名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

馬場じむこの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

馬場じむこのプロフィール

馬場じむこ、ばば・じむこ。東京出身。洗足学園短期大学(のちの洗足こども短期大学)幼児教育科卒業。子育てと仕事をしながら育児・仕事関係の記事を執筆。「子育てーめんとの会」副会長。著書に『仕事も子育ても自分もうまくいく! 働くママの時間術』。

馬場じむこの名言 一覧

できない部分を補ってもらい、できる部分で成果を出すという方法なら、最短の時間で円滑かつ効率的に仕事をこなすことができます。


「ながら仕事」は効率を下げるとしばしば言われますが、単純作業やルーティンワークなど、頭を使わない用事をするときには、むしろ並行して知識のインプットを行なうことが有効ではないかと思います。


「同時並行」が効果を発揮することもあります。実を言うと、私にとって家事はなかなかモチベーションの上がらないタスク。しかし、行きたかったけれど、スケジュールが合わなくて行けなかったセミナーの販売音声を聞きながら、掃除や食器洗いを行なえば、いつの間にか終わっているくらいに進みます。


タスクの量だけでなく、情報量も均等化することが時間短縮の秘訣です。双方がどんな用事にも即対応できる状態であれば、安心して目の前の仕事に集中でき、ひいては効率も上がるからです。


家庭では夫とのタスク分担が必須。どの用事をどちらがするか、そのつど話し合って決めます。また、私の活動や夫の趣味など、どちらかが「したいこと」があって一日家を空ける、といったときは「プレゼン」と称して、「なぜそれが必要なのか」を説明し、合意を得るのがルールです。


現在、私の生活は「家庭」と「職場」、そしてブログや雑誌執筆を中心とする「個人的活動」の3要素で成り立っています。これらを24時間の内に収められるのは、周囲の協力があってこそです。


時間や期限を厳密に設定しないことも大事。「何時までにこれをする」という予定を細かく決め過ぎると、不測の事態に柔軟に対応できなくなるからです。子供に関してはとくに、こうした「予定外」がつきもの。ですから私は、時間ではなく「タスク」中心のスケジュール管理をしています。


子供を育てながら働くようになってから、「時間の使い方」への考え方は大きく変わりました。仕事と家庭双方ですべきことを、全部完璧に行なうのはまず無理です。「しなくていいことはしない」と決め、どうしても必要な用事のみに絞り込むのが、子育てをしながら働く人の心得だと思います。


馬場じむこの経歴・略歴

馬場じむこ、ばば・じむこ。東京出身。洗足学園短期大学(のちの洗足こども短期大学)幼児教育科卒業。子育てと仕事をしながら育児・仕事関係の記事を執筆。「子育てーめんとの会」副会長。著書に『仕事も子育ても自分もうまくいく! 働くママの時間術』。

他の記事も読んでみる

西田文郎

戦略・戦術がいくら優れていても、グランドデザインのない会社は立ちゆかない。


川原秀仁

新規事業の創出をはじめ事業戦略を一緒に考えてほしいという要望が増えています。新規事業ですから建物も従来の発想では駄目で、金融ならフィンテック、メディアならネット配信などに対応する施設の在り方や事業戦略も提案しています。


千本倖生

起業は一種の麻薬ですね(笑)。大変だけれども、それ以上の見返りというか、精神的充足感が大きい。


山本寛(経営学者)

20代後半の社員は仕事をひと通り経験し、仕事への慣れや会社への不満が噴出しやすい世代。この時期に資格取得や転職を考え始める社員が多いのは、先輩の働き方などからキャリアの限界や不透明感を感じたから、というケースが少なくありません。いわゆる「キャリア・ミスト(キャリアの霧)」といわれる状況です。このモヤモヤ感を解消するには、先輩がワクワクしながら働いている姿を見せることとともに、20代のうちにチームリーダーやプロジェクトリーダーを経験させ、人の上に立つことや新しい仕事を生み出すやりがいを体験させることが有効です。リーダーとして働く楽しさを早いうちに経験することが、「管理職になりたくない若手社員が増えている」という最近の問題の解決にもつながるかもしれません。


高島宏平(髙島宏平)

怪しい話からは一律に距離を置こうとすると、食わず嫌いになってしまいます。すごく胡散臭いけれど、仕事のパートナーとしては素晴らしい、そんなタイプの人もいるからです。ただ、それを見極めるのはなかなか難しいと思いますね。やはりその話の弱みというか、課題は何かを聞きだすといいでしょう。そのときに納得できる弱みや対処の仕方を語ってくれたら、「信用できそうだな」と感じることはあるでしょう。ここで大事なことは、単に「御社の弱みは何ですか」と尋ねるのではなく、まずは自分たちの弱みの話をすることです。それがフェアだと思います。たとえば「私たちの課題はこういうことで、そこのところを解決したいと思っています」。その上で「御社の課題はなんでしょうか」と聞くのです。


石黒浩

重要なのは、ロボットと人間を区別することではなく、うまく組み合わせることです。極論すれば、ロボットと人間の境界はありません。たとえば、人間が臓器をどんどん人工臓器に置き換えていけば、どの時点で人間でなくなるのか。そのうち脳の機能も、部分的にチップで置き換わる可能性があります。もはや生身の身体が人間を定義する要件とはならないのです。実生活でも、コンピューターはすでに我々のライフラインとなっていて、その使用をやめた途端、生活が立ち行かなくなります。ロボットも同じく切り離せない存在となるはずです。


似鳥昭雄

柔軟でなければならない。今までのやり方に固執する人はダメ。


伊藤彰(コンサルタント)

難易度が高く言葉で説明しても伝わりにくい「やってみせる型」の仕事は、新人自身の自発的な学びや先輩のやり方を盗む力に頼りがちだが、それは教えることを放棄しているにすぎない。とくに新人が仕事の壁にぶつかったときは、やってみせながら上司として経験に基づくやり方を教えるべきだ。新人が壁に突き当たったときこそ、教える絶好の機会といえる。


本田宗一郎

失敗のない人生なんて面白くないですね。歴史がないようなもんです。


坂本孝

飲食業に注目したのは人材の宝庫であると感じたからです。飲食業界は長年、労働条件が悪い環境でした。長時間労働の割に安い給料です。転職も多いのですが、他の業界に行くわけではなく、飲食業界の中で転職していることが多い。だから環境もそれほど変わらず、最初に抱いた夢を失う人もたくさんいます。でも彼らは一生懸命努力する姿勢もあるし、志や独立精神も高い。問題は、彼らを育てるマネジメントが不足していることでした。そこで私がブックオフで培ったマネジメントを活かせるのではないかと思ったのです。


ロマン・ロラン

この世にヒロイズムはない。もしあるとすれば、それは現実を直視し、しかも愛することである。


宗次徳二

とにかく経営は姿勢が一番大事です。売上や利益は二の次。もちろんその期ごとの収益は大事ですが、それは一過性のものです。お客様のために現場を一番大事にして、コツコツとやり続ける。現場主義を貫いたら、ライバルが何をしようが、世の中がどう動こうが関係ありません。だって自分の会社がその業界の市場の多くを占めているわけではないのですから。たいていは、ほんのわずかなものでしょう。