飯田庸太郎の名言

飯田庸太郎のプロフィール

飯田庸太郎、いいだ・ようたろう。日本の経営者、技術者。「三菱重工業」社長・会長。三重県出身。東京帝国大学第一工学部卒業後、三菱重工業に入社。原動機事業本部原動機第一技術部長、取締役原動機事業本部副事業本部長、常務取締役原動機事業本部長、副社長などを経て社長に就任。そのほか、経団連副会長、政府の行政改革委員会委員長なども務めた。

飯田庸太郎の名言 一覧

私は実にラッキーな人間で、要所要所でツキが回ってくる。でも、単に運がいいというわけではない。社内外にも多くの友人がいて、それがツキを呼ぶ大きな原因になっている。【覚書き:経営者にとっての友人の大切さ、交友関係を広げることの重要さを語った言葉】


飯田庸太郎の経歴・略歴

飯田庸太郎、いいだ・ようたろう。日本の経営者、技術者。「三菱重工業」社長・会長。三重県出身。東京帝国大学第一工学部卒業後、三菱重工業に入社。原動機事業本部原動機第一技術部長、取締役原動機事業本部副事業本部長、常務取締役原動機事業本部長、副社長などを経て社長に就任。そのほか、経団連副会長、政府の行政改革委員会委員長なども務めた。

他の記事も読んでみる

柏木理佳

私は常に「出会った人はみんな私の虜に」をモットーにしています。


小林昇太郎(コンサルタント)

大量生産大量消費の時代は終わり、物が余る時代になり、これまでの大企業のやり方が通用しなくなってしまった。これは逆に小さい会社にとってはチャンス。


ドナルド・トランプ

何をするにせよ、成長を止めてはならない。現状に満足してはならない。自分が与える側であれ、もらう側であれ、50%で十分、というふりをするな。


藤田晋

見えない報酬とは、会社から表彰されたり、上司から褒められたり、人から感謝されたりした「うれしい経験」。見えない報酬を大事にする上司は、マネジメント能力に優れています。「褒める」「ねぎらう」「励ます」ことを大切にし、創意工夫を凝らして部下のやる気を引き出します。このような上司は、「最高の上司」と言っていいでしょう。部下のやる気が高まれば、仕事の質や効率が上がります。それが成果につながれば、コストをかけずに新たな収益を上げたのと同じです。ですから、これらの視点を持っていなかったり、軽視している上司は、マネジメントに手を抜いていると思われても仕方がないでしょう。


小倉昌男

宅急便を考えたとき、単なる一企業の事業ではなく、社会的なインフラになるし、そうしたいと思っていた。思い上がったことだったかもしれないが、それは私の志だった。


スーザン・サランドン

私は年をとるのが楽しみなんです。ルックスがより重視されなくなって、自分が何者であるかが重要なことになりますから。


ファンキー加藤

「夢は叶わない」ではなく、夢を叶える人はちゃんと頑張った人なんだ。


村田昭治

企業創業時の発想、新規事業を起こしていくときの新鮮な感動がイノベーションを呼び、陳腐化した社内を活性化する。それが腐敗に対する最も効果的な組織活性化の手法。


木村尚義

アイデアを出したい、発想を飛躍させたいというとき、忘れてはならないのが「無駄の効用」です。厳しいビジネス環境が続く中で、「無駄を省け」「もっと効率化せよ」と言われない職場はないでしょう。しかし、無駄を省いてしまったら、斬新なアイデアは出てきません。得意メニューの食材しか仕入れないシェフは、新メニューを生み出すことはできないでしょう。一見無駄に見える素材を組み合わせることで、新しい発想が出てくるのです。


戸塚隆将

私がハーバードに留学していたとき、授業で日本経済が取り上げられ、ある経済学者が「いかに日本経済はダメか」を延々と語ったことがあります。私は彼に「だったら解決策を聞かせてほしい」と言いましたが、うまくかわされて非常に悔しい思いをしました。残念ながら、そのときの私には、建設的な意見を引き出すだけの英語力がなかったということでしょう。でも、この体験があったからこそ、「日本に帰国してからも、英語力を高める努力を続けよう」と強く思ったのです。こうした悔しい感情、あるいは嬉しい感情こそが、「もっと頑張ろう」という前向きな意欲を生む原動力になります。


西尾太

自分が周りにどう思われているか、客観的に認識することが大切。中途採用の面接でも、周りはあなたのことをどう評価していますかと聞くんです。すると、優秀な人ほど、自分のこういう所はイヤだと思われているときちんと答えられる。


加藤廣

いまでこそ大組織の中小企業金融公庫は、私が入った当時は約40人。将来は東大の同級生たちが役所から天下って理事になりますが、こちらは出世してもせいぜい次長クラス。それは御免こうむりたいので、自然に「50歳までに組織から逃げよう」と考えるようになりました。なぜ先がないと気づいた段階で逃げなかったのか。それは、まだポータブルスキルが身についていなかったからです。山一証券経済研究所に転職して、経営コンサルタントとしての活動を始めたのは51歳のころ。どうしてコンサルティングができたのかといえば、キャッシュフロー計算書を見る手法を自分で工夫してつくったからです。その手法は、30代や40代では完成しませんでした。外で通用するレベルまでスキルを磨きあげるには、ある程度の経験が必要です。


相田雪雄

金太郎アメと言われた野村の企業カルチャーを変えたいとも思いました。本来は皆、個性豊かな人材のはずで、彼らに組織に埋没するなとのメッセージを送りたかった。


ジェームズ・ダイソン

私は他社製品をコピーして少し安く作ることには興味がありません。より良い製品にするための新技術を開発することにしか興味がないのです。


岡野原大輔

学習する方法を人が機会に学ぶ時代は来ると思いますね。人間が最も学習しやすいのは、難しすぎず、簡単すぎない問題を与え続けられること。「フロー状態」と言いますが、これを機械がパーソナライズできればいいのだと思います。


ページの先頭へ