名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

飯間浩明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

飯間浩明のプロフィール

飯間浩明、いいま・ひろあき。日本語学者、辞書編纂者。香川県出身。早稲田大学第一文学部卒業、早稲田大学大学院博士課程単位取得。『三省堂国語辞典』編集委員を務めた。著書に『遊ぶ日本語不思議な日本語』『辞書に載る言葉はどこから探してくるのか? ワードハンティングの現場から』『伝わる文章の書き方教室 書き換えトレーニング10講』『非論理的な人のための 論理的な文章の書き方入門』。

飯間浩明の名言 一覧

誰もが最初から簡潔な文章を書けるわけではありません。私も言葉を整理するため、推敲を重ねます。


書くことに苦手意識をもっている人は、まず「一文を短くすること」を意識してみてください。短い文章であれば、何が余計なフレーズなのか、わかりやすいはずです。


読み手が一度に受け取れる情報には限界があります。一文が長くなると、主語と述語の関係がねじれたり、主語と述語が二つ以上入った複文になったりして、わかりにくくなります。また主語と述語が大きく離れた文では、読み手はその間に多くの情報を処理しなければならず、ストレスを感じます。


ビジネス文書でまず大切なことは、書き始める前の準備です。読み手に最低限伝えるべきところ、すなわち「文章の肝」を考えます。何のために文章を書くのか。実用文で伝えるべき内容は、突き詰めれば一文に集約できます。ここではそれを「肝の一文」と呼びます。たとえば「来週月曜日に会議があります」「納期を延ばしてください」「代金を支払ってください」などです。こうした「肝の一文」が決まれば、文章を書く目的がはっきりし、情報が整理できます。


飯間浩明の経歴・略歴

飯間浩明、いいま・ひろあき。日本語学者、辞書編纂者。香川県出身。早稲田大学第一文学部卒業、早稲田大学大学院博士課程単位取得。『三省堂国語辞典』編集委員を務めた。著書に『遊ぶ日本語不思議な日本語』『辞書に載る言葉はどこから探してくるのか? ワードハンティングの現場から』『伝わる文章の書き方教室 書き換えトレーニング10講』『非論理的な人のための 論理的な文章の書き方入門』。

他の記事も読んでみる

金田博之

以前は英語が堪能な同期にはコンプレックスを抱いていました。何度も勉強を試みましたが、なかなか続きませんでした。でも、いままの仕事ではとにかく英語ができなければ話にならない。短期間で実践的かつハイレベルな英語を身につける必要に迫られました。
【覚書き|英語を習得したきっかけについて語った言葉】


田崎正巳

何にでも挑戦すれば「学習能力」も高まる。学習能力は将来、転職する時にも高く評価される能力です。一方、会社内や部署内だけで生きるスキルは、外では役に立たない場合が多い。


甲田英毅

ソフト開発の生産性の悪化は、プロジェクト管理の失敗、甘さにあります。プロジェクト管理のセオリー、教科書に書いてあるようなことができていないという点に尽きます。この改善を、あらためて徹底していきたい。


斉藤惇

オーナー企業の多くはオーナーが必死に経営をしていますから、何とか社内をまとめます。社内から縦横斜めが集まって、「君は面白いことをやっているね」、「営業はどうなっている」となりますが、日本の多くの大企業にはこれがありません。これは経営力です。


見城徹

圧倒的努力さえすれば、結果は必ず自分の人生を良くします。でも、やらないでしょう、ほとんどの人は。でもそれでいいんです。そういう人がいないと差がつかないからね(笑)。


松本大

僕の周りには英語の発音が完璧な人が何人もいるけど、それが理由で交渉力に長けているという人はいない。それに口げんかなら僕が誰よりも強い(笑)。完璧なリスニング力や美しい発音の習得に時間をかけるより、「何が何でも伝えてやるぞ!」という気概を持って積極的に話すことが大切。


古川裕倫

部下が失敗した時は、「死んでしまえ」と人間性を否定したり、「君の考え方は間違っている」と価値観を否定したり、「能力がない」と言い放ったりする。そんなことを言われれば、相手に深い傷を負わせるだけ。同僚をなぐさめる時でも、価値観や能力などに触れないよう気をつけましょう。


青野慶久

かつて経営につまずき、死を考えるほど絶望した時、私は松下幸之助さんの著書に触れ、「真剣」という言葉に文字通り胸を刺されました。命を懸けるほどの思いで、目の前の社員一人ひとりに向き合っているか。そう自問自答しながら、私はこれからも真剣に旗を振り続けていきます。


丸山茂樹(プロゴルファー)

僕はケガだけでなく、メディアに暴言を吐いて罰金を払うなど、米国でたくさんの失敗をしました。若手には僕と同じ思いはしてほしくない。だからすべての失敗談を伝えることで、彼らが潰れずに世界で戦えればうれしい。


平塚常次郎

私が政治に身を入れたのは、戦争でめちゃくちゃになった日本を、なんとか立て直したいという気持ちからだった。それには産業経済の復活が第一だった。それについて私が大臣になった運輸省の仕事としては、まず第一にすっかり荒廃した運輸力の復活であることはいうまでもない。


岩田松雄

今でも私は講演や執筆の仕事は基本的に断わりません。もちろんハードですが、忙しい時こそ頭がフル回転する。たとえば、空き時間の30分で原稿を書かなければいけない、といったときですね。余裕があるときに書いた原稿とくらべても、不思議とこういう時に書いた原稿はクオリティが高い。これも、負荷をかけることで本質にフォーカスせざるを得なくなるからでしょう。


長谷川健太

一般の会社でも同じことがいえると思いますが、若手にどれだけ仕事を任せられるかが、サッカーチームにおいても重要だと考えています。