駒井健一郎の名言

駒井健一郎のプロフィール

駒井健一郎、こまい・けんいちろう。日立製作所社長・会長

駒井健一郎の名言 一覧

メーカーとして最も大切なことは、製品の性能、品質が良く、事故がないことと、新しい技術を開発して次代の要求に答えていくことである。【覚書き:技術開発を尊ぶ日立の理念を語った言葉】


企業の最高の意思決定は社長に一元化しないと、ゴタゴタが起こったり、決定が不明確になる。また、社長が先輩に遠慮して経営をやるようでは、はっきりした経営体制はとれない。【覚書き|日常業務は後任の社長にすべて任せ、自由にやらせるという日立製作所の会長就任時からの哲学。船頭多くして船陸に上がるを防ぐための考え方】


駒井健一郎の経歴・略歴

駒井健一郎、こまい・けんいちろう。日立製作所社長・会長

他の記事も読んでみる

サム・ウォルトン

たいていの会社には、「歌うトラック・ドライバーズ」というゴスペル・グループも、「ジミー・ウォーカーと会計士たち」という管理職のコーラス・グループもないのだ。真剣に働いているからといって、いつもしかめっ面をしたり、難しい顔をしている必要はないのだ。だが、どんな仕事をする場合でも、私たちは楽しくやりたいと考えている。それは、「口笛を吹きながら働く」式の哲学であるが、この精神でやれば仕事が楽しいだけでなく、よりよい仕事ができる。


庄田隆

人の病気、疾患は非常に多く、それを全部カバーするのは目標が遠大すぎます。我々が持つ技術と、世の中で治療ニーズが高い疾患を比較検討した結果、研究開発の4つの重点疾患領域にたどり着きました。4領域すべてで世界トップクラスの製品群を持ち、それを世界の主要な市場で自らの組織で生産販売していくことを目指します。


田中俊彦(経営者)

よくいろいろな人から「なんで無借金なのに上場するんですか?」と聞かれるんです。私は会社を成長させるためには、上場が一つの通過点だと考えています。やはり、成長は全てを凌駕する。そういう強い意志を持って会社を成長させていきたい。


高田明(ジャパネットたかた)

いま、ジャパネットの業績が伸びていますが、好調なときは危険なんです。時代は常に変化していますから、課題も次々に出てきます。


馬場芳彦

組織の面では経営トップを含めて役員、部長クラスまでほとんどが入れ替わりました。当然、社内でも抵抗はありましたが、目的は人事改革ではありません。改革に賛同できなければ、その地位にいていただくわけにはいきません。かなりの大ナタを振るいましたが、幸いにも直近では、業績が好転し始めました。


佐々木常夫

私は昔から、上司や部下の誕生日をすべて手帳に書き込んでいます。そして当日になったら、「おめでとう」と声をかけるのです。すると相手は、「私の誕生日を覚えているなんて」と感激して、こちらに好感を持ってくれるようになる。何十人分もの誕生日を手帳に書いて忘れずに声をかけるのは、なかなか大変な作業です。でも、その努力は必ず報われる。人間関係は努力があってこそ培われるものだということを肝に銘じるべきです。


藤野英人

不思議なもので、どん底でもがいていると応援してくださる人が集まってきました。日本には良い会社がたくさんあります。企業の大小に関わらず、根っこから元気にしていきたいですね。そのためにも私自身、理想の投信を作るべく奮闘中です。


中村靖(経営者)

ベテラン技術者のノウハウを伝承するために、ヘッド・マウント・ディスプレーやウエアラブルのカメラなどを使って、仕事のやり方を記録することにも取り組んでいます。


ピーター・ドラッカー

人々を動機付ける能力がなくては、経営者とは言えない。


藤田晋

ビジネスは中長期も含めて考えるもの。短期的に考えた時は合理的な判断でも、中長期で考えるとものすごく不合理なことも、よくあるのです。


牛田一雄

日本勢は圧倒的シェアを持つなかで、エボリューション(順次発展)をすればいいと思っていた。一方、ASMLは技術でレボリューション(革命)を起こし、オセロゲームのようにシェアを奪った。ニコンがこの差を埋め、追い抜く世界最高性能を持った製品を送り出すことができたのは、今年4月。14年の歳月を要した。


藤田晋

短期勝負に勝つために必要なことは大きく2つある。1つ目は、「飢餓感と言っていいほどの勝ちたいという気持ちを強く持つこと」。2つ目は「実際の自分たちの実力を臆病なほど冷静に見極めること」。


古森重隆

本当はコア商品を持っていた方が強いのです。トヨタ自動車が良い例です。何かひとつでも大きな売り上げを確保して世界的な強さを持てるなら、それがいい。うちも、写真というコア商品を維持できれば、その方が絶対よかったのです。多様性はひとつの保険なんです。当社はいろいろやらなければならなかったというだけです。


田口佳史

国でも企業でも、トップの運が弱いと大変です。運が強いかどうかは経営の根幹に影響するといえます。運を強くするためには、自己の最善を他者に尽くしきること。感謝の人間関係を成立させていくこと。会社で日々の業務をするということも、そういうことなのです。


岩田松雄

意志決定をする際、まずいつまでにその意思決定をしないといけないかを確認します。それがわかれば、ぎりぎりまで情報を集めます。それも、できるだけ一次情報を重視します。余裕があれば、実際の現場を自分で見に行ったり、関係者の意見を聞いたりします。


ページの先頭へ