名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

馬田一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

馬田一のプロフィール

馬田一、ばだ・はじめ。日本の経営者。鉄鋼業を主軸とするJFEホールディングス社長。東京大学大学院工学系研究科(冶金学専攻)修士課程修了後、川崎製鉄に入社。鉄鋼企画部企画室長、経営企画部長、経営統合後JFEスティール専務、JFEスティール社長などを経て、JFEホールディングス社長に就任。そのほか、日本鉄鋼連盟会長、世界鉄鋼協会副会長なども務めた経営者。

馬田一の名言 一覧

製鉄所を建設するとしたら数千億円から一兆円かかります。下手をすると、会社が火だるまになりかねません。高炉一基つくるといったって、そう簡単にやっちゃいかんわけですよ。ある意味、猪突猛進は簡単だけれども、それはハイリスク・ハイリターンです。相当に物事を慎重に考えなくてはいけません。ただし、いったん決めたら、脇目も振らずにやります。


開発力とはやっぱり人です。伝統的な仕組みとチームワーク。そのチームも、たとえば日本全体で見れば自動車メーカーと一緒になってやったりして、日本が得意だと思う分野を伸ばしていくのです。このことは市場の環境が変わろうが、変わるまいが、常に我々が目指していく方向じゃないかと思っています。


製鋼所の課長というと小さな会社の社長みたいものです。若いときに、工場の中でそういうトレーニングができて、大変勉強になりました。
【覚書き|東京大学大学院修了後、製鉄所に配属され、現場で経験を積んだことについて語った言葉】


10年先、20年先まで考えてものごとを決め、上手く次にバトンタッチしていきます。自分の代では完成しないかもしれませんが、それはしょうがないことです。


馬田一の経歴・略歴

馬田一、ばだ・はじめ。日本の経営者。鉄鋼業を主軸とするJFEホールディングス社長。東京大学大学院工学系研究科(冶金学専攻)修士課程修了後、川崎製鉄に入社。鉄鋼企画部企画室長、経営企画部長、経営統合後JFEスティール専務、JFEスティール社長などを経て、JFEホールディングス社長に就任。そのほか、日本鉄鋼連盟会長、世界鉄鋼協会副会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

鷹取真一

外食で訪れる飲食店の、リアル世界ならではの「空間を含めた雰囲気作り」が、オンラインのアプリにおける世界観作りの参考になります。先回りしながら押しつけがましさを感じさせない店員さんの高度な気遣いも、アプリユーザーへの丁寧なアナウンスや導線設計を考えるうえで役立ちます。


水上勉

美しい女とは、貧富に関わらず、己を無にして生きている女性のことをいう。私はそのように解釈している。己を無にするといったのは、つまり頭の中をいつも空っぽにして、世間というものの恐ろしさ、美しさ、さびしさを、身に染ませつつ生きるということでもある。


川相政幸

顧客満足度は、働く人のモチベーションに左右される。


藤本やすし

雑誌の表紙は、書店に並んだときに顔になる、そんな役割を果たしています。だからこそ、第一印象で消費者の五感に訴えかける価値を、何らかの形で提供しようと知恵を絞るのです。僕の場合は、とくに「グッズ感覚」ということにこだわっています。パッと見たときに商品が楽しく見えて、思わず買ってしまうことを目指しているのです。衝動買いしたくなる雑誌かどうかは、表紙の大事な要素だと思います。


岩崎達也(マーケティング)

中間のリーダーたちは、部署の垣根を越えて言うべきことを言い、根回しをして行動した。経営トップや人事部は、これをバックアップした。そういった全社一丸の動きによって組織が機能的に回り、成功につながっていったのだと思います。

【覚え書き|日本テレビ時代、視聴率トップを奪還したときを振り返って】


新将命

「根回し」と言うと、自分の利益のためだけに裏で手を回すといったダークなイメージがあるかもしれません。それがゆえ、根回しを敬遠する人が少なくありませんが、実は、ビジネスパーソンが当たり前に身につけるべきスキルの1つ。日本特有のものではなく、欧米でも一般的に行われているビジネス習慣で、根回しを意味する英語の成句もある。米国には、企業に雇われ、特定の法案などを通すために政治家に働きかける「根回しの専門職(ロビイスト)」も存在します。


西任暁子(西任白鵠)

怒りや苛立ちは、自分のニーズが満たされないときに起きるもの。「ミスをしたくない」という思いが強ければ、部下のミスへの怒りは強くなり、「時間は守るべき」と強く思っていれば遅刻に厳しくなる。つまり、自分の中のこだわりが、怒りを起こさせているのです。


白石尚久

将来的にはイングランドの名門チームでスペクタクルなサッカーを魅せる監督になることが目標です。日本人が国際舞台で通用することも身をもって証明したい。


石毛直道

他人が手を付けていない分野に取り組む。私がやっている学問で言えば、参考文献も引用文献もない仕事をしたい。全部、自分の独自調査とオリジナリティだけで勝負しなければならない。実にしんどい作業です。しかし、楽しい作業でもあるのです。私の専門は文化人類学の中の食事文化と呼ばれる領域です。


井上直美(経営者)

かつてはトップダウン型でしたが、今では組織で動いていく感じになってきました。1人が指示するよりも10人で考えた方が効率もいい。何よりもそうしなければ人が育ちません。


大澤孝征

ラジオは自分がダイヤルを調節し、周波数を合わせないと聞こえませんよね。対面のコミュニケーションも、同様です。「自分は相手と同じ人間なのだから、周波数を合わせられるはずだ」という前提に立たなければ、相手から本音を引き出すことなどできません。


国枝慎吾

9歳で車いす生活が始まり、人と同じ行動が取れないことで悔しい思いもしました。でも、テニスに出合い、成長を感じられる日々は本当に面白く、自信を持って人生を歩めるようになった。