馬田一の名言

馬田一のプロフィール

馬田一、ばだ・はじめ。日本の経営者。鉄鋼業を主軸とするJFEホールディングス社長。東京大学大学院工学系研究科(冶金学専攻)修士課程修了後、川崎製鉄に入社。鉄鋼企画部企画室長、経営企画部長、経営統合後JFEスティール専務、JFEスティール社長などを経て、JFEホールディングス社長に就任。そのほか、日本鉄鋼連盟会長、世界鉄鋼協会副会長なども務めた経営者。

馬田一の名言 一覧

製鉄所を建設するとしたら数千億円から一兆円かかります。下手をすると、会社が火だるまになりかねません。高炉一基つくるといったって、そう簡単にやっちゃいかんわけですよ。ある意味、猪突猛進は簡単だけれども、それはハイリスク・ハイリターンです。相当に物事を慎重に考えなくてはいけません。ただし、いったん決めたら、脇目も振らずにやります。


開発力とはやっぱり人です。伝統的な仕組みとチームワーク。そのチームも、たとえば日本全体で見れば自動車メーカーと一緒になってやったりして、日本が得意だと思う分野を伸ばしていくのです。このことは市場の環境が変わろうが、変わるまいが、常に我々が目指していく方向じゃないかと思っています。


製鋼所の課長というと小さな会社の社長みたいものです。若いときに、工場の中でそういうトレーニングができて、大変勉強になりました。
【覚書き|東京大学大学院修了後、製鉄所に配属され、現場で経験を積んだことについて語った言葉】


10年先、20年先まで考えてものごとを決め、上手く次にバトンタッチしていきます。自分の代では完成しないかもしれませんが、それはしょうがないことです。


馬田一の経歴・略歴

馬田一、ばだ・はじめ。日本の経営者。鉄鋼業を主軸とするJFEホールディングス社長。東京大学大学院工学系研究科(冶金学専攻)修士課程修了後、川崎製鉄に入社。鉄鋼企画部企画室長、経営企画部長、経営統合後JFEスティール専務、JFEスティール社長などを経て、JFEホールディングス社長に就任。そのほか、日本鉄鋼連盟会長、世界鉄鋼協会副会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

内田俊雄

単なる精神論でチームワークを強調してきたつもりはありません。野球は記録に残らないプレーが勝敗を左右するスポーツです。盗塁のときに、打者が走者を助ける空振りをする。平凡な内野ゴロでも全力疾走を怠らず、守備では味方の暴投に備えて必ずバックアップに入る。選手一人一人が自分の適性や役割を理解して、チームワークを優先することができるなら、その強さは少しのことでは決して揺るぎません。練習中から挨拶や全力疾走をおろそかにしないように心がけているのも、記録に残らないプレーこそ、学生野球の基本だからです。


尾野真千子

仕事は、そりゃあもう一生懸命ですよ(笑)。毎日バターンって寝ちゃうくらい。仕事はどんどん楽しくなってるし、より一層頑張らないと。


似鳥昭雄

円高・円安、好景気・不景気とこれまでも環境が激変してきました。波瀾万丈の方が、社員を鍛える絶好の場となる。


松﨑晃一(松崎晃一)

冷静な判断ができればイライラしないで済む可能性が高まる。だから上司や部下にムカッとなったら「これは10段階で怒りのレベル2だな」等と、怒りをレベル分けするクセをつけるんです。レベル分けには冷静さが不可欠。これを続けていくと「この程度で怒るのはムダだな」と思えるようになります。


塩崎均

養殖クロマグロなどが食べられる飲食店の出店に当たっては「大学がなぜ金儲けするのか」と言われたこともあった。だが飲食店では学生が食器やメニューを考えるなど、来店客へのサービスに学生が関わっており、飲食店が一つの良い教育の場になっていると考える。


水野学

僕の仕事がコンサルタントと決定的に違うのは、最終的なアウトプットまで責任を持つことです。なぜかコンサルティング会社にデザイン部ってないんですよね。つくったらすごく需要があるんじゃないかと思って、先日ある外資系の会社に電話しようと思ったんです。でもやめました。「彼らにデザイン部がないのは、具体的な形にしてしまって、数字が出なかったときに契約を切られてしまうと困るからだ」と気付いたのです。


末田真

若手には未熟な側面もあります。彼らは元気に走り回れますが、賢い走り方を知る必要もある。そこで私たちは社外から重鎮を招くことで、その役割を担っていただいております。


町田勝彦

系列販売店に日参した。すると、あることがわかってきた。販売店には積極的にモノを売ろうという発想が、あまりないのである。高度成長期は並べているだけで商品が売れたから、販売促進という考えは、メーカーにも販売店にもなかったのだ。いままではそれでよかったかもしれないが、モノが売れない時代は確実にやってくる。そこで私は、商品情報を販売店に提供しようと考えた。
【覚書き:係長として近畿営業部に配属された当時を振り返っての発言】


高橋大輔(フィギュアスケート)

金メダルが欲しいという欲深さは大事ですが、欲深くなりすぎると余計なことを考えてしまい、不要な心配が生まれ、成長を邪魔することも。バランスが大事だと思います。


トム・ケリー(IDEO)

何か新しいことをしようとすると、不確実性を突き詰めるために否定や批判から入ることが当たり前のような風潮が、日本にはあるように感じます。しかし、それではアイデアの芽は育っていかず、自由闊達な議論が起こりにくい。否定から入るのではなく、むしろ私たちは共感からはじめることを大前提に掲げています。


池井戸潤

こんな低金利が続くと、老後資金に不安を感じることもあるでしょうが、そこには都会暮らしの発想から抜け出せない部分もあるからでは。僕の田舎の岐阜を見ると、年収が低くても、一軒家を持ってそれなりの暮らしができています。「カネが全て」という考え方に惑わされていないか。そこも考えてみるべきでしょう。


デービッド・アトキンソン

外国人からすれば、この「おもてなし」は上から目線で自己満足のサービスを押し付けているようにしか映っていません。というのも、「客」である外国人が本来望んでいるようなサービスがなされていない一方で、「おもてなし」の名のもとに必要とされていない過剰なサービスが行われていることが多々あるからです。


越智仁

三菱化学と三菱樹脂、三菱レイヨン3社の壁を取り払い、それぞれの事業ユニット、技術プラットフォーム、販売チャネルなどを戦略的に統合すれば、変化の激しいグローバル市場も攻略しやすくなる。


川村隆

日立もいろいろとポートフォリオ組み替えをしていますが、部分最適より全体最適という考え方で進めてきました。部分的にはこの事業は小さくなってしまうが、全体の成長にはやむなし、という論理でやっているわけです。


兒玉義則

毎年1月と7月に全社員がボランティア活動を行う日を設けています。病院で患者さんの洗髪をしたり、店舗の近くの公園を掃除したり、それぞれの店舗ごとに考えてやっています。こうしたボランティア活動を通じて得られるのは、人に対する優しさや感謝されることの喜び。その経験が、日々の仕事の中で自然とお客様へのホスピタリティとなって表われるのだと考えています。


ページの先頭へ