馬場信房の名言

馬場信房のプロフィール

馬場信房、ばば・のぶふさ。信虎、信玄、勝頼の三代に仕えた武田家の武将。40数年間のうちに70以上の合戦に参加し、かすり傷ひとつ負わなかった武将。猛将として名高い。織田・徳川軍との長篠の戦いで敗走する武田軍を逃がすため敵陣に突入し華々しく散る

馬場信房の名言 一覧

槍の穂先が上がっている敵は弱く、下がっている敵は強い。敵の槍の長さが揃って見えるのは足軽舞台で、そこに向かうのは利がない。槍の長さが不ぞろいなのは、身分のある敵であるから、そちらに向かえ。敵の気力はある時間で衰える。そこで一拍子に突きかかることだ。


武士は豪勇だけではいけない。臆病で味付けする必要がある。


常在戦場
【覚書き|馬場信房の座右の銘。上記言葉を大書して壁にかけた。】


敵より味方が勇んでいるときは、それぞれ先を争えばよい。味方が臆して見えるときは、自分一人が進んできっかけをつくる。味方の中で手本になる人にふだんから親しみ、その人に負けないように働け。敵の兜の吹き返し(耳脇の兜の反り返っている部分)がうつむいていて、背中の指物(背中に指した小旗)が動揺していないならば、それは剛敵であるから避け、弱い敵へ向かってかかれ。


戦場は千変万化にて、かねて定めたることの違うことあるものなれば、手筈の違うところに任せて、よく働くをもって肝要とす。定めたるところの違へば、それに当惑して狼狽するにより、大なる負にもなり、穢(きたな)き首尾にもなるものなり。


馬場信房の経歴・略歴

馬場信房、ばば・のぶふさ。信虎、信玄、勝頼の三代に仕えた武田家の武将。40数年間のうちに70以上の合戦に参加し、かすり傷ひとつ負わなかった武将。猛将として名高い。織田・徳川軍との長篠の戦いで敗走する武田軍を逃がすため敵陣に突入し華々しく散る

他の記事も読んでみる

西室泰三

構造改革を断行するだけでは、社内のモチベーションが大きく下がりかねません。いままで一緒に仕事をしていた人たちが相当数辞めさせられたり、辞めたりするということが目の前で起こったら、誰でも動揺するはずです。リストラを進めるうえでは、この危機は乗り越えられる危機なんだと、将来のビジョンを明確に打ち出す必要があります。そのためにはまず、会社の状況を包み隠さず従業員にオープンにすることが欠かせません。


高田明(ジャパネットたかた)

私は「人生の中でどのくらい感動を味わって一生を終えるか」ということを大事に思っています。


中村雅知

多くの人と事実を共有し、理解を得ることで、その後の業務をスムーズに進めることができます。これはリストラだけでなく、ほかの業務にも言えることだと思います。


前川孝雄

自分が上司の立場であれば、持っている情報をできるだけ部下にオープンにすべきです。上司と部下の最大の違いは「組織内情報量の差」です。ですから、上司と部下の持つ情報量を同じにすれば、お互いの考えも自然と同じようなものにまとまっていくし、意見が対立することも少なくなります。


俣野成敏

マニュアルを作ってその通りに仕事をしてもらうことで、最初から部下に任せることができます。マニュアルもイチから十まで全部作ろうとすると大変ですから、大まかな方針だけ決定したら、部下自身にマニュアルの作成作業をしてもらうのも一つの手です。仕事を途中で手放して続きを部下に任せるというスタンスは、部下育成にもつながります。そして、部下が成長することによって、ますます任せられる仕事が増えていくので、さらに時間的余裕が生まれる。自分はさらに難度の高い仕事のみに専念できるようになる。


木村昌平

経営者の役割は突き詰めると「ビジネスのグランドデザインを描くこと」「企業風土をつくること」だと思います。経営者の働きとは、企業経営の根幹にある理念を明らかにし、これを透徹することです。


岩瀬大輔

ブランドが大事です。若い世代の間で、僕らは誠実さと透明性を武器にして、古い業界に一石を投じる新しい世代を代表する会社だというイメージを持ってもらっています。そのイメージを強調していけたらいいなと。


辻野晃一郎

時代のうねりを嗅ぎ分けるのに、どんな仕事でも重要なのは「現場」です。いつの時代でもアンテナを張るうえで現場は重要なところです。現在のような変化の激しい環境ではますます重要性が高まっています。


山口哲史

自分らしく自然体で働けるように、社員はニックネームで呼び合っています。私は「ガッツ」。昔、ガッツ石松みたいだったから(笑)。


三谷幸喜

小説は予算もロケ地も、時間も枚数も関係ない。好きなことをそのまま書けるという意味での楽しさがありましたね。台本にする際も発見もありました。自分の小説とはいえ、原作があるものを脚色して台本にしていく仕事はほとんどしたことがなかったので、戸惑う部分もありました。でも、そんな作業をしていくうち、やっぱり僕が好きなのはこっちだなと、改めて感じました。

【覚え書き|自身の小説・映画作品『清須会議』について】


菅井敏之

不動産への投資で重要なのは、個別個別で物件を精査していくこと。同じエリアにある物件でも、その特性によって価値は大きく異なりますから、平均値で考えても意味がありません。そこが不動産投資の難しいところであり、奥深いところでもあります。


神田昌典

オバマ大統領のスピーチには、米国のフィロソフィーや信念などあらゆる要素が盛り込まれています。どういう話をすればリスペクトされるかも分かる。丸暗記すれば、話す時にフレーズがぽろっと出るようになる。その途端、相手に「すごい」と驚かれるわけです。


熊谷正寿

現状維持はプロダクトの劣化を意味する。常にプロダクトをブラッシュアップして、抜かれたらすぐに抜き返す。これを徹底しています。


上野和典

なかには企画したらしっぱなしで、売上に無頓着な人もいますが、仮にもビジネスマンなら、自分の担当する仕事の規模や会社の貢献度について把握しておくべきです。


伊藤高明

そもそも「ほかにやる人もいないだろう」という視点でベクターコントロール(感染症を媒介する虫などを薬剤で制御すること)に興味を持っていましたし。研究者は世界のあちこちにいるけど、ベクターコントロールの製品を作れるのは民間企業だけだ、という醍醐味も感じていました。もちろんサラリーマンですから、そのつどの会社の方針には絶対に逆らわないってことも大切ですよ。自由に研究と言いましても、私はつねに会社の方針の範囲内で研究を探していました。


ページの先頭へ