名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

馬渡修の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

馬渡修のプロフィール

馬渡修、まわたり・おさむ。日本の経営者。「アナログ・デバイセズ」社長。中央大学理工学部卒業。日本モトローラ ディレクター、日本シノプシス、アナログ・デバイセズ セールス・ディレクター、副社長、社長、会長を務めた。

馬渡修の名言 一覧

当社のCEOであるビンセント・ローチは、「お客様の抱える最も難しい技術課題、そして社会の課題に挑戦しろ」といつも言っています。それがアナログ・デバイセズのビジョンとなっていますし、そのために毎年売り上げの約2割を研究開発に投資しているのです。


アナログ分野で社会に貢献していくというのが私たちのスタンスです。高精度なセンシングや安定した電源供給なども、お客様の課題を解決するための取り組みです。それが最終的には社会へとつながっていく。そこはこれからもしっかりやっていきたい。


自動運転のレベル3が実用化されれば新たな課題が見えてきて、レベル4が実用化されたらまた違った課題が見えてくる。そういったことを繰り返しながら、センシング技術やAI技術がさらに進化していくと思っています。例えば、味覚センサーや嗅覚センサーは既に実用化されていますが、五感だけでは足りないからと、いずれは人間が持つ第六感的なセンシングも実現されるかもしれません。


あまり声には出してきませんでしたが、当社は製造中止が少ない会社です。産業機器やオートモーティブ、ヘルスケアなど、どの分野でも最低15年は供給保証することが求められていますから、必然的にそうなるわけです。やむを得ず製造中止する場合も、1年以上前にお客様にお伺いを立てると同時に、最適な代替品提案も行っています。


世界的な課題としてアナログの技術者がかなり減少しています。アナログ技術はとても重要なのですが、どうしてもデジタルの方に注目が集まってしまいがちです。そこで、アンプやコンバーターや電源などの基礎を学んでいただく場として、アナログ技術セミナーを開催しています。弊社のエンジニアや大学の先生方、サードパーティーの技術者など、いわばアナログ技術のプロから、信号処理上の課題や解決方法を直接学べる場として好評を博し、毎年、千人規模の方にご参加いただいています。


企業の文化や仕組みのところでは互いに学ぶことが多く、リニアテクノロジーが持っていたベンチャー気質やスピード感などは、私自身とても勉強になっています。(統合では)製品などのハード面だけでなく、文化などのソフト面での融合の効果が思いのほか大きいと感じています。


(リニアテクノロジーとの)統合は順調に進んでいます。両社を合わせて、ワールドワイドのお客様は13万社に、製品は4万3000品種に増えました。もともと売上高も利益率も優良な会社同士でしたので、スケールが大きくなったことで、お客様に提案できる価値をこれからさらに高められると考えています。


馬渡修の経歴・略歴

馬渡修、まわたり・おさむ。日本の経営者。「アナログ・デバイセズ」社長。中央大学理工学部卒業。日本モトローラ ディレクター、日本シノプシス、アナログ・デバイセズ セールス・ディレクター、副社長、社長、会長を務めた。

他の記事も読んでみる

真田茂人

リーダーの「こうしたい」という思いは、自分勝手なものになる可能性がある。極めて個人的な思いを実現するために、周囲を巻きこもうとするのだ。結局それでは人はついてこない。常に自分が示したミッション、ビジョンは社会の役に立っているかと見つめ直すことが必要になる。


金井英之

周囲との人間関係を深めていくには、普段の何気ない会話から、真意を聞き取ることもポイントです。部下が「仕事が終わりました」と報告したときと、「仕事がやっと終わりました」と報告してきたときでは、部下の気持ちは違います。「やっと」のひと言に「苦労して大変だった。上司に理解してもらいたい」という気持ちが込められているのです。それを受け止めて言葉をかければ、部下は「この上司は、自分をよく理解してくれている」と感じ、話も弾みます。


池田欣生

いつまでも従来通りでいいわけではない。日々、努力を重ね、最先端の技術を取り入れていかなければならない。


石坂典子

ブランド品がない私たちが何をもって会社のブランドを作っていくか。業界で話題になり、業界の人たちが見学に来てくれる。そうなると、社員の意識も変わります。今まで誰にも見られない環境で働いていて、1日中ゴミの選別をしていた社員が常に誰かに見られて声をかけられたり、評価されるようになる。そうすると、働き方が変わります。もっと頑張ろうと思いますし、もっといいところを見せようという意識が芽生えて、結果として社員のモチベーションは上がります。そして今では「石坂で働いている社員は明るい」と言われるようになりました。


己之上潤二

中小企業が大企業と伍して生き残るためには、与えられた仕事を受け身でこなすのではなく、逆に提案やコンサルティングなど攻めの営業戦略が不可欠です。


野村克也

俺には長嶋茂雄みたいな天才的な勘も瞬発力もない。しかし天才に負けたくないという欲があったから、とことん頭と眼を使って野球をするしかなかった。


松岡利昌

本当に大事なのは成果を出すこと。そのためには自分が働きやすい場所で働くのが一番ですし、結果、無駄もなくなる。


牛尾治朗

低成長時代だからこそ、経営者は成長のビジョンを打ち出していく必要がある。


深田純子

入社してまず驚いたのが、社長である父だけが会議で延々と怒鳴っていたり、1円の値下げ交渉に至るまで口を出していた姿でした。会社とはシステマチックに動いているものと信じていたので、父のワンマン経営ぶりを異常だと思ったのを強烈に覚えています。


松下正幸

若い頃は、どうしても虚勢を張るところがありますよね。でも、歳を取ってくると、だんだん自然体になってくる。


朝倉千恵子

厳しいことを書いたり話したりしていると、ときには「お宅の会社は厳しいですね。社員は辞めないですか」と聞かれることもあります。「誰も辞めません」と言いたいところですが、現実には、わが社の社風や指導が合わずに辞めていった元社員もいます。早い人は二週間で……。たいてい、辞めていく人は短期間勤めただけで辞めます。一年間続いた人は、ほとんど残っています。どうして辞めないのかと人に聞かれたとき、ある部下が言いました。「私たちは社長から言葉の報酬もたくさんもらいます。仕事もたくさん与えられますけど、それ以上に、ちっちゃな、当たり前のことができたときなどに、それを見逃さずに褒めてくれるからだと思います」これを聞いたとき、正直言って驚きました。しかし同時に、部下はちゃんと見ている、分かっていると思いました。


奥田碩

私は日ごろから、「変わらないことは悪いことだと思え」と言い続けています。同時に、変わることをためらう人がいれば、「変革に加わらなくてもいいから、変革の邪魔はしないでくれ」と言っています。変革を実行するのは、企業なら従業員一人一人だし、国家なら国民一人一人です。