名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

馬場信房の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

馬場信房のプロフィール

馬場信房、ばば・のぶふさ。信虎、信玄、勝頼の三代に仕えた武田家の武将。40数年間のうちに70以上の合戦に参加し、かすり傷ひとつ負わなかった武将。猛将として名高い。織田・徳川軍との長篠の戦いで敗走する武田軍を逃がすため敵陣に突入し華々しく散る

馬場信房の名言 一覧

槍の穂先が上がっている敵は弱く、下がっている敵は強い。敵の槍の長さが揃って見えるのは足軽舞台で、そこに向かうのは利がない。槍の長さが不ぞろいなのは、身分のある敵であるから、そちらに向かえ。敵の気力はある時間で衰える。そこで一拍子に突きかかることだ。


武士は豪勇だけではいけない。臆病で味付けする必要がある。


常在戦場
【覚書き|馬場信房の座右の銘。上記言葉を大書して壁にかけた。】


敵より味方が勇んでいるときは、それぞれ先を争えばよい。味方が臆して見えるときは、自分一人が進んできっかけをつくる。味方の中で手本になる人にふだんから親しみ、その人に負けないように働け。敵の兜の吹き返し(耳脇の兜の反り返っている部分)がうつむいていて、背中の指物(背中に指した小旗)が動揺していないならば、それは剛敵であるから避け、弱い敵へ向かってかかれ。


戦場は千変万化にて、かねて定めたることの違うことあるものなれば、手筈の違うところに任せて、よく働くをもって肝要とす。定めたるところの違へば、それに当惑して狼狽するにより、大なる負にもなり、穢(きたな)き首尾にもなるものなり。


馬場信房の経歴・略歴

馬場信房、ばば・のぶふさ。信虎、信玄、勝頼の三代に仕えた武田家の武将。40数年間のうちに70以上の合戦に参加し、かすり傷ひとつ負わなかった武将。猛将として名高い。織田・徳川軍との長篠の戦いで敗走する武田軍を逃がすため敵陣に突入し華々しく散る

他の記事も読んでみる

鳥越俊太郎

「この仕事は俺にあわない」「つまらない」と決めているのは自分自身。どこにいても腐らず精一杯楽しめば、その中で自分に向いている仕事がみつかることもある。


ドストエフスキー

人間が不幸なのは、自分が幸福であることを知らないからだ。ただそれだけの理由なのだ。


新渡戸稲造

人間というものは社交的な動物であるから、相手を考えなければいけない。しいて人に不快感を与えるような服装までする必要はなかろう。
【覚書き|一高校長時代の発言】


大橋正教

若いときに自分のために努力できない人間には、進歩がない。自分のために頑張れば、結果として周りが喜んでくれる。歳をとってから、人のために頑張ることを考えればいい。世の中、そういうものでしょ?


江口洋介

仕事を選り好みして好きなことばかりやるのではなく、あえてそれまで避けていたものや新しいものに挑戦してみる。その積み重ねで、人は成長していく。


藤田晋

スタートダッシュがとても重要です。昔は「大器晩成」という言葉がありましたが、いまは変化のスピードが速くて、晩成するまで待ってもらえませんから。


坂根正弘

危険を冒しても業績拡大や経営回復が果たせると見込めるのなら、大胆な決断をすべき。


藤原和博

他部署を動かすには、まずキーパーソンを見極める必要があります。必ずしも部長がキーパーソンとは限りません。部長が必ず意見を聞く部下がいれば、その部下がキーパーソンです。接待はキーパーソンにしないと意味がないのと同じで、他部署との議論もキーパーソンとしないと意味がありません。


香山リカ(精神科医)

「これで勝負する!」と肩ひじ張らないで、「将来、別のことをするかもしれないけれど、いまはとりあえずこれをやっておこう」といったように、肩の力を抜いて仕事に向き合うことも大切だと思います。


出雲充

今は様々な場で起業志望の方を相手に話をすることが多いのですが、「ミドリムシでさえこんなに成功したんだから、俺にだってできる」と、みんな目をギラギラ輝かせていますよ。


寺田和正

仕事に対してきちんと評価し、更に大きなステージを目指せるように指導していくことが大切。


小倉広

自分の仕事だけでなく、手帳には「他人が喜ぶ事」もリストアップしましょう。例えば、「プレゼンで悩む同僚のロープレを手伝う」「送別会の幹事を買って出る」といったことでもいいです。そして、日程を決め、スケジュール欄に書き込む。続けていけば、他人のための行動が取れるようになるし、きっと他人の目は変わってきます。