名言DB

9490 人 / 112001 名言

高丘季昭の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

高丘季昭のプロフィール

高丘季昭、たかおか・すえあき。日本の経営者。西友会長。東京大学卒業後、東京新聞社を経て西武百貨店に入社。その後、西友ストアー(のちの西友)に移り取締役を経て会長。

高丘季昭の名言 一覧

プラザ合意後の円高時代にも内外価格差はあった。あの時期にやろうと思えばやれたことを我々はやらなかった。まず怠惰でしたと消費者に謝るべきで、今年になって半分にできましたというのはおかしい。
【覚書き:ライバル会社の価格破壊宣言に対しての発言】


高丘季昭の経歴・略歴

高丘季昭、たかおか・すえあき。日本の経営者。西友会長。東京大学卒業後、東京新聞社を経て西武百貨店に入社。その後、西友ストアー(のちの西友)に移り取締役を経て会長。

他の記事も読んでみる

中村比呂志

最初は地道な作業に終始しました。全国のホテルに「我々は全国チェーンを目指しています。経営が厳しいホテルでも我々は必ず再生できます」といった文面のDMを発送しました。このDMを手掛かりに車1台で、北は青森から南は四国まで縦断して駆け回り、ホテルオーナーと面談することが最初のスタートでした。


ロバート・キヨサキ

妻と私はいつも笑うことを忘れなかった。状況がつらくなればなるほど、人は悲観的になる。人生の困難や自分の犯した間違いの愚かさを、妻や夫、真の友と一緒に笑い飛ばすひとときがなければ、立ち直るのも難しい。一人より二人の方が心強いに決まっている。


横山光昭

万が一、収入が途絶えたとき、乗り越えられるかどうかは、メンタル面の強さなどももちろんありますが、当座をしのぐ貯金があるかないかに大きく左右されるものです。収入がゼロになってしまったとき、安心できる貯金額の目安は、最低でも月収の6か月分。できれば1年分の収入を貯められるように頑張りたいものです。


伊藤一郎(経営者)

繊維企画管理部の課長代理になったころ、石油危機で業績が急落。全社的に資金不足に陥りました。ボーナスも合成繊維の毛布など現物支給。銀行の貸し渋りが強まるなか、資金の効率化運動を任されることになりました。独学で財務知識を身に着け、このままでは黒字倒産もあり得ることに気づきました。「在庫は罪の子」と社内に説き、赤字を気にせずに過剰在庫を売り切ることを指示しました。資金回収期間の短い輸出品を増やしたり、現金割引も奨励したりしました。この結果、1年間で繊維部門の運転資金を100億円圧縮することに成功しました。後に財務担当になる私にとって、原点になる経験でした。


上西京一郎

人間というのは自分の行動を誰かに見てもらい、認めてもらうということは、明日への活力になる。


村田昭治

新しいパラダイムに取り組むのは人である。人がすべての基点である。人にとって大切なのは人の心のもち方であり、それが人の質を決める。それを支えるのは人格で、人格をもった企業人を育てあげることが、ニューパラダイムに対応していく経営を行うための前提。


篠原欣子

当社の成功の秘訣は、本業に徹し、お客様のニーズに忠実に応えてきたことです。


濱田純一

一部の学生は、何もしなくてもどんどんいろんなことにチャレンジしています。しかし中間層の学生は頭は良いし、大抵のことはできるということに満足してしまっているきらいもある。そういう学生たちが外に出て、いろんなものとぶつかって苦労すれば、もっと伸びます。


山岸和実

上司の立場と思惑にも留意しましょう。ポジションの高い上司であればあるほど、社内外への影響を考え、即決が難しくなるもの。そこを察して、提案を実行した際のメリットやデメリット、課題やその解決策を述べましょう。必要な情報を得られて上司は大助かり、こちらもスピーディに採用が得られて一石二鳥です。「ぜひご検討ください!」と懇願するより、はるかに効果の高い方法と言えるでしょう。


プレム・ラワット

私は、自分ができることをやっているだけです。言い訳はしたくないし、どうせ無理だと努力することを投げ出したくもない。できることを、まずやる。そんな仲間が増えれば力はもっと強く、声はもっと大きくなりますよね。私は過去に4度、「平和の大使」に任命されましたが、その式典の場でこう言いました。「私だけじゃない、あなたも、あなたも、あなたも、ここにいる全員が平和の大使なんです」と。


遠藤信博

当時、再生戦略などありませんでした。ビジネスは人と人との所作です。お客様との信頼と、強い意志が一番のカギです。
【覚書き|モバイルワイヤレス事業部長時代、携帯電話の基地局間を結ぶ無線通信システム「パソリンク」を赤字から黒字に転換し、さらに世界シェアナンバーワンに引き上げたことについて語った言葉】


天野篤

メジャーなところでなくても、小さなところから積み上げていけば一人前の道をつかめる。