名言DB

9425 人 / 110833 名言

馬田一の名言

twitter Facebook はてブ

馬田一のプロフィール

馬田一、ばだ・はじめ。日本の経営者。鉄鋼業を主軸とするJFEホールディングス社長。東京大学大学院工学系研究科(冶金学専攻)修士課程修了後、川崎製鉄に入社。鉄鋼企画部企画室長、経営企画部長、経営統合後JFEスティール専務、JFEスティール社長などを経て、JFEホールディングス社長に就任。そのほか、日本鉄鋼連盟会長、世界鉄鋼協会副会長なども務めた経営者。

馬田一の名言 一覧

製鉄所を建設するとしたら数千億円から一兆円かかります。下手をすると、会社が火だるまになりかねません。高炉一基つくるといったって、そう簡単にやっちゃいかんわけですよ。ある意味、猪突猛進は簡単だけれども、それはハイリスク・ハイリターンです。相当に物事を慎重に考えなくてはいけません。ただし、いったん決めたら、脇目も振らずにやります。


開発力とはやっぱり人です。伝統的な仕組みとチームワーク。そのチームも、たとえば日本全体で見れば自動車メーカーと一緒になってやったりして、日本が得意だと思う分野を伸ばしていくのです。このことは市場の環境が変わろうが、変わるまいが、常に我々が目指していく方向じゃないかと思っています。


製鋼所の課長というと小さな会社の社長みたいものです。若いときに、工場の中でそういうトレーニングができて、大変勉強になりました。
【覚書き|東京大学大学院修了後、製鉄所に配属され、現場で経験を積んだことについて語った言葉】


10年先、20年先まで考えてものごとを決め、上手く次にバトンタッチしていきます。自分の代では完成しないかもしれませんが、それはしょうがないことです。


馬田一の経歴・略歴

馬田一、ばだ・はじめ。日本の経営者。鉄鋼業を主軸とするJFEホールディングス社長。東京大学大学院工学系研究科(冶金学専攻)修士課程修了後、川崎製鉄に入社。鉄鋼企画部企画室長、経営企画部長、経営統合後JFEスティール専務、JFEスティール社長などを経て、JFEホールディングス社長に就任。そのほか、日本鉄鋼連盟会長、世界鉄鋼協会副会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

三木谷浩史

インターネットを使って、条件的に弱い立場にある人に力を与えること。エンパワーメントすることが楽天の使命なのだということを、僕たちはあの時期に学んだ。出店者はなかなか増えなかったけれど、やるべきことは山のようにあった。事務所には寝袋が備えてあって、いつも誰かがそこで寝ていた。時間がないから、昼食は毎日近所の牛丼屋で済ませていた。自分たちのやっていることが、世の中のためになると信じていたからこそ、あそこまで仕事に夢中になることができたのだ。


内田和成

若いうちなら、作業のスピードが速いだけでも便利屋として上司から重宝されるかもしれません。しかし、作業が速いだけでは、役員にまで出世はできないでしょう。マネジメント層に求められるのは、エクセルで早く表をつくる力ではなく、何が問題化をいち早く見極め、解決策を即決する力だからです。


茂木友三郎

革新と差異化をすることによって新しい付加価値を生み出すことができる。


コシノジュンコ

新しく挑戦するのはなかなか大変なことだと思われるかもしれませんが、私はこれまで常に「今からスタート」という気持ちで、どんな仕事でも、楽しく、面白がってやってきました。


伊藤彰(コンサルタント)

新人が配属されると、実際に作業指示を出すことになるが、ここが人材育成の要なので指示の出し方は丁寧に。とりわけ、5W1Hを意識する。5W1Hの中で一番大切なのは「これをやって」というWhatではなくWhyである。部分的に仕事を任せるにしても、作業の目的を理解させ、その仕事がチーム全体に対してどのように貢献するかを教えることが重要だ。


市原晃

小売業の鉄則は「商い」と「始末」の区別をはっきりさせ、それを守ること。
【覚書き:始末とは経理、商品管理、労務管理などのこと。売上を伸ばすと同時にそういったこともきちんとこなさないという趣旨の発言】


勝間和代

大事なのは、将来でも過去でもなく、「今」この時に集中すること。


花井陳雄

私たちの新薬開発は、壁にぶつかったり、先が見えずにさまようこともありました。会社からストップがかかりそうになったことも一度や二度ではありません。そんな中、リーダーとして、どんなに厳しい状況でも、目標に向けてチームを引っ張っていくことを心がけました。一緒にやったメンバーには、相当苦労をかけたと思います。幸いなことに、新薬の開発を始めてから25年を経て、その研究から2つの新薬が生まれました。


里見多一

捨てる神あれば拾う神ありなので、社員には決して諦めるなと伝えています。創業者精神である運・鈍・根を大切に、これからもやっていきたい。


宮戸直輝

お客様とのコミュニケーションがよく取れていれば、必要最低限のニーズがあることに気づけるはずです。そこを徹底的に掘り起こしていくことが大切です。私は、新しいアイデアはまさにこういう厳しい時代だからこそ生まれてくるのだと思います。