持った人材を年齢に関係なく集めました。
【覚書き|29歳で創業した建材会社の立ち上げ時について語った言葉】


父の製紙会社を継がずに会社を創業したのは、創業社長になりたいという強い願望があったからです。29歳で建材の会社(大成化工)を起こしました。


おかげさまで当社は、生理用品とおむつの国内市場でそれぞれ4割、5割のシェアを持つようになりました。ただ世界では、米P&G、米キンバリー・クラークなど競合がひしめいています。何としても世界一になりたいというのが率直な気持ちです。


こっちが恥ずかしいと思ったら買う女性はもっと恥ずかしいのと違うか。そんないわれのない社会通念や古い意識を変える時や。
【覚え書き|生理用品を取り扱うことになったとき、男性社員から反対意見が出たことに対する返答】


高原慶一朗の経歴・略歴

高原慶一朗、たかはら・けいいちろう。日本の経営者。「ユニチャーム」創業者。大阪市立大学商学部卒業。ユニチャームを創業。在任42年中39年間増収増益を果たした。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

エイチ・アイ・エスグループが何の会社か、5年したら変わります。今、発電所を作っていますが、電力会社になるかもしれません(笑)。「変なホテル」3号棟で実験しようとしている太陽光と蓄電池を使えば、1~2年で減価償却が終わる。つまり3年目から電気代が無料になる。リチウム電池は価格が高く、大きなモノを作ると熱を持ったりする。一方、我々が作る植物電池は性能も良く、蓄電能力も10倍です。太陽光でこれまでの4分の1くらいの値段で電気を作り、各家に導入すれば、大型発電所は要らなくなる。自分の家の自然エネルギーでまかなえますから。それをいよいよ3号棟で実験して、良ければこれを世界に売っていこうと考えています。


新井直之(執事)

最近は贈る人が少なくなっているからこそ、お中元、お歳暮、お年賀のような「季節のご挨拶」の価値が高まっています。人は感情の動物ですから、贈られた好意にはより大きな好意で答えようとしてくれるのです。


小島貴子

現存する職業が今後も存続するとは限らない上に、新たな職業も続々と誕生する中で、既存の職業を念頭に置いてキャリア設計を立ててもあまり意味を持たない。


林真理子

小説を書くという仕事のうえでも、若い頃からお金を惜しみなく使ってきたことが大いに役立っています。バブルの頃などには高級な和服をずいぶんと買ったものですが、あの経験があったから、時代小説を書くときに和服を描写することができる。お金を使った成果だと思います。


チバユウスケ

バンドの何がいいのかって言ったら、すげえいい曲ができる瞬間って必ずあるわけよ。その時はすごい興奮する。それがあるから楽しい。


兼元謙任

よくトップアスリートがプラスの言葉を意識的に使うようにしているじゃないですか。あれは、言葉には一種の自己暗示効果があり、本当にその通りになっていくことを、彼らがよく知っているからなんです。


有森裕子

私がマラソンを始めたのは大学に入ってからです。具体的にオリンピックを目標にしたのは、リクルートに入って、初マラソン日本最高記録を出したときです。10代から才能があると注目されてきた選手ではないのです。そんな私には勝ちパターンはありません。事前に理想のレース展開なんて考えず、どんな状況でも走れる準備をするだけです。


ケリー・マクゴニガル

イヤな客に対応するのは苦痛な作業です。しかし、視点を変えて「不機嫌な客に攻撃される自分のストレス」に注目するのではなく、「誰かの心配事を解決してあげられる喜び」に関心を向けることができる、そのチャンスを得られる、と考えてみてください。そう考えることで、その苦しみが「顧客の心配事を、簡潔明快な答えをもって解決できる」という喜びに変わるかもしれません。


松尾康史

口下手な私は成果も上がらず、営業マンになって最初の一年間は受注ゼロ。最初は「このつらい気持ちをなんとか癒したい」という思いでセミナーに参加したのですが、実際には心がラクになるだけでなく、営業成績が上がるようになり、仕事が楽しくなるという好循環が生まれたのです。セミナーで教えられたことは、「まず、相手のことを好きになる」ことの重要性。以前の私は、「自分のことをわかってほしい」「認めてほしい」と、自分のことばかり考えていました。でも、「相手のことを好きになる」ことで、自然と相手の役に立ちたいという気持ちが芽生えてきた。すると、今までは「相手の機嫌はどうかな」とビクビクしながら訪問していたのが、相手に会うことが楽しみになってきたのです。


田村邦明

人間の脳は興味のあることしか覚えないため、さまざまな刺激を与えてあげないと、どんどん凝り固まって偏ってしまうそうです。そのため色々な経験をさせてあげたり、自然に触れさせるなどして、あらゆることに関心を向けさせることが大切ではないでしょうか。


平野岳史

僕の場合、自分の中でできることを見つけて、本当に身近なところから手をかけていっただけ。最初は生きていくために始めた事業が、やっと食えるようになり、徐々に形になっていった。そういう変化の中で自分の考え方も変わっていき、そんな社長を見て周りの人もついてくる。自分を支えてくれるいい仲間に恵まれたことも大きかったですね。そうやって上を目指せるようになっていくということが、僕はすごく大事だと思うんです。


織田大蔵

常に大きな夢、大きなことを考えて発言していると、いつの間にか気宇壮大になり、人間も大きく、大きな事業を成し遂げられるようになるものだ。


門出希

これからのデザイナーは、お客様や消費者の置かれた経済環境を考慮したうえで、デザインを提供していかなければ。


吉楽裕

試行錯誤の積み重ねをしていく中で、イレブンカットの評判が広まり始め、お客様に来ていただけるようになった。


小山田隆(銀行家)

7割失敗してもいい。成功確率3割を目指せ。新しい、ビジネスは、トライ&エラーを繰り返さない限り、生まれてこない。


ページの先頭へ