名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

飯田勧の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

飯田勧のプロフィール

飯田勧、いいだ・すすむ。日本の経営者。スーパーマーケットチェーン・オーケーストアの創業者。東京都出身。海軍兵学校卒業後、実家の酒問屋岡永商店(のちの株式会社岡永)に入社し常務となる。入社13年目で岡永商店小売部門としてオーケーストア1号店を東京板橋に出店。その後、独立してオーケー株式会社を設立し、同社を売上高1200億円を超える企業へと成長させた経営者。セコム創業者の飯田亮の実兄。

飯田勧の名言 一覧

日本のスーパーとしては異例のローコスト体質を維持していますが、現場の従業員には「必死で経費を削っている」という後ろ向きの感覚はないと思います。たいていのスーパーよりも店舗にカネをかけていますし、賃金も業界水準より高いからです。その分「高品質・エブリデー・ロープライス(毎日低価格)」という基本方針をもとでシステム化を進め、経費を最小化しているのです。


長雨が続くと野菜の品質は落ちますが、品薄なるので値上がりします。悪い品を高く売ることになりますから、小売店としてはその時期の野菜は仕入れたくありません。仮に安売りしても「あの店の野菜はダメだ」といわれます。売らない方がいいのです。そこで考えたのが「オネスト・カード(正直カード)」です。あるとき、野菜を少量だけ仕入れて「長雨のために品が悪く高価な野菜が入荷しています。天候の回復を待ってお買い上げください」と書いたカードを掲示しました。事情を正直に伝えることで、売りたくない品物を売らなくて済んだのです。こうした取り組みによって、オーケーは多くのお客様から熱烈な支持をいただくようになりました。


エブリデー・ロープライス(毎日低価格)とは、その日限りの目玉商品や特売価格を設定する代わりに、ほとんどの商品を毎日同じ価格で販売するやり方です。しかも、他店で特売があるときは、その特売価格に合わせてこちらの値札も付け替えます。ですから、お客様はオーケーに来て下されば、絶対に損をしない仕組みになっています。店としても特売を知らせる折込チラシを出さなくてもいいので、無駄な広告費がかかりません。


当社では最速、入社6年で店長に昇進します。地位には権限が伴いますから、早い人は20代のうちに数十人を指揮するトップの醍醐味を味わえます。その意味でも、やりがいのある職場になっていると思うのです。


会社を成長させるには、社員のやる気を高めることも大切です。当社は毎年3から5店舗を新たにオープンしているので、人材確保は重要な課題です。単に待遇がいいというだけではありません。やりがいのある職場づくりが必要です。


私の発想の原点は「いやだなと思うことはしないこと」です。小売業には無理・無駄や非合理的な習慣が存在します。とりわけお客様に説明できないことはやめるべきだと思うのです。


オーケーは特定商品を集中仕入れすることでコストダウンをしているといわれますが、それはくまでも結果であって「特定メーカー以外を扱わない」わけではありません。店頭の「ご意見カード」などでご要望の多い品は、新規メーカーでも極力扱うようにしています。むしろ、エブリデー・ロープライス(毎日低価格)の徹底によってムラのない販売計画を立てられることが、仕入れの効率化につながっているのです。


他店の特売価格に合わせて値下げをするといっても、通常の売値が特売水準にないと、現実には合わせきれません。まさに毎日低価格を実現していなければいけないのです。もちろん、仕入れにも工夫を凝らしています。


小売業として今後も成長を続けていくためには、米ウォルマートや仏カルフールに負けないローコスト経営が必要です。当社は借り入れなしで年率30%成長を目指し、新店舗開設などの設備投資を進めていますが、その一方で総経費率(総売上高販売管理費率)15%台以下という、日本のスーパーとしては異例のローコスト体質を維持しています。


飯田勧の経歴・略歴

飯田勧、いいだ・すすむ。日本の経営者。スーパーマーケットチェーン・オーケーストアの創業者。東京都出身。海軍兵学校卒業後、実家の酒問屋岡永商店(のちの株式会社岡永)に入社し常務となる。入社13年目で岡永商店小売部門としてオーケーストア1号店を東京板橋に出店。その後、独立してオーケー株式会社を設立し、同社を売上高1200億円を超える企業へと成長させた経営者。セコム創業者の飯田亮の実兄。

他の記事も読んでみる

嶋津良智

若い世代を上手く叱れない。そんな悩みをよく聞きます。ビジネスは人間の価値観よりも結果が優先される世界です。叱責か必要なら、価値観という曖昧なものではなく、結果が伴わなかった原因や問題があった行動を、客観的な事実に沿って、部下が納得するまで説明しなければなりません。


松岡修造

スポーツでも仕事でも、トップレベルの人を見ると、「最初から特別だったんだろうな」と思いがちですが、いきなりトップクラスに入れる人なんて、ほんの一握り。みんな、「少し上のレベルで踏ん張るうちに慣れてきて、自然と実力がアップしていく」という過程を踏んできているのです。


桜井弘(櫻井弘)

「ポイントが3つあります」と指を立てるのと立てないのでは、印象がまったく違う。あとはアイコンタクトも大事。常に相手を見て発信して、聞き手からの情報もキャッチする。日本人はアイコンタクトを嫌がりますが、プレゼンや会議などで「お手元の資料をご覧ください」と下を向かせては駄目。目的を意識して、話し方を磨けば、挨拶一つでも相手に印象づけられます。


佐藤航陽

実際にお客様を儲けさせることが大切ですが、それ以外のところでいうと、知名度を上げることが大事ですね。世界中でアプリ開発者や広告主向けのカンファレンスが開かれていますが、私たちは必ず出席していました。そうすると「どこの国にいっても、あいつらはいるよね」と評判が立って、有名な企業だと思っていただけるようになる。けっこうきめ細かい努力をしていました。


本田健

誰もがうらやむような派手な才能でなくても、「この分野ではこの人しかいない」というレベルまで才能を磨けば、必ずお金はついてきます。


高岡浩三

会議は30分以内、会議資料は3枚まで。報告事項は口頭で的確に伝えるのが基本。


池森賢二

毎日、必ず一日を振り返ることが習慣になっています。今日はあんなことがあったと。結局、そこで考えるのは「不」安を安心に、「不」快を快適に、「不」満を満足に変えてしまう商品や仕組みづくり。「不」の解消です。


大野直竹

常にお客様から相談を持ちかけられるような強固な信頼関係を構築するとともに、サービスの内容を進化させ続けていくことが重要です。


野田順弘(オービック)

部下が失敗したときに細かい指導をしても、さらに自信を失わせてしまったり、曲解されて反発を生んだりするだけです。アドバイスは、部下が成功を体験して心を開いているタイミングが効果的なのです。


カルロス・ゴーン

昨年、我々は電池事業を売却しました。研究開発は自社に残しましたが、バッテリーの内製化はもうしません。この決断の論理は非常にシンプルです。日産でバッテリー事業を立ち上げたのは07年ごろでしたが、それは単にバッテリーを供給してくれる会社がなかったから。今は多くの会社がバッテリー事業に参入していて、競争も激しくなっています。競争の原理が働いている状況においては専業会社に任せた方がいい。その方が効率的に資金やリソースが投じられるので、より良いバッテリーが生まれやすいのです。


園山征夫

「無用の用」という言葉もよく用いますが、この人は有用だ、と思う人でも長くつきあうとそうでもなかったということがあります。逆に誰からも無用と思われている人がいざという時には有用になってくれる。他人を蹴落とそうとしない素直な人を集団にし、それぞれ個性を伸ばす。相互に信順して仕事ができる正直者の集団の方が組織としては堅牢で、会社の中長期発展につながります。


伊與田覺

『論語』は食べ物みたいなものです。同じ食べ物でも、若いころと年を取ってからでは味が違う。美味しいときもあれば、まずいときもある。でも、命をつなぐためには、美味しくてもまずくても食べねばならない。食べたら儲かるとか、何か得をするという理由で食べている人はいません。『論語』も同じです。