香川真司の名言

香川真司のプロフィール

香川真司、かがわ・しんじ。日本のプロサッカー選手。兵庫県出身。幼稚園時代からサッカーを開始。セレッソ大阪、ボルシア・ドルトムント(ドイツ)などでプレーし、日本代表としても活躍。

香川真司の名言 一覧

誰かが活躍するのを見るとやっぱり悔しい。でも自分はまだそこまでいけていないだけで、負けているとは思わない。今は抜けなくても、将来抜けばいいと思っている。

俺が一番大事にしているのは戦う姿勢。技術はその次といったら変ですけど、まずは気持ちの面で絶対に負けないという意識を持たないと。そういう気持ちを常に持ってやっているのがいい方向に働いているのかな。

常に先を見て、何年後にこうありたいという自分をしっかりと持って、毎日を過ごしている。

自信と過信は紙一重。「やれる」という強い気持ちを持たないと、こっち(海外)ではやっていけない。だからといって「俺ってすごい」とも思わない。ドイツでは、いい意味で自信をつけることができたけど、反面、ここで結果を残しても、全く満足できない自分もいる。

常に自分より上の存在に対して、何年後か見ていろ、絶対に自分が活躍してやるんだという気持ちは常に持っています。これまで「香川が一番やな」という立場が一度もなかったから、勘違いもしなかった。常に上には誰かがいたから刺激があって成長できた。

香川真司の経歴・略歴

香川真司、かがわ・しんじ。日本のプロサッカー選手。兵庫県出身。幼稚園時代からサッカーを開始。セレッソ大阪、ボルシア・ドルトムント(ドイツ)などでプレーし、日本代表としても活躍。

ページの先頭へ