名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

馬田一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

馬田一のプロフィール

馬田一、ばだ・はじめ。日本の経営者。鉄鋼業を主軸とするJFEホールディングス社長。東京大学大学院工学系研究科(冶金学専攻)修士課程修了後、川崎製鉄に入社。鉄鋼企画部企画室長、経営企画部長、経営統合後JFEスティール専務、JFEスティール社長などを経て、JFEホールディングス社長に就任。そのほか、日本鉄鋼連盟会長、世界鉄鋼協会副会長なども務めた経営者。

馬田一の名言 一覧

製鉄所を建設するとしたら数千億円から一兆円かかります。下手をすると、会社が火だるまになりかねません。高炉一基つくるといったって、そう簡単にやっちゃいかんわけですよ。ある意味、猪突猛進は簡単だけれども、それはハイリスク・ハイリターンです。相当に物事を慎重に考えなくてはいけません。ただし、いったん決めたら、脇目も振らずにやります。


開発力とはやっぱり人です。伝統的な仕組みとチームワーク。そのチームも、たとえば日本全体で見れば自動車メーカーと一緒になってやったりして、日本が得意だと思う分野を伸ばしていくのです。このことは市場の環境が変わろうが、変わるまいが、常に我々が目指していく方向じゃないかと思っています。


製鋼所の課長というと小さな会社の社長みたいものです。若いときに、工場の中でそういうトレーニングができて、大変勉強になりました。
【覚書き|東京大学大学院修了後、製鉄所に配属され、現場で経験を積んだことについて語った言葉】


10年先、20年先まで考えてものごとを決め、上手く次にバトンタッチしていきます。自分の代では完成しないかもしれませんが、それはしょうがないことです。


馬田一の経歴・略歴

馬田一、ばだ・はじめ。日本の経営者。鉄鋼業を主軸とするJFEホールディングス社長。東京大学大学院工学系研究科(冶金学専攻)修士課程修了後、川崎製鉄に入社。鉄鋼企画部企画室長、経営企画部長、経営統合後JFEスティール専務、JFEスティール社長などを経て、JFEホールディングス社長に就任。そのほか、日本鉄鋼連盟会長、世界鉄鋼協会副会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

宮永俊一

自分が間違っているという不安感を埋め合わせるために、厳しいことを言ってくれる人となるべく話すよう心がけている。


大久保直子

テーブルマナークラスで「相手が話している間は、食事の手を休めるべきか」という質問がよくありますが、基本は食べながら会話を進めるのがマナーです。話に夢中になり料理がどんどん冷めていくのはお店に対して失礼で、食事のマナーにも適っていません。


三宅義信

なにごとも努力なくして勝利なし。


山崎奈保子

あの過程(シアタークリエの開場準備)で学んだことが一番、現在の自分の財産になっています。まるっきり性格が変わったんじゃないかというくらい、成長できたと思います。


田中辰巳

配慮が足りないひとことで取引先を怒らせたような場合は、自分より上位の責任者、つまり上司に帯同してもらって解毒するのが一番です。上司から「私どもの配慮が行き届かず、大変申し訳ありませんでした。こいつは本当に気が利かなくて……」とガス抜きしてもらうのです。そのうえで当人が「これから勉強してゆきます」と頭を下げます。


佐々木かをり

誰でも何かやっていますよね。学生であれば勉強、アルバイトでもなんでもいま仕事をしているとすれば、人間は好きなことしかしていないはずなので、ほかの選択肢よりも、いまそこへ行くことの方が自分は良いと思って通っているということ。これは認めざるを得ない事実なんです。


堀場雅夫

旧来の日本企業は、社内の「和」に重心をかけすぎ、社員に「自分を捨てて全体のために生きるべきだ」という道徳を押し付けてきた。だが、今後は、いい意味で利己主義の人材が必要になる。もちろん「和を乱せ」というのではない。みんなで仲良くする前に、個々がしっかりとしたスキルと情熱、行動力を持たなくてはいけないということだ。


山城徹也

営業成績のいい人材ほど、周囲に対する気配りが行き届いている。


石田淳(コンサルタント)

目標を達成したら、家族の同僚、恋人などの身近な人に褒めてくれるように頼むのもお勧めです。フェイスブックに書き込んで「いいね!」を押してもらうだけでも構いません。運動習慣をつけようとしていることを宣言し、周囲の人にサポーターになってもらいましょう。


ローランド・シュミット

優秀な人間が、まずい計画の欠陥を修正することはできる。しかし、その逆はまず不可能だ。


出路雅明

以前のぼくは、「どうしたらカッコよくてデキる社長に見られるか」といったことにばかりエネルギーを注いでいました。でも今は、周りにどう見られようとも、「本当によい会社とは何か、そのためにどんな環境を整えたらいいか」という点にエネルギーを向けています。


藤原和博

転職の意志の有無にかかわらず、これまでの自分の「履歴書」を書いてみることを勧めます。このとき、「新規事業のプロジェクトリーダーを務めた」「営業部の次長に就いた」というように、自分がどんな部署にどんな役職でいたか(=Be)という「位置エネルギー型」の経歴ではなく、「連携不足の解消に組織横断的な役割を買って出た」「不足していた○○の技術を補うために部内に専門部署をつくった」など、自分がどんなことをしてきたか(=Do)という「運動エネルギー型」の実績を書いてみてください。そうすると、今後自分はどこに力を入れるべきか、どの部分をさらに深めればよいか、エネルギーの矢を放つべき方向性が現実感をもって見えてくるでしょう。