名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

馬場信房の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

馬場信房のプロフィール

馬場信房、ばば・のぶふさ。信虎、信玄、勝頼の三代に仕えた武田家の武将。40数年間のうちに70以上の合戦に参加し、かすり傷ひとつ負わなかった武将。猛将として名高い。織田・徳川軍との長篠の戦いで敗走する武田軍を逃がすため敵陣に突入し華々しく散る

馬場信房の名言 一覧

槍の穂先が上がっている敵は弱く、下がっている敵は強い。敵の槍の長さが揃って見えるのは足軽舞台で、そこに向かうのは利がない。槍の長さが不ぞろいなのは、身分のある敵であるから、そちらに向かえ。敵の気力はある時間で衰える。そこで一拍子に突きかかることだ。


武士は豪勇だけではいけない。臆病で味付けする必要がある。


常在戦場
【覚書き|馬場信房の座右の銘。上記言葉を大書して壁にかけた。】


敵より味方が勇んでいるときは、それぞれ先を争えばよい。味方が臆して見えるときは、自分一人が進んできっかけをつくる。味方の中で手本になる人にふだんから親しみ、その人に負けないように働け。敵の兜の吹き返し(耳脇の兜の反り返っている部分)がうつむいていて、背中の指物(背中に指した小旗)が動揺していないならば、それは剛敵であるから避け、弱い敵へ向かってかかれ。


戦場は千変万化にて、かねて定めたることの違うことあるものなれば、手筈の違うところに任せて、よく働くをもって肝要とす。定めたるところの違へば、それに当惑して狼狽するにより、大なる負にもなり、穢(きたな)き首尾にもなるものなり。


馬場信房の経歴・略歴

馬場信房、ばば・のぶふさ。信虎、信玄、勝頼の三代に仕えた武田家の武将。40数年間のうちに70以上の合戦に参加し、かすり傷ひとつ負わなかった武将。猛将として名高い。織田・徳川軍との長篠の戦いで敗走する武田軍を逃がすため敵陣に突入し華々しく散る

他の記事も読んでみる

南部靖之

社員だけでなく、当社への入社を志望してくれた方にも積極的にお会いします。たとえば、新卒採用のときは、最終面接ではなく、一次面接で一人一人と会います。1000人を超えますから、なかなかたいへんですけどね。もちろん中途採用の面接も、同様に全員と会いますよ。


中原淳

僕の場合は、自分の周りに常に「緊張屋さん」と「安心屋さん」がいてくれるようなネットワークをデザインしています。緊張屋さんは「君、このままではヤバいよ」と脅かしてくれる人、安心屋さんは「君は今のままで大丈夫だよ」と慰めてくれる人。周囲が緊張屋さんばかりだとメンタル的につらいし、安心屋さんだけだと研究者として丸くなってしまう。両方がそろっていれば、振り返りの機会を持つことにつながります。


吉田たかよし

24時間のうち、人間が本当に高度なレベルで集中できるのは、せいぜい30分から1時間程度でしょう。「ずっと集中できる」ことを前提に予定を組むと必ず失敗するのは、これが原因です。ですから、その限られた集中時間を有効に使えるように計画を立てる必要があります。


ジャック・ウェルチ

経営者は社員の育成について常に考えていなければなりません。彼らを社内の訓練プログラムや、社外の講座に参加させ、多様な経験や能力の向上につながる任務を与え、リスクをとることを奨励しなければなりません。それらの活動はただちに成果をもたらすことはないかもしれませんが、絶対に行わなければいけない将来への投資です。


小笹芳央

組織の中を血液がさらさらと流れるという状態がまさにコミュニケーションであるといえます。さらさらと流れずに血液が詰まってしまっているのであれば、どこで詰まっているのかを見つけなければいけません。


加瀬豊

新興国は札束で頬を叩きながらイニシアチブをとろうとする相手を全面的には信用しません。ですから、資源国も自分のところの権益は残し、そのうちの何割かを相手に買ってもらってパードナーシップを組もうとします。搾取ではなく、我々もそれに応えてその国と一緒に産業を育てていく。そのベースにある信頼感が、欧米諸国とは違う日本人の強みであり、日本企業に期待されていることだと思います。


天野ひろゆき

何も持っていない人はハッタリが大事ってことです。「何かやりそうだ」って雰囲気を出す。ハッタリは元手、ゼロですから。


山本多聞

多くの社長は、好奇心旺盛で社交的。おまけに、独立前後に苦労した人が多いので、同じような環境にいる人に共感するケースが多いのです。仲良くなって相談すれば、親身なアドバイスがもらえると思いますよ。


篠原菊紀

脳のドーパミン神経系は騙されやすいんです。「この仕事をやり遂げたらいいことがあるよ」、とまず脳に伝えます。それから、仕事を進めるプロセスでの具体的な行動をイメージしていく。その思い描いた行動を実行したら、自分自身を褒める。これがやる気スイッチをオンにするシグナルになり、繰り返すことで効果は高まります。


糸井重里

人を育てるときに、僕は手取り足取り教えたくはない。仕事のノウハウを人から教わるのは簡単です。マネをするだけで、それなりの仕事はできてしまいます。だけどそうやって、みんなが優等生になってもつまらない。自分で考えることで得られるものこそ、成長につながると思うんです。


佐藤優

投資というのは相手との戦いだけでなく、自分との戦いでもある。パチンコをやる人はよくわかると思いますが、引き際が難しい。勝っているうちはやめられない。自己コントロールが大事になってくる。


川野幸夫

バブル崩壊当時、当社はどこにでもある一般的なスーパーと同じ「コモディティ」路線だった。他社とあまり違わない商品を、いかに安く売るかで勝負していた。私はこのままでは共倒れになると思い直して、「ライフスタイル商品」と呼んでいる生鮮商品と惣菜の質の高さで顧客を集めるスーパーになろうと明確に戦略を定めた。それまでは「自分たちの店はどうあるべきか」ということをちゃんと考えていなかった。あのままやっていたら、いまのヤオコーはない。