名言DB

9412 人 / 110637 名言

馬場正尊の名言

twitter Facebook はてブ

馬場正尊のプロフィール

馬場正尊、ばば・まさたか。日本の起業家、建築家、都市再生家。佐賀出身。早稲田大学理工学部建築学科大学院修了後、博報堂に入社。「世界都市博覧会」「東京モーターショー」などの設計、デザイン・プロデュースに携わる。その後、建築雑誌『A』を創刊。博報堂を退社し、主に東京東側の都市再生の仕事に携わる。主な著書に『R THE TRANSFORMERS ~都市をリサイクル~』『東京R計画』『ワークスペース改造計画』など。

馬場正尊の名言 一覧

会社にいると自分の好きなことを自由にやるのは難しい。それで独立した。


アイデアは基本的には、「自分が欲しい」という実感です。「自分が欲しいのだから、同じように欲しいと思う人がほかにもきっといるはず」という考えから、浮かんだアイデアのいくつかを、いままで形にしてきました。


大手にしかやれないことと、僕たちのような小さな組織だからこそできることで、社会的には役割分担をしている。そんなふうに考えています。


アイデアを思いついたときに、そのアイデアを本にして発信したら、他の人が真似してしまうじゃないかと言われることもあるのですが、現実はその逆です。雑誌をつくってみて分かったのですが、情報を発信していると、それ以上の情報が集まってくるのです。


まず自らが実験台になることが重要だと思っていたので、もともと東京の西側の中目黒に事務所を構えていたのですが、東側の日本橋に引っ越してきたのです。ここは、もともと一階が駐車場。二階が倉庫だった小さな物件をRプロジェクトの考え方で内装に手を入れてオフィスにしたものです。計5つの駅が徒歩10分圏内という抜群の立地で、家賃は10万円です。


いま最も面白いと思っているのはズバリ職場、つまりワークスペース、オフィスの設計です。ワークプレイスは人生の半分近くを過ごす場所にもかかわらず、ここ数十年でほとんど進歩がありません。だからこそ、可能性が大きいと思ったのです。


プロジェクトを起こすとき、本をまず作ったことがアイデアを具現化する上で大きな役割を果たしたと思います。また本をつくる過程で、頭が整理され、プロジェクトの最終形がどんどんクリアになっていくのもいいですね。


僕の場合は、何かプロジェクトを起こすときに、必ずメディアをつくることを心がけてきました。もっと具体的にいえば、まず本をつくってしまうのです。本は最も強度のある企画書といっていいと思います。新しいプロジェクト案を企業などに提案するとき、普通の紙の企画書ではなかなか通らないものも、本という形にすることでぐんと説得力が出てきます。


アイデアが浮かぶときは、まず何かのフレーズが浮かぶことが多いですね。「東京R不動産」などはまさにそうで、言葉が先に浮かんで、それにプロジェクトがついてくるといった感じです。


僕はどんなプロジェクトでも「これは何年のスパンで考えるべきものか」という時間軸を常に意識しています。都市開発というのは、それ次第でものの見方や評価がまったく変わってくるものだからです。たとえば、六本木ヒルズも400年後には廃墟になって、現代の遺跡とか言われているかもしれません。


僕は「CET」を20~30年のスパンで考えるべきプロジェクトだと考えています。隙間を丁寧に埋めていくような仕事ですが、それを続けていくことで、積み重なっていって底上げがなされていきます。
【覚書き|CET(セントラル・イースト・東京)=かつて東京の中心であった東側の古い街々をデザイン、アート、建築の視点から再生するプロジェクト】


僕は基本的に大規模都市開発肯定派です。つねに新しいことをやって変化していくのが、東京の魅力ですから。それに、これだけ密集した街ですから、高層化していかなければ世界的な都市間競争にも勝っていけないと思うのです。ただその一方で、僕たちがやっているように、等身大で都市を変えていく動きも確実に必要とされていると感じています。


心強いのは、地元企業の三代目の人たちの存在ですね。「これまでと同じやり方では駄目だ」という危機感を持っている人が多く、外部のデザイナーと組んで一緒に新しいものをつくっていくことにも積極的なのです。僕はこれを、「三代目の法則」と言っているのですが(笑)。だから、ゆっくりとではありますが、日本橋界隈は着実に変わっていくエリアだと感じています。


東京R不動産は、従来の価値軸とは異なる視点から不動産物件を発見・紹介するウェブサイトです。たとえば、老朽化したビルは、不動産屋や一般の人から見れば、魅力のない物件です。しかし、そうした物件を「自由に改装できて、天井が高いのがいい」「味があってカッコイイ」と魅力的に感じる若者やクリエイターもいるわけです。実際、サイトを立ち上げると、予想以上に反響がありました。


プロジェクトを始めるとき、アメリカに行って都市再生の成功事例をいくつか見て回ったのですが、そのなかで特に印象に残ったのがニューヨークのダンボ地区でした。そこは、もともとはスラム街だったのですが、あるアート・フェスティバルをきっかけに芸術家が移り住むようになり、町全体が劇的に変わったのです。


ある外資系の投資銀行から、「不良債権化したビルを買ったのだが、このままでは売れないので、新しいデザインと機能を考えてくれないか」という相談を受けました。そのとき僕の頭に浮かんだのは、空きビルや空洞化する街をデザインの力で再生することで、「都市の新しい使い方」を実践できるのではないかということでした。


僕も他の2人も大会社の隙のないところが窮屈で辞めているわけですから。みんなでワイワイやる一体感みたいなもの、そこから生まれてくる可能性を大切にしたい。


東京R不動産には2つ、尊敬される軸があるんですよ。1つは売り上げ。もう1つは面白い物件を探すのがうまかったり、面白い文章を書けること。売り上げと面白さの価値が全く同じなんです。そして、面白さの種類もメンバーの数だけある。


馬場正尊の経歴・略歴

馬場正尊、ばば・まさたか。日本の起業家、建築家、都市再生家。佐賀出身。早稲田大学理工学部建築学科大学院修了後、博報堂に入社。「世界都市博覧会」「東京モーターショー」などの設計、デザイン・プロデュースに携わる。その後、建築雑誌『A』を創刊。博報堂を退社し、主に東京東側の都市再生の仕事に携わる。主な著書に『R THE TRANSFORMERS ~都市をリサイクル~』『東京R計画』『ワークスペース改造計画』など。

他の記事も読んでみる

中鉢良治

大学院を卒業するとき、アカデミズムの世界に残るべきか、ビジネスの世界に進むべきかを悩んだ末、ソニーに入社する道を選択しました。入ってみると、大学で指導を受けた教授に勝るとも劣らない、その分野のスター技術者たちが社内にゴロゴロいました。当時のソニーの社員たちは、とにかくみんなとんがっていて、めちゃくちゃにプライドが高かったものです。並みの会社では許せない。商品開発をするにしても世界ナンバーワン、オンリーワンでなければ挑戦する価値がないという企業風土がありました。そうした思いに支えられた技術者の個性が、それぞれにつながっていたのです。


マーク・トウェイン

相手に気に入られる最上の方法は、あなたが聞いた通りに、相手が語ったことを再び語ることだ。


高橋銀次郎

平和というのは、手に入れてしまうと当たり前になってしまうけれど、つくるのにどれだけ大変か、平和を維持するためにどれだけの犠牲が払われるのか。平和についてもう一度考え、為政者は多くの犠牲の上に平和が成り立っているということを知った上で、やりたくないこともやる為政者としての覚悟が必要。


葛西敬之

結果が見えないから進めないのではなく、これをやるしかないから進めてきた。


高田明(ジャパネットたかた)

若い時は、夢は漠然としていてもいい。何かをやると決めても、その通りいかないことが多いですから。チャレンジしてみたら徐々に関心が出て来て、そこから夢へと繋がっていく。


デビッド・テイラー(経営者)

今までの会社の歴史の中でも最も大きな変革の時期を迎えています。今回の決算は、目標とする最終地点には到達できていないものの、意味のある前進を遂げられたと思っています。製品ラインアップ、サプライチェーン、企業の組織文化も、これからの成長に向けて大きく変換を遂げた年だったと言えます。


小堺桂悦郎

利益が出たと思ったら半分近く税金に取られ、業績が悪化すればたちまち資金繰りが悪化する、それが中小企業の実態です。実際に経営をしてそういう痛みを何度も経験していれば、きれいごとではない本当に役に立つ会計とはどんなものか、嫌でもわかってきますよ。


村田昭治

ゴールを決めて突進していくとき、人間は馬力を発揮するものだ。


田坂広志

智恵とは書物から学ぶものではなく、自身の体験からつかむものです。そして、誰でもひとつの体験をしたならば、必ず無意識に、何かの智恵はつかんでいるのです。しかし、それが自覚されていないため、上手く活用できないのです。本を読むことの意味は、本に書かれている言葉が触媒となって、自分が過去の体験を通じてつかんだ無意識の智恵が、表層に浮かび上がってくることなのです。


佐々木則夫(サッカー)

よく女房に「あなた本当に注文するとき考えすぎ」と言われるんです(笑)。どっちにしようかなと、よく迷います。だから、僕にはある程度しっかりした準備が重要なんです。


宮坂学

我々は「相手はこうだから、うちはこうやろう」ではなく、自分たちがやれることをちゃんとやっていこう、というスタンスです。


葛西紀明

「勝ちたい」「負けて悔しい」という気持ちはやる気に火をつける。


仲暁子

ビジョンやカルチャーを共有するためには、言葉の選択がとても大切です。当社の社是は「シゴトでココロオドルひとをふやす」。「高い生産性で働く人口を増やす」とも言い換えられるかもしれないけど、この表現で人の心に響くかというと、そうではありません。


鬼頭周

当社のような会社がソフトバンクグループの一員として存在する意義とは何か。それは通信というインフラを使って社会の課題を解決できるからです。課題とはニーズがあるから発生します。そして通信でヒトやモトをつなぐことで諸課題が解決できるようになってきたのです。


鳥原隆志

主観的なバイアスは完全になくせるものではありませんが、自覚を持つだけで、ずいぶんと変わります。