名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

飯間浩明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

飯間浩明のプロフィール

飯間浩明、いいま・ひろあき。日本語学者、辞書編纂者。香川県出身。早稲田大学第一文学部卒業、早稲田大学大学院博士課程単位取得。『三省堂国語辞典』編集委員を務めた。著書に『遊ぶ日本語不思議な日本語』『辞書に載る言葉はどこから探してくるのか? ワードハンティングの現場から』『伝わる文章の書き方教室 書き換えトレーニング10講』『非論理的な人のための 論理的な文章の書き方入門』。

飯間浩明の名言 一覧

誰もが最初から簡潔な文章を書けるわけではありません。私も言葉を整理するため、推敲を重ねます。


書くことに苦手意識をもっている人は、まず「一文を短くすること」を意識してみてください。短い文章であれば、何が余計なフレーズなのか、わかりやすいはずです。


読み手が一度に受け取れる情報には限界があります。一文が長くなると、主語と述語の関係がねじれたり、主語と述語が二つ以上入った複文になったりして、わかりにくくなります。また主語と述語が大きく離れた文では、読み手はその間に多くの情報を処理しなければならず、ストレスを感じます。


ビジネス文書でまず大切なことは、書き始める前の準備です。読み手に最低限伝えるべきところ、すなわち「文章の肝」を考えます。何のために文章を書くのか。実用文で伝えるべき内容は、突き詰めれば一文に集約できます。ここではそれを「肝の一文」と呼びます。たとえば「来週月曜日に会議があります」「納期を延ばしてください」「代金を支払ってください」などです。こうした「肝の一文」が決まれば、文章を書く目的がはっきりし、情報が整理できます。


飯間浩明の経歴・略歴

飯間浩明、いいま・ひろあき。日本語学者、辞書編纂者。香川県出身。早稲田大学第一文学部卒業、早稲田大学大学院博士課程単位取得。『三省堂国語辞典』編集委員を務めた。著書に『遊ぶ日本語不思議な日本語』『辞書に載る言葉はどこから探してくるのか? ワードハンティングの現場から』『伝わる文章の書き方教室 書き換えトレーニング10講』『非論理的な人のための 論理的な文章の書き方入門』。

他の記事も読んでみる

福田千里

石橋をたたいて渡るような細心の注意は必要であるが、いったん安全だと見極めたら、思い切って渡るべきである。 【覚書き|上記発言は社長就任スピーチでの言葉。先輩で元大和証券社長の平賀敏氏に教えを受けた「細心大胆」を社訓とすると宣言し、その後につづけた言葉。】


山本昌(山本昌広)

「このままでは終われない」、そう決心すると、腹の底からやる気が湧き上がってきた。


石田孝

企業経営者の社会的な役目、これは何はともあれ、雇用の保障、すなわち仕事をつくることです。そのためには、絶対に黒字を出さなくてはなりません。そして、その黒字をもって、時代が求める新たな職場をつくり上げる。こうした事業を行っていくことが、経営者の責任だと私は考えています。


東平豊三

経営の目的は利潤の最大化です。これは、私利私欲を満たすこととは異なります。社会貢献するにせよ、利益がなければできないからです。そもそも利益なくして会社は存続しません。社員や取引先はもちろん、お客様にとっても大きな損失となります。


ジョージ・パットン

諸君が指揮官になった時、部下に死を与えることを躊躇してはならない。死とは、ただ人間がこの世に入ってきたドアから、また出ていくだけだ。誰も、自分がどのドアから入ってきたかは知らず、それに文句をいう者もいない。


似鳥昭雄

問題は、日本では競争が少ないことです。米国のように競争が激しいと価格が下がり、品質や機能が向上します。続々と新しい商品が出てくるわけです。
【覚書き|家具インテリア市場の状況、価格やデザインについて語った言葉】


関家一馬

当社は、装置の購入を検討している半導体メーカーに「テストカット」という無料の試し切りサービスを提供しています。本来、営業担当者は11営業日以前に担当部門に依頼書を送らなければならないのですが、これが守られていなかった。結果的に準備不足のまま実験することになり、お客さんの期待に応えられないということがしばしば起きていました。どうにかしなければと思って所属ユニットに対する罰金制度を取り入れてみると、途端に営業がきちんと依頼書を提出するようになった。罰金という痛みがあると、約束を守るんですね。これは効くということで、全社に部門に対する罰金制度を導入しました。


本田圭佑

僕はサッカー選手として能力だけ見たら本当に凡人です。小さい頃から「世界一のサッカー選手になる」と言ってきましたけど、そのときいつも周りには自分よりうまい選手がいたので、「おまえには無理だ」と言われ続けた。だから、本田圭佑の反骨心は、もしかしたら人よりもコンプレックスとして、強い。


佐々木正悟

同じ作業を朝・昼・晩と1日のいろいろな時間帯でやってみたことがあります。その結果、朝は1時間で終わった仕事が昼には1時間15分、夜は1時間30分かかりました。私は朝それほど強いわけではありませんが、それでも時間が遅くなるにつれ、25%ずつ作業時間が長くなっていきました。


高橋大輔(フィギュアスケート)

ジャンプが成功したり、結果が出る時は自信がある時。そして当たり前ですが、自信を作るためにはコツコツと努力を積み重ねるしかない。


岡島礼奈

人工流れ星は粒の大きさよりも、原料に何を使うかが重要で、素材を工夫しています。工夫については企業秘密です。宇宙関連の技術は、特許で守っても意味がないんです。仮に真似されても、宇宙でやっていることだから特許侵害の証明が難しい。だから秘密にするしかなくて。


清水浩夫

最もビジネスに重要なのは、顧客である飲食店の皆さんにしっかり向き合うことです。